logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    QED 諏訪の神霊

    同期の金遣い状況を聞くと、自分が貯金に回しすぎている気がしてなりません。

    読み終えました。

    高田崇史『QED 諏訪の神霊』
    QED 諏訪の神霊 (講談社文庫)QED 諏訪の神霊 (講談社文庫)
    (2011/08/12)
    高田 崇史

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    坂を滑り落ちる巨大な御柱に、男たちが荒々しく群がる「御柱祭」。75頭もの鹿の生首が捧げられた「御頭祭」。長野県・諏訪大社に伝わる、これらの奇祭を調べるため、同地を訪れた桑原崇と棚旗奈々は、不可思議な連続殺人事件に遭遇。御柱‐御贄柱‐怨念柱。千二百年続く謎が解けたとき、事件の真相も明らかに。
    (引用終わり)

    久しぶりのQED本編!

    最近の講談社のあらすじが下手なのは前にも何度か書いているので置いておいて。

    諏訪…。
    不思議な土地ですよね。
    この本を読んでますますそれは深まりましたが。

    いつもならば、なるほどそういう解釈をすると納まる!
    と思えるのですが、やはり仮説は仮説なのかなぁ…。
    謎がまだまだ残っています。

    この本は難しい。
    特に、祭りの話は、見たことがないのでイメージが難しかったです。

    今回の事件は、いままでのQEDシリーズ読者ならば割りと簡単に気付くもの。
    但し、当然事件だけが面白さではないので何の問題もありませんが。

    QEDシリーズもあと3作で終わりらしいです。

    長野はそれほど遠くないし、観光もいろいろできるし、車を買ったらぜひ行きたいところです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    QED ~flumen~ 九段坂の春

    過度な運動はそれはそれでいかんと思うのですよ。

    読み終えました。

    高田崇史『QED ~flumen~ 九段坂の春』
    QED ~flumen~ 九段坂の春 (講談社文庫)QED ~flumen~ 九段坂の春 (講談社文庫)
    (2011/04/15)
    高田 崇史

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    桜の木の下で、花びらを握り締めた男の死体が発見された。中学生の桑原崇が想いを寄せる、女教師・五十嵐弥生は事件に関係があるのか?崇の淡い失恋、棚旗奈々のファーストキス…小松崎、御名形らの学生時代が綴られ、いつしか複雑な糸は、1本の美しい「縁」となる。切なくも眩しい、QED青春編。
    (引用終わり)

    九段坂の春。
    北鎌倉の夏。
    浅草寺の秋。
    那智瀧の冬。

    あらすじにもあるように、それぞれ祟、奈々、小松崎、御名形の短編。

    歴史の謎は今回も非常に面白いのですが、いかんせん皆若い。
    語り手も祟ではなく、いわば一般の人。
    だからこそ全ての謎が明らかになる訳ではなく、少々の引っ掛かりが残ります。

    しかし、短編それぞれの事件もしっかり楽しめて、やはりこのシリーズは好きです。

    日本の歴史を知るには、古文が必要ですね。。
    初めてQEDシリーズを読んだのが大学一年の秋でした。今からでも遅くない…かな。

    最近流行りのようですし、浅草寺付近を散策してみたいものです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    QED 龍馬暗殺:再読

    来年1月、ついに二階堂黎人の『双面獣事件』、貴志祐介の『新世界より』が講談社文庫から発売されるよう。
    大石圭の新刊も2冊買えてないので、年明けにまとめて買おうか…。

    読み終えました。

    高田崇史『QED 龍馬暗殺:再読』
    QED〈龍馬暗殺〉 (講談社文庫)QED〈龍馬暗殺〉 (講談社文庫)
    (2007/03/15)
    高田 崇史

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    高知の山深く、平家の落人伝説が残る蝶ヶ谷村。土砂崩れで密室と化した村の一夜に起こる殺人と自殺。大学の後輩全家美鳥を訪ねてきた桑原崇と奈々たちも事件に巻き込まれるが、その最中、維新の英雄・坂本龍馬暗殺の黒幕を明かす手紙の存在を知る。因習に満ちた山村と幕末の京都を結ぶ謎に挑む崇の推理は―。
    (引用終わり)

