logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    不発弾

    久しぶりに休みな感じです。土日に出かけてるからでしょうね。

    読み終えました。

    乃南アサ『不発弾』
    不発弾 (講談社文庫)不発弾 (講談社文庫)
    (2002/01)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    もうすごいです。ストレスの溜まる本です(だめじゃん
    あ、本当は、ストレスに押し潰されそうな人を描いた本です。

    「かくし味」:ホラーテイスト。ラストでは、半ば予想通りではあるものの、恐怖ではなく、なぜか和む。
    「夜明け前の道」:疲れるよなぁ。
    「夕立」:読んでてイライラします。
    「福の神」:涙が出ますわ。飲み屋さんって面白い。
    「不発弾」:表題作。もっと派手に爆発してほしかった。家族内の重大な“秘密”…。仕事をしていて家庭を顧みない。そんな風にしているのは本人のせいだけじゃないのかもしれません。
    「幽霊」:すかっとします。創造。

    乃南アサはすばらしく愉しめる作家です。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ライン

    読み終えました。

    乃南アサ『ライン』
    ライン (講談社文庫)ライン (講談社文庫)
    (1997/11)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    「パソコン通信殺人事件」改題作品。

    いまのインターネット通信とは違う部分もありますが、チャットルームで会話していく環境は容易に想像がつきます。

    切ないなぁ。
    最後の最後にでてくるこの事実。

    トリックともいうべき方にも驚きがありますが、それ以上にパソコン通信の昔からの姿がなんとも。

    久しぶりに読みましたが、乃南アサは良い。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    あなた(下)

    身長が1cm伸びた!(きっと測定誤差ですが

    読み終えました。

    乃南アサ『あなた(下)』
    あなた〈下〉 (新潮文庫)あなた〈下〉 (新潮文庫)
    (2006/01)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    憑いてるとかそんな話が出てきちゃったから、どういう方に行くのかとても不安でした。

    単純な幽霊もの、憑物ものなんかになってほしくなかった。

    しかしなるほど納得。青春ホラーとはうまく名付けたもんですね。

    中心にあるものはとてもシンプルなのに。

    好きでしょうがない気持ちがこんな風に出たらどうなってくるんでしょうね。

    とても面白かったです。

    おどろおどろしさを前面に出すわけでないホラー。

    主人公の成長にも注目です。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    あなた(上)

    食べたいものをガンガン食べまくっても何も悪いことがなければ良いのにな…

    読み終えました。

    乃南アサ『あなた(上)』
    あなた〈上〉 (新潮文庫)あなた〈上〉 (新潮文庫)
    (2006/01)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    新潮文庫のホラー。
    久しぶりの乃南アサです。

    やっぱ乃南さんはすごい。“小説”というものばかり。
    日常であり、それがリアルに感じられて、それが素晴らしいと思える。
    別に普段から「小説はリアルであるべき」なんて思ってはないのですが、その自然な風がとても良いのです。

    浮気っぽい浪人生の青春を中心としながら…

    どこかから誰かがみていて。

    「あなた」に干渉してくる。

    下巻でどうなるか楽しみでしょうがないです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    昨日のアクセス数が70とか見えましたが…何があったんでしょうね。

    読み終えました。

    乃南アサ『窓』
    窓 (講談社文庫)窓 (講談社文庫)
    (1999/07)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    すっごい表紙ですよね。言っちゃなんですが、気持ち悪さが…

    『鍵』と同じシリーズ。

    耳の聞こえない少女・麻里子の物語。

    今回は同じ境遇の少年が出てきたり、いろんな人の悩みが溢れてますね。

    青春。

    感動的ですっきりする小説ですが、殺人事件の衝撃が要らない気も…?

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    きっとこれは何かの罰があたったんだ――


    読み終えました。

    乃南アサ『鍵』
    鍵 (講談社文庫)鍵 (講談社文庫)
    (1996/12)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    泣ける名作ミステリーということですが、ちょっと難しいかな。

    乃南アサさんっぽい良さはすごくあるし、主人公の設定も無理なくて。
    「人間」を描くってこういうことなのでしょうか。

    シリーズっぽいのでまぁ次も読もうとは思いますが。

    最後の展開に強引さがあって、それが気に入らなかったのかなと思います。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    二十四時間

    読み終えました。

    乃南アサ『二十四時間』
    二十四時間二十四時間
    (2004/09/22)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    0~24時についてそれぞれ短編。

