logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    エクスワイフ

    読み終えました。

    大石圭『エクスワイフ』
    エクスワイフ (光文社文庫)エクスワイフ (光文社文庫)
    (2012/01/12)
    大石 圭

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「この三百万で、亜里紗を買いたいんだ」。自分を捨てた美しく高慢な妻。男の望みは、その身体を鞭で打ち据え、泣き叫び許しを乞う姿を見ることだった。憎しみに狂う男の胸に去来する思いとは?(表題作)。若さと美貌を失い、出張売春婦へと堕ちた銀座の女を襲う地獄のような夜、そして小さな希望(「オカメインコ」)。異形の愛と欲望を鮮烈に綴る全八編を収録。
    (引用終わり)

    大石圭初の短編集!
    (連作短編集をのぞく)

    大石圭らしい暗~い性愛もあれば、
    少し歪んでいても前向きな作品も。

    特に「夫が彼に、還る夜―――。」は良いですね。

    「ワインの味が変わる夜」も新たな雰囲気があって興味深い。
    前半は大石圭っぽいと言える描写なのに、ラストが心地よい(?

    新刊があと2冊くらいあった気がするので早く手にしたいです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    殺人調香師

    先週はなんだか苛苛していました。

    読み終えました。

    大石圭『殺人調香師』
    殺人調香師 (角川ホラー文庫)殺人調香師 (角川ホラー文庫)
    (2011/10/25)
    大石 圭

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    柏木はハンサムな若き調香師。彼の調合する香水を求め、店には多くの婦人たちが訪れる。だが柏木には大きな秘密があった。彼は調香師にして―連続殺人鬼。命を失ってから数時間にわたって皮膚から立ちのぼる『その薫り』に包まれながら、殺した女を犯すことが、彼の至上の喜びなのだ―。だが今までで最高に惹かれる『その薫り』の美少女・レイナと出会った時、禁断の悲劇が幕を開けた…!倒錯的エロティック・ホラー。
    (引用終わり)

    大石圭が久しぶりにストレートに殺人を書いた作品。

    あらすじにもありますが、エロティックさが強調されています。
    しかしながら、男の、片側からだけの、欲望のままの表現なので、
    非常におぞましい。

    小説の中の殺人鬼はあっけなくひと殺しをする奴も多いわけですが、
    なんでしょうね、この本では特にその点が強く心に残りました。

    「もしも」なんてことは考えていないのですが、
    それだけ自分の見方が変わったということなんでしょう。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    地下牢の女王

    あっという間に一日が過ぎます。

    たった一曲に惚れこんでシングルCDを購入しました。とても珍しいことです。
    ONE OK ROCK『努努 -ゆめゆめ-』
    努努-ゆめゆめ-努努-ゆめゆめ-
    (2007/07/25)
    ONE OK ROCK

    商品詳細を見る


    表題作(?)の『努努 -ゆめゆめ-』も良い曲ですが、
    カップリング収録の『カラス』という曲をライブで聴いてから気に入ってしまいまして。

    読み終えました。

    大石圭『地下牢の女王』
    地下牢の女王 (光文社文庫)地下牢の女王 (光文社文庫)
    (2011/05/12)
    大石 圭

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    熱狂的ファンからのメールに添付された写真。その美貌に小説家の目は釘づけになった。メールのやり取りを重ね、近づいてゆく距離…。そして女の自宅へと招かれた夜。甘美な期待は、恐怖と絶望へと一変した!女は薬で眠らせた彼を地下室に監禁したのだ。――私が発表するための小説を書きなさい。拒めば、身の毛もよだつ責め苦が待っていた。狂気の監禁劇。
    (引用終わり)

    まさかのおっさん監禁。
    あらすじを読まず、表紙とタイトルで買うとこうなります。
    まぁ大石圭ファンなので、良いんですが。
    期待していたのでねー…。

    さて、この小説は上記のような期待をする読者に釘を刺しているかのシーンがちらほら。

    作家が主人公の小説って、どこかその作者自身を投影しているんじゃないかと勘ぐりたくなります。

    しっかし、この2人は不思議な関係を築いていくものです。
    『甘い鞭』がそうだったのですが、何か合わないシチュエーションがあるようです。
    自分では理解していませんが。

    ラストシーンは安っぽいホラー映画のようで。。

    しかし次の作品が楽しみになるんだから好きな作家には違いありません。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    殺人鬼を飼う女

    金曜日でも忙しいです。金曜日だからかも?