    NHK大河ドラマ「龍馬伝」も次回で終わりです。ということで、再読してみました。

    一度目に読んだときより、格段に面白くなってます。
    幕末の知識がほとんどなかった上、土佐の方言にイメージができなかったのでね。
    そういった点では、映像というのは利がありますね。

    龍馬暗殺に関する謎はともかく、この時代のことは本当に解らないことが多いんだなと思いました。
    色々なところで矛盾が発生している。
    それによって人物の印象がガラッと変わってしまいます。

    あと、この小説での現実事件。
    様々な誤解と秘密が悲劇を呼んだって感じでしょうか。
    意外と上手く作ってありました。前回は期待しすぎていたのでしょうか。

    諱(いみな)の話がこの小説であったとは。
    だから何ってこともないのですが。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    毒草師 QED Another Story

    忙しさが落ち着いたか。

    読み終えました。

    高田崇史『毒草師 QED Another Story』
    毒草師 QED Another Story (講談社文庫 た 88-20)毒草師 QED Another Story (講談社文庫 た 88-20)
    (2010/08/12)
    高田 崇史

    商品詳細を見る

    裏表紙のあらすじ(引用)
    「恐ろしいのは毒草ではなく人間です」。名家・鬼田山家で、「一つ目の鬼を見た」と言い残し、施錠された離れから家人が次々と失踪する事件が発生。さらに長男・柊也が何者かに毒殺され…。関係者全員を前に、古今東西の薬と毒に精通した“毒草師”を名乗る男・御名形史紋が、鮮やかすぎる推理を披露する。
    (引用終わり)

    変わり者の御名形史紋の物語。
    QEDシリーズの番外編ですか。

    伊勢物語の絡め方が面白いです。
    それと御名形のキャラクター、その他登場人物。
    殺人事件(ミステリー)部分にやや複雑さを持たせてあるのも、初期のQEDに似た印象。

    思わず笑ってしまうくらい、冷静というか無愛想な御名形。
    良いですねぇ。

    まだまだ高田崇史は読みたいですね。
    早く文庫にならんかな。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    QED 河童伝説

    面接の待ち合い室にいた学生が皆同じ大学だったり。

    読み終えました。

    高田崇史『QED 河童伝説』
    QED 河童伝説 (講談社文庫)QED 河童伝説 (講談社文庫)
    (2010/02/13)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    いつも思うのですが、このシリーズは楽しいです。

    歴史的・民俗学的な話が特に面白い。

    今回は河童です。かっぱかっぱー
    非常に有名なモノですし、様々なエピソードがありますね。
    それらの意味を考える作業、これも興味深いもんです。

    あと、今回は現実のミステリーも結構好きな感じでした。
    結末はともかくとして、原点に戻ったような嬉しさが。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    QED ~ventus~ 御霊将門

    研究室をいろいろ見学していると、大学院に進むのも良いかもなぁなんて思ってしまいます。

    読み終えました。

    高田崇史『QED ~ventus~ 御霊将門』
    QED~ventus~御霊将門 (講談社文庫)QED~ventus~御霊将門 (講談社文庫)
    (2009/11/13)
    高田 崇史

    商品詳細を見る

    大怨霊・平将門。そのゆかりの地を巡って桑原と棚旗姉妹。

    靖國神社や神田明神など、ちゃんと行ったことはないけれど、名前は知っているし場所の近いところから始まって非常に面白かったです。
    さてそこからは飛ぶわけですが。

    今回のventusは悔しいことに少し楽しさが少なかった。
    歴史についての考察は十分なのですが、現実の事件がちゃちい。

    それと、将門についてもっと知っておけばよかったなぁと。今度はこの本をガイドに神社をまわりたいもんです。

    そんなわけで続編『河童伝説』が気になります。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    クリスマス緊急指令

    読み終えました。

    高田崇史『クリスマス緊急指令 ~きよしこの夜、事件は起こる!~』
    クリスマス緊急指令~きよしこの夜、事件は起こる!~ (講談社ノベルス)クリスマス緊急指令~きよしこの夜、事件は起こる!~ (講談社ノベルス)
    (2007/11/07)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    クリスマス。街が賑やかすぎるから、孤独が深まるって日