    作者自身の各「時」においてのエピソードに脚色を加えた感じです。このアイデアがすごいですよね。誰にでも書けそうに思わせるこの24時間方式。

    意外と面白い。
    しかし、ひとつが10頁前後なので物足りない気分でもあります。

    リアルな小説、という点では申し分ないです。

    久しぶりに乃南アサを読んだのですが、良かったです。
    最近ライトなものばかりだったので…。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    殺意・鬼哭

    読み終えました。

    東京は暑いですねー。

    乃南アサ『殺意・鬼哭』
    殺意・鬼哭 (双葉文庫)殺意・鬼哭 (双葉文庫)
    (2000/05)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    「殺意」「鬼哭」の2つからなる話。片方ずつが違う面を見せています。
    「殺意」は加害者からの視点。それも取り調べやらも交えた独白。
    「鬼哭」は被害者からの視点。刺されてから死ぬまでの数分間の意識。

    二人の過去の想いとか、現在までの関係とか、そういった部分はかなりリアル。

    でも、文体はやや乃南アサらしくないような気も。

    「ミステリー史上、かつてない試み」「エンターテインメントの域をはるかに越え出た」などと称されているようですが、どうだろう…。
    結構だるい小説にはなってますよ、残念ながら。

    変わった小説という意味では、面白かったです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    風紋(下)

    読み終えました。

    乃南アサ『風紋(下)』
    風紋〈下〉 (双葉文庫)風紋〈下〉 (双葉文庫)
    (1996/09)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    すごいです。
    上巻よりも読むスピードが上がります。
    これは面白い証拠ですね。

    裏表紙の言葉(引用)
    この小説を書いている間にも、世間では実に様々な事件が起きた。そして、その都度、容疑者については様々な記事が出た。被害者は、遺族は、常に置いてけぼりを食らうのである。運命を狂わされ、心に癒しようのない傷を負った人たちを救う手だては、現在のところ皆無と言って良いと思う。
                                        ――乃南アサ
    (引用終わり)

    リアリティのある小説が好かれるとか良く聞きますが、それならこういう小説を読めば?というくらいかなり現実(っぽい)感のあるものです。
    登場人物の叫びが頭の中に鳴ってくる感じ。
    一つの事件にどれだけ多くの人が関わるのか、というのは宮部みゆきが『理由』によって書いてまして、事件を中心に放射線状に関係者がいることを表していました。
    この小説では書かれる関係者は絞られていますが、各々の家族や「世間」が深く表現されてます。

    下巻では、細やかな事件(出来事)もあり、これもまた自分には深く心に残るものでした。

    多くの人に読んでもらいたい小説だと思いましたね。
    ただ、映像化しても見たくない小説であることもまた確か。

    続編の方もまた今度読みたいと思います。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    風紋(上)

    今日は高速道路に教習に行ってきました。AT車にも大分慣れました(※普段はMT車)。

    読み終えました。深夜0時頃(笑

    乃南アサ『風紋(上)』
    風紋〈上〉 (双葉文庫)風紋〈上〉 (双葉文庫)
    (1996/09)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    ちょぴり目が痛くなるような表紙ですね。

    裏表紙の言葉(引用)
    犯罪被害者に限定して言えば、事件の加害者となった人間以外は全て、被害者になってしまうのではないかと、私はそんなふうに考えている。そして、その爆風とも言える影響が、果たしてどこまで広がるものか、どのように人の人生を狂わすものかを考えたかった。
                                        ――乃南アサ
    (引用終わり)

    乃南アサ素晴らしいです。
    深いですよ。
    ミステリーには滅多にない、一つの事件を大切にし、まわりの人間や状況を描くもの。

    警察の人も、検察の人も、新聞記者も、被害者も、容疑者も…家族が…。

    非日常的な事件のもたらす影響の大きさと、人間の信頼の脆弱さ、そして「家族」がテーマの一部となっている上巻でした。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    来なけりゃいいのに

    読み終えました。

    乃南アサ『来なけりゃいいのに』
    来なけりゃいいのに (祥伝社文庫) 来なけりゃいいのに (祥伝社文庫)
    乃南 アサ (2000/06)
    祥伝社

    この商品の詳細を見る


    短編集。

    いろんな仕事をする女性を主人公に書いたものばかりです。
    1つだけ違うのがありますけどね。

    どこが「サイコ・サスペンス」なのかは解りませんでしたが、面白い話であったことは確かです。

    多くの作品が「最後の方で真相を明かす」タイプだったと思います。
    まぁミステリーではないです。

    乃南アサのサスペンスは本当に良いと思います。
    「仕事」や「働く女性」がテーマのものが多いですが。

    そういえばあとがきによれば、作者は20歳のときに大学を中退したらしいですよ。特別想いがあったわけではないとか。早稲田…。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