    読み終えました。

    大石圭『殺人鬼を飼う女』
    殺人鬼を飼う女 (角川ホラー文庫)殺人鬼を飼う女 (角川ホラー文庫)
    (2010/11/25)
    大石 圭

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    京子はビストロを経営する美しきギャルソン。だが幼いころ義父から酷い性的虐待を受けた彼女の中には、レズビアンでサディストのナオミや、淫乱で奔放やユカリなど、様々な人格が潜んでいた。さらに京子の周りでは、昔の恋人をはじめ何人もが謎の死をとげていて!?(彼らを殺したのはもしかして―わたしも知らない、もう1人のわたし!?)そして再び京子に愛する男が現れたとき、彼女の内の邪悪な殺人鬼が蠢き出す…。
    (引用終わり)

    夏ですからね。大石ホラーも読みたくなるってもんですよ。

    しかし丸くなりましたね。

    ちょっと方針転換でしょうか。

    たしかに、ずっと「湘南人肉医」のような作品が続いても飽きてしまいますからね。

    ワインのおいしさはあまり解りませんが、
    料理と合わせるとそれがひとつの趣味というか、
    世界を作り出すことは伝わりました。

    ラストは不思議なほどに綺麗で、あっけない。

    あとがきが興味深いです。
    角川ホラー文庫で執筆する前は純文学を書いていたつもりのようで。
    言われてみれば純文学…教科書や文学史に載る作品ですら、
    愛憎や性愛や畸形や、、そういった題材を採っていますものね。

    多重人格ものの小説は数多いので、うんざりするテーマでもあるわけですが、
    なかなか良かったと思います。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    奴隷契約

    取扱説明書はちゃんと読みましょう。

    読み終えました。

    大石圭『奴隷契約』
    奴隷契約 (幻冬舎アウトロー文庫)奴隷契約 (幻冬舎アウトロー文庫)
    (2010/10/08)
    大石圭

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    愛する妻を失った由紀夫は、南の島のヴィラで夜ごと娼婦相手にサド的な欲望を満たす。ある日、死んだ母を思わせるマッサージ師と出会った彼は淫らな「アルバイト」を持ちかけた。乳首に垂れる熱いロウ、失神するほどの鞭、傷に塗られるアンモニア水…。あまりの恥辱に耐えかねて女は壊れていく―。打算と欲望がせめぎあうSM非道小説。
    (引用終わり)

    幻冬舎から初めて大石作品が(文庫)。
    アウトロー文庫なんてあったんですね。
    大石圭にぴったり。

    主人公の行為前後のギャップにやや衝撃を受けるものの、大筋では予想通りで良い感じ。
    ラストの虚脱感というか、救われないようでいて何か兆しが見えているのはどこか狡いと思いますね。

    バリとか、一度行ってみたい気もするのですが、やはり観光客目線で、それのために用意されたものを見るんだろうなぁとか思うとどうでしょうね。

    ところで、『アンダー・ユア・ベッド』みたいな作品が最近書かれなくて残念。どうも肉体的な嗜虐に方向があるようです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    親切なクムジャさん

    より一層の努力を。

    ところで、昨日買ったスピーカーが初期不良でして…片方しか鳴らなかったんです。
    『オウルテック スピーカーWOODY LANDシリーズ ブラック OWL-SPWL05(B)』
    オウルテック スピーカーWOODY LANDシリーズ ブラック OWL-SPWL05(B)オウルテック スピーカーWOODY LANDシリーズ ブラック OWL-SPWL05(B)
    ()
    オウルテック

    商品詳細を見る

    購入した池袋のビックカメラで交換してもらいました。丁寧な対応はさすが。
    どこぞのY電機のように横柄な店員さんはいないようです。

    読み終えました。

    大石圭『親切なクムジャさん』
    親切なクムジャさん SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE (角川ホラー文庫)親切なクムジャさん SYMPATHY FOR LADY VENGEANCE (角川ホラー文庫)
    (2005/10/25)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    13年間、無実の罪で刑務所に入れられた美しき女、クムジャが出所する。服役中、誰に対しても優しい微笑みを絶やさなかったことから「親切なクムジャさん」と呼ばれていた彼女は、自分を陥れた男に復讐するため、仲間のもとを訪ねて協力を得る。そしてアメリカ人夫妻の元に養子に出されていた一人娘ジェニーとともに、ついに男を探しだすが…。韓国最大のヒット映画を完全ノベライズ。
    (引用終わり)