    いろいろ混ざった短編集。

    大友黒主の和歌がでてくるようなのから、ヘンテコな探偵小説、人物たくさんミステリー(?)…

    面白いのですが、物足りない。

    それぞれがあっという間に終わるせいかな。

    もっと読みたくなる、とも。

    早くQEDシリーズの新刊でないかなぁ。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    鬼神伝 神の巻

    明日から1週間試験です。

    読み終えました。

    高田崇史『鬼神伝 神の巻』
    鬼神伝 神の巻 (ミステリーランド)鬼神伝 神の巻 (ミステリーランド)
    (2004/04/28)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    昨日読んだ本の下巻とでもいう本です。

    なんというか、ファンタジー…いや、アクション小説っぽくなってしまいました。

    鬼・神と人の戦い。
    そこにいろんなのが混ざって。

    面白いのですが、鬼の巻 の方が良かったです。

    まぁこれからも色んなことを知っていかなくちゃなぁと思いました。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    鬼神伝 鬼の巻

    金~日にも本が読めたらいいなと思います。

    読み終えました。

    高田崇史『鬼神伝 鬼の巻』
    鬼神伝 鬼の巻 (ミステリーランド)鬼神伝 鬼の巻 (ミステリーランド)
    (2004/01/31)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    なぜ鬼は退治されるのか?

    QEDシリーズをものすごく解りやすくしたような本です。
    それにちょろっとファンタジー性を加えた感じ。

    面白いです。

    子供向けに講談社さんが企画した ミステリーランド のシリーズですが、
    ぜひ文庫とかにして多くの人が読んだらいいかなと思います。

    ちなみにこの本のタイトルは「おにがみでん」です。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    QED 神器封殺

    読み終えました。

    高田崇史『QED 神器封殺』
    QED 神器封殺 (講談社文庫)QED 神器封殺 (講談社文庫)
    (2009/05/15)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    三種の神器だの、勾玉だの、あんま興味ないかな、とか思ってました。

    でも、いろいろ繋がって。

    面白いです。



    というか、なんだこの飲み会しながら移動ばっかしやがって(笑
    お酒を楽しめるっていいですね。

    毒草師・御名方史紋 はこれからどう絡んでくるのか…
    別シリーズのメインキャラなんですかね。

    時間にもお金にも余裕がありまくりだったら、
    行ってみたいですね。
    和歌山県。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    QED ~ventus~ 鎌倉の闇:再読

    ケータイを買い替えました。
    F-04A。富士通さんをずっと愛用しております。

    さて、再読しました。鎌倉にも旅行に行く予定なので。

    高田崇史『QED ~ventus~ 鎌倉の闇』
    QED~ventus~〈鎌倉の闇〉 (講談社文庫)QED~ventus~〈鎌倉の闇〉 (講談社文庫)
    (2007/09/14)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    前回読んだのは去年の2月でしたか。。
    近いからすぐ行けると思ったのに。

    今回は付属の地図を照らし合わせながら読みました。
    面倒だから最後に見ればいいや、なんてことはせず

    やっぱ面白いですね。これだけの話を聞きながら歩けたらそれはそれは楽しい(?)ことでしょう。

    銭洗弁財天と鶴岡八幡宮の話は覚えていましたが、江ノ島のところはさっぱりでした。

    さて。旅行でまわるルートを考えないとな。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    QED 東照宮の怨:再読

    お久しぶりです。
    とあるゲームのせいで暇な時間を奪われています(笑)

    再読しました。

    高田崇史『QED 東照宮の怨』
    QED 東照宮の怨 (講談社文庫)QED 東照宮の怨 (講談社文庫)
    (2004/03)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    日光に旅行に行く(というか、東照宮)ので、予習のつもりで再読です。

    結構どころかめちゃくちゃ忘れていました。
    その分楽しめてよかったですがね~

    大きなものから小さなものまで、いろいろ見たいと思います。

    みなさんもぜひこの本を読んで、日光へ。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    QED ~ventus~ 熊野の残照