    花盗人

    ドラマ『ガリレオ』、面白いですね。毎週見てます。原作は記憶にない…2冊とも読んだんですけど。まぁたぶん中学生の時だろうと思うので、知識不足で面白さが解らなかったのかなと。。

    読み終えました。(ガリレオには全然関連しません(笑
    乃南アサ『花盗人』
    花盗人 (新潮文庫)花盗人 (新潮文庫)
    (1998/03)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る

    短編集。短編のうまい作家ですよ乃南アサは。
    長編も良いですけどね。意外と知名度が低いらしいのは惜しい…。

    感想:
    『薬缶』
    たったの8ページという超短編ながら、良くこんなストーリーが!
    『寝言』
    同じく10ページほどの短編。割と好きです。
     *
    『向日葵』
    不思議。ややホラーっぽい?
    『愛情弁当』
    角川ホラーにいかにもありそう。どっかで読んだなぁという感じ。
    『今夜も笑ってる』
    視点が良かったです。終わりもGOOD
    『他人の背広』
    この本の中で一番♪予想はできますがねー
    『留守番電話』
    雰囲気を一転させる。。
    『脱出』
    まさにホラー。
     *
    『最後の花嫁』
    トリックというか、ネタは良いんですが、登場人物の感情のせいであまり楽しめなかったかな。
     *
    『花盗人』
    表題作の割りに…。やや失敗作のオーラが(ぇ

    ちなみに、*で区切ってあるのは、本の目次に従いました。
    たぶん、「短い短編」「短編(ホラー?)」「ミステリっぽい」「表題作(直木賞受賞第一作)」という感じかなと思います。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

    紫蘭の花嫁

    読み終えました。
    乃南アサ『紫蘭の花嫁』
    紫蘭の花嫁 (文春文庫) 紫蘭の花嫁 (文春文庫)
    乃南 アサ (2000/11)
    文藝春秋

    この商品の詳細を見る


    追う者と追われる者。

    うまいこと絡み合ってます。

    ラストの章ですっと解る真相。

    ミステリーでした。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    家族趣味

    そろそろ大学の期末テストが始まります。
    大教室はクーラーがなかったりするみたいで…答案は無事に書けるでしょうかね(笑

    読み終えですよ
    乃南アサ『家族趣味』
    家族趣味 (新潮文庫) 家族趣味 (新潮文庫)
    乃南 アサ (1997/04)
    新潮社

    この商品の詳細を見る

    今まで何度か乃南アサの本は良い!と言っているような気がしますが、この本もやっぱり良いです♪

    5編の短編集。
    「魅惑の輝き」
    「彫刻する人」
    「忘れ物」
    「デジ・ボウイ」
    「家族趣味」

    特に「忘れ物」が最高に良いですね(^^♪
    僕の大好きな手法。
    何度か読み返したくなる。。

    他の4つの作品に関しては
    “自分勝手”“愚か”“哀れ”など色んな人々が描かれてます。こんな人、世の中には沢山いるんでしょうかね……。

    よく観察してるもんですね。
    「彫刻する人」の結末なんか結構面白いと思いますよ。

    ちなみに表題作はちょっと苛苛したので、そんなに良い印象はないです(~_~;)

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

    幸福な朝食

    読み終えましたよ。

    乃南アサ『幸福な朝食』
    幸福な朝食 幸福な朝食
    乃南 アサ (1996/09)
    新潮社

    この商品の詳細を見る


    う~む(~_~;)

    どうやら新潮文庫での最初の作品。
    初期の頃から良い雰囲気出てますね。

    ただ、最近はなんだかんだで妊娠やら中絶やらのテーマの絡んだお話ばかり読んでいる気がします…
    全然意図的なものではないのですがね。
    もうそろそろお腹いっぱいですよ。

    芸能界というところに詳しくはありませんが、それより何よりこのホラーっけ満々の小説が良い感じです。

    ま、現実感というかリアルさというか、描写がうすーいのは仕方ないでしょう。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:怖い小説 - ジャンル:本・雑誌

    死んでも忘れない

    また朝の通学時に読み終えです。

    乃南アサ『死んでも忘れない』
    死んでも忘れない 死んでも忘れない
    乃南 アサ (1999/01)
    新潮社

    この商品の詳細を見る


    これは素晴らしい。
    感動作品ですよ。

    「死んでもこの恨み忘れない」という暗い作品かな~なんて思いながら読み進めていくと…

    まぁこれはとはまた違った感動で。

    キーワードはたくさんあると思いますよ。
    僕は粗筋すら解説する気はありませんが(ぇ

    ぜひ読んでもらいたい気がします。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

    結婚詐欺師(下)