    全編を通して「なんだこれ?」と思ってしまうところがちらほら。
    韓国人の感覚に合っているのか、僕が理解できなかっただけか。
    大石圭が独自にラストは変えたらしいので、それに合わせたストーリーが不自然だったのか。

    刑務所に入ったことはないので、その人々の心理状態が解らなかったせいですかね。
    復讐心はともかく、こういった感謝の気持ちは本当に生まれるのだろうか。

    そして、後半…終盤、特に「なんじゃこりゃ」というような内容に。

    映画、観てみますかねぇ。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    60秒の煉獄

    不幸が重なって、実験失敗。

    読み終えました。

    大石圭『60秒の煉獄』
    60秒の煉獄 (光文社文庫)60秒の煉獄 (光文社文庫)
    (2010/07/08)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    「あなたに特別な力を授けます」。天使か悪魔か―謎めいた美少女が人々に授けたのは、たった1度だけ時間を1分間止める能力だった。世界のすべてが静止する60秒。誰にも知られず、邪魔されることもなく、思うがままにどんなことでもできるのだ。大金を強奪する。憧れの女性を恣にする。憎い男を抹殺する…。欲望と妄念に翻弄される男女の姿を描く、異色連作集。
    (引用終わり)

    昨日、ふと購入。

    60秒の自由な時間。
    時間を止める能力。
    面白い短編集に仕上がってます。

    人間は、自棄になるか、絶対の逃げ道を与えられたら、
    それはもうすごい力を発揮できそうですね。

    大石圭らしく、綺麗な印象。
    内容はそうではないですが。欲望だとか何かとか。

    警察の話もなんだしょうもない……と思いきや、なるほど。
    にやりとしてしまいました。

    僕が60秒時間を止めることができたら、何をするだろう。

    空想も楽しいもんです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    オールド・ボーイ

    液体ヘリウムが7リットル。

    読み終えました。

    大石圭『オールド・ボーイ』
    オールド・ボーイ (角川ホラー文庫)オールド・ボーイ (角川ホラー文庫)
    (2004/09)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    一九八八年、平凡な人生を送っていたはずのオ・デスは、ある日突然誘拐され、目覚めるとそこは“私設監禁部屋”だった。理由もわからないまま監禁され続け、彼が突如解放されたのは、二〇〇三年。すでに十五年の歳月が過ぎていた―。何のための復讐なのか。誰のための愛なのか。すべての人の想像を超える、衝撃の復讐サスペンス!話題独占の映画を完全小説化。
    (引用終わり)

    日本人の漫画が原作の韓国の映画のノベライズ作品だそうです(読点打たないとややこしい

    1988年。僕の生まれた年ですなぁ。15年も監禁された人の精神や体はどうなるのか。

    今まで大石作品のノベライズは避けていたのですが、ちょっと手を伸ばしてみました。

    面白かったです。

    とても。

    映画が観てみたくなる本です。

    どうやら大石独自のラストらしい。文章全体も恐らく独自なんでしょう。

    オールド・ボーイ。なるほど。

    許されない想い。

    他のノベライズ作品も読んでみようかな。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    出生率0

    と、ここで図書館で借りてきた本です。

    大石圭『出生率0』
    出生率0(ゼロ)出生率0(ゼロ)
    (1996/09)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    あらすじ(引用)
    1996年、次々と起こる自殺、増え続ける原因不明の不妊、人類に、子供が生まれなくなる…。人類への警告か、種の終焉か、それとも未知の非常事態か? 〈未来〉を失った人間の"静かな恐怖"を描く、待望の小説。
    (引用終わり)

    子供が生まれなくなってしまった世界を描いた大石圭の初期小説。

    人身売買、同性愛、デスマッチ等々、現在の大石圭の作品の要素が詰まった作品です。
    それらはそれぞれ一つの小説で刊行されていることを見ると、この小説では詰め込みすぎて消化できていないんでしょうね。
    深みがなくなってしまうとともに、ストーリーがあっちこっちにいってしまう。
    メインの「子供が少ない世界」との関わりが薄くなってしまう。