    久しぶりの新刊購入。

    読み終えました。

    高田崇史『QED ~ventus~ 熊野の残照』
    QED~ventus~熊野の残照 (講談社文庫 た 88-16)QED~ventus~熊野の残照 (講談社文庫 た 88-16)
    (2008/10/15)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    やっぱりこのシリーズは面白いです。表紙も好きです。
    特に、ventusは鎌倉もそうでしたが、日本史的歴史的な謎を解きつつ旅行していくのがメインになってますので、いろいろ楽しめるポイントが。地図もついてて解りやすいですし。

    この作品は語り手が奈々でないのがめずらしい。
    現実の事件のほうがそうじゃないと語れないからでしょうが。

    和歌山とか南紀だとかさっぱりですが、ここはさすがにそうそう旅行できそうにないかなぁ…。

    どんどん文庫が出て欲しいです(笑)

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    試験に出ないパズル

    数年ぶりにカラオケに行きました。高い声はもはや出ない…女性ボーカルの曲なんてもう歌えません。最後の方はACIDMANメドレーになりました(笑

    高田崇史『試験に出ないパズル』
    試験に出ないパズル―千葉千波の事件日記 (講談社ノベルス)試験に出ないパズル―千葉千波の事件日記 (講談社ノベルス)
    (2002/11)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    ついに見つけて昨日買ってきました。
    「千葉千波の事件日記シリーズ」です。

    面白いなぁ。

    かなり笑えてのほほんとしたパズル小説です。

    日本史上の謎にしきりに取り組んでいるQEDシリーズとは大違い。めったに人も死にませんし(ってか一度も?)。

    八丁堀・ぴいくんの謎はまだ解けないですが…。

    そして、この本により2008年の読んだ本が100冊になりました。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    麿の酩酊事件簿 月に酔

    読み終えました。

    高田崇史『麿の酩酊事件簿 月に酔』
    麿の酩酊事件簿〈月に酔〉 (講談社文庫)麿の酩酊事件簿〈月に酔〉 (講談社文庫)
    (2006/11/16)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    麿の泥酔酩酊事件簿第2弾!
    おっと間違えました。
    酔ったら冴えるんでしたね、この主人公は。

    「今夜、あなたの人生を変えてみませんか?」という言葉でさらりと解決を導く…本当に導く勧修寺文麿。
    なんというか、導くんですね。
    不自然さがないんでしょうか。(酔って冴える時点で実は不自然 笑)

    突然解決に向かっていっても、通常のミステリーであれば不愉快さも出たりしますが、この短編集は楽しいのです。

    最後の最後の結末はもはや予測通りどころではない程ですが、まぁ良いでしょう。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    QED 鬼の城伝説

    鴻巣の免許センターまで行ってきました。中学校のときに大会で鴻巣の体育館に行ったので、何か懐かしかったです。
    それより京浜東北線の新車両にはびっくりです。広いし、つり革は黒いし、山手線みたいなテレビ付いてるし…。まぁ山手よりも駅数が多いためにごちゃごちゃした画面でしたが。

    普通免許取れました♪

    読み終えです。
    高田崇史『QED 鬼の城伝説』
    QED 鬼の城伝説 (講談社文庫)QED 鬼の城伝説 (講談社文庫)
    (2008/03/14)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    つい最近出たばっかのものです。最新なのにスーパーに入っている本屋さんだと置いてなかったりしてちょっとショックでした。文庫だからか駅の本屋さんでは仕入れが良かったので買ってきました。
    このシリーズは今年に入ってからハマったのでした…最新刊にもう追いついたんですね。

    珍しくサラで買ったので、帯が付いてました(笑

    (引用)
    桃太郎の騙りよ憎し、
    鬼たちの慟哭を聞け!
    (引用終わり)

    これじゃあ何のことか解りません。
    まぁ「桃太郎」がテーマの一つということで。

    今回は「桃太郎伝説」「鳴釜神事」「温羅(うら)」とか。岡山県です。

    桃太郎は何で鬼を倒すんでしょうね。
    疑問にも思ってなかったことが上手く書かれてます。

    「鳴釜」に関しては、京極夏彦の本でどういうものかは知識がありました。
    まぁ京極のは大爆笑の物語だったわけですが…。

    密室&首切りの事件が起こるわけですが、やや納得のいかない点が。
    これはシリーズ中最も残念な事件かもです。
    まぁ人間の脆さ、なのですかねぇ。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    まとめページ:高田崇史