    ※今日の記事は興奮のため、文字が好きな色に染まっております_(._.)_

    読み終えるの早っ

    乃南アサ『結婚詐欺師(下)』
    結婚詐欺師〈下〉 結婚詐欺師〈下〉
    乃南 アサ (2004/01)
    新潮社

    この商品の詳細を見る


    これは傑作と呼んでもいい作品だと思います。

    もう全体的に素晴らしい。

    どきどきわくわくして、感動して…。

    何より、読んでいて「使い古されたような言葉」や「クサ過ぎる言葉」が殆ど見あたらないのには驚きです。
    もちろん、セリフなどにも十分な注意が払われているのは言うまでもないです。
    このような、心理的な面や情景などの描写がよく出るような小説は、その文に因って良さが大きく変わることもあります。
    解説にも色々考察が為されていますが、なるほど納得・感心です。

    最後の登場人物たちの言動も心に残りますが、僕が面白かったのは再●●の部分ですかね。
    こんな細かなところでも…と楽しむことができます。

    しかも色んなタイプの女性が登場していて、「あぁこういう風な人、いそうだ」とか思ったりもして面白かったです。詐欺師側の観察が上手くって(笑


    まだ乃南アサを知らない人→
    この本はオススメです♪


    では($・・)/~~~



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌

    結婚詐欺師(上)

    うぇい。(なんとなく

    読み終えです。
    乃南アサ『結婚詐欺師(上)』
    結婚詐欺師〈上〉 結婚詐欺師〈上〉
    乃南 アサ (2004/01)
    新潮社

    この商品の詳細を見る


    弟が乃南アサを大好きでたくさん持っています。
    その中から僕が惹かれた1冊(実質2冊)を借りてみました。

    やっぱり、乃南アサのサスペンス小説は良いと思います。面白い。
    レベルが高い(何の

    さて、この本は題名の通り「結婚詐欺師」に関する物語です。
    最近ではドラマ/漫画で「クロサギ」があったりして、詐欺に関する知識や興味(ぇ)がある人も多いのかと思いますが、結婚詐欺に絞った話というのは珍しいのではないでしょうか。

    詐欺師の面、騙された女性の面、警察の面、それぞれ生き生きとしています。
    いや、元気があるとかそういうんではないですよ。
    テレビドラマのようにわざとらしすぎず、マンガのように綺麗でもない。
    かといって現実感あふれるという訳でもありません。
    まぁそこが深いと暗く重くなってしまうのでしょうが。


    男と女があんな風に付き合うことがあるのかどうか僕は知る由もありませんが…(笑

    ともかく詐欺というのは人の信用・信頼を崩すのですから、金銭的な理由抜きにしても非常に嫌な犯罪ですよね。

    …と考えていて、実際犯罪の被害に会ったことを想定してみると、どんな形であれ他人に迷惑をかけてしまうような犯罪であると、やっぱり非常に苦しいだろうなぁ…と思いました。


    これの下巻で1月の読書はオシマイです。
    あとは、私大の入試の結果次第ですね。


    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:オススメ本!! - ジャンル:本・雑誌

    ピリオド

    過去の読書日記です♪
    2006年4/27~5/5に読みました(~_~;)
    乃南アサ『ピリオド』
    ピリオド ピリオド
    乃南 アサ (2002/05)
    双葉社

    この商品の詳細を見る


    なんか久しぶりに画像がなくてがっかりなんですが…。

    この作品も確か感動系とまではいかなくても、日常を描いた作品だったと思います^^;

    人は生きていくうえで、必ずどこかでピリオドを打っている

    そんなテーマの話です。

    明日が強歩大会(マラソンみたいなの)なので今日はこれくらいで。
    後日加えると思われ。

    では($・・)/~~~

    (追記の方が長いとか言わない
    【“ピリオド”の続きを読む】

    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    再生の朝

    過去の読書日記です♪
    2006年5/6~5/9(~_~;)
    乃南アサ『再生の朝』
    再生の朝 再生の朝
    乃南 アサ (1998/01)
    新潮社

    この商品の詳細を見る

    この本はあれですよ。
    一種の感動作品ですよ。
    少なくともミステリーではない気がします。

    社会には色んな人がいて
    色んなことを思っていて
    色んな状況があって
    それでも明日がくる

    そんな小説だった…気がします。

    現物が家にないので粗筋すら怪しいです。
    結末とか重要な部分しか覚えてないので内容には触れません^^;

    今日は模試だったので疲れております。。
    僕にも『再生の朝』が…

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:読書 - ジャンル:小説・文学

    FC2Ad