    【QEDシリーズ】
    『QED 百人一首の呪』

    『QED 六歌仙の暗号』

    『QED ベイカー街の問題』

    『QED 東照宮の怨』

    『QED 式の密室』

    『QED 竹取伝説』

    『QED 龍馬暗殺』

    『QED ~ventus~ 鎌倉の闇』

    『QED 鬼の城伝説』

    『QED ~ventus~ 熊野の残照』

    【麿の酩酊事件簿シリーズ】
    『麿の酩酊事件簿 花に舞』

    『麿の酩酊事件簿 月に酔』

    【千葉千波の事件日記シリーズ】
    『試験に出るパズル』

    『試験に敗けない密室』

    『試験に出ないパズル』

    『パズル自由自在』



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    麿の酩酊事件簿 花に舞

    教習所に通い始めました。
    教本とか読まなきゃいけないんでね…小説の読むペースは落ちると思います。

    高田崇史『麿の酩酊事件簿 花に舞』
    麿の酩酊事件簿〈花に舞〉 (講談社文庫)麿の酩酊事件簿〈花に舞〉 (講談社文庫)
    (2006/07/12)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    怪しいタイトル。
    酩酊推理。

    読み終わってみたら、この本は「KCDX Kiss」より出版された『麿の酩酊事件簿』原作・高田紫欄を加筆してノベライズしたものだということが解りました。
    どうりで。
    よく知りませんが、たぶん女性コミックですよね。

    なんか変な設定ではありますが、解決される謎は結構面白いです。
    人の歩んできた人生の中で、隠していたり気にしていたこと。
    それを酔いながら冴えた(?)推理で。

    第一章の『ショパンの調べに』と
    第三章の『夜明けのブルー・マンデーを』
    は特によかったです。

    カクテルの話がここでもたくさん…高田崇史は本当に好きらしい。
    僕もあと1ヶ月ちょいで飲めるようになりますなぁ。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    QED ~ventus~ 鎌倉の闇

    読み終えました。

    高田崇史『QED ~ventus~ 鎌倉の闇』
    QED~ventus~〈鎌倉の闇〉 (講談社文庫)QED~ventus~〈鎌倉の闇〉 (講談社文庫)
    (2007/09/14)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    表紙がかっこいいです。

    そして、サブタイトルに「ventus」なる単語が付いてます。
    ラテン語で「風」という意味らしいです。

    まぁ今回は旅行しながらの話という感じですからね。文庫にわざわざカラーで地図が付いてますし。
    その分現実に起こる事件のミステリー性は「謎」は深いけど、あっさりしたものに。

    鎌倉時代。歴史を見る方向で、こんなにも意味が違ってくるのかと驚きです。

    日光も鎌倉もそんなに遠くないので近いうちに行きたいです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    QED 龍馬暗殺

    読みおえました。

    高田崇史『QED 龍馬暗殺』
    QED〈龍馬暗殺〉 (講談社文庫)QED〈龍馬暗殺〉 (講談社文庫)
    (2007/03/15)
    高田 崇史

    商品詳細を見る


    つい一つ前のシリーズ作品までは平安時代だか何だかを語っていたような…突然倒幕だとか維新だとか。
    よく飛びましたねー

    本書の中にも書かれていますが、学校の授業だと教科書の順序と授業時間の関係でさらっと流される時代だったりするのですね。
    つまり、名前だけは覚えさせられるけれども、身に付くことはかなり少ない。
    世の中では日本史の科目を必修にする動きもあるようですが。僕も日本史受けたかったです(僕は高校で地理を選択してしまいました)

    そんなわけで坂本龍馬暗殺の謎を巡るお話。

    よくもまぁミステリー要素を含み、日本史・古典・民俗学等々を混ぜて面白いストーリーが書けるものです。

    今回は、人の死が多すぎた気もしますがね。。短時間にあまりに連続的だとちょっと。。

    文庫化されているQEDシリーズはあと一作。
    来月あたり次が出るんじゃないかと楽しみなのです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    FC2Ad