    ネット上の多くのコメントで言われていたことですが、エピローグは蛇足。

    今では高い値段がついていて買えないので図書館で読んで正解。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    絶望ブランコ

    読み終えました。

    大石圭『絶望ブランコ』
    絶望ブランコ (光文社文庫)絶望ブランコ (光文社文庫)
    (2009/11/10)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    新刊で、昨日買って、早速読みましたよ。
    どんだけ大石圭好きなんだよ
    気分です、気分。面白かったです。

    サーカスって小説ではちらほら見るんですが、本物は見たことないような…。
    たぶん体験がないから、その興奮とかイメージができない。

    「姉は盲目の娼婦。弟は連続殺人犯。」
    読み進めるうちに、段々衝撃が薄れるっていう大石作品のパワー。

    しかしまぁ、最近の大石作品は「性」に関するものが多いですね。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    甘い鞭

    金~日にかけて、本を読んでいないわけじゃないのですが、もっと長い本をだらだら読んでるので…。

    ところで読み終えました。

    大石圭『甘い鞭』
    甘い鞭 (角川ホラー文庫)甘い鞭 (角川ホラー文庫)
    (2009/05/23)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    大石圭の新刊…だったのですが、購入から早くも1月近く経とうとしている気が。

    裏表紙のあらすじ(引用)
    高校1年生の時に隣家に棲む男に拉致監禁された奈緒子。1か月にわたって弄ばれ続けた彼女は、男を殺害し辛うじて地獄から生還した。凄絶なトラウマを抱えたまま成長し、現在は不妊治療専門の医師として活躍する奈緒子だが、美貌の女医として評判の彼女のもう1つの顔、それはSMクラブに所属する売れっ子M嬢《セリカ》だった! 過去と現在、サディスティックな欲望とマゾヒスティックな願望が交錯する、驚愕の問題作!
    (引用終わり)

    問題作っぷりはどうか解りませんが、拉致監禁に関する話はかなりのものです。
    これこそ「檻の中の少女」なんじゃないかと。

    不妊治療に関しては著者の経験もあるらしいですね。

    SMかぁ…
    楽しいんですかね?

    一般的にイメージされるホラーではない作品を書く大石圭ですが、
    やっぱ好きです。面白いんですよ~(笑

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    子犬のように、君を飼う

    読み終えました。

    大石圭『子犬のように、君を飼う』
    子犬のように、君を飼う (光文社文庫)子犬のように、君を飼う (光文社文庫)
    (2009/01/08)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    amazonで購入してみた本です。

    あらすじ(引用)
    悦楽の街マカオ。小説家は束の間の自由な時間を楽しんでいた。カジノで大勝している時、日本語で声をかけてきた美しい中国人の少女。娼婦を買ったことなど一度もなかった彼は、魅入られたようにホテルへと連れ帰ってしまう。それは、甘美な地獄への入口だったのか――。30歳も年下の少女との蜜月の先に待っていた運命とは? 異端の純愛を描いた、究極の恋愛小説。
    (引用終わり)

    買春とギャンブルのお話。

    海外に行くことが優雅な生活とは僕には思えないので、理解がうまくできないのですが。

    しかしまぁ、大石圭らしい危険なテーマを選んでいて、楽しめました。

    純愛かどうかはともかくとして、ある種の恋愛小説ではあります。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    人間処刑台

    今日は久しぶりにギター演奏を聴き、飲みに行き。

    大石圭『人間処刑台』
    人間処刑台 (角川ホラー文庫)人間処刑台 (角川ホラー文庫)
    (2008/12/25)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    新刊で出ていたときから、異様だなと思っていました。まぁ大石さんはいつも異様なテーマで作品を書いているのですが。

    今回は「闇のファイトクラブ」みたいなものがテーマで。
    あれ…?

    いつもは日常の中に、「やってはいけないこと」を織り交ぜていくようなスタイルだったはず。
    もうしっかり日常ではない、どっかの世界。

    それと、拳・力での暴力。

    こういうものから生み出される恐怖や残酷さはあまり好きじゃないのかな(小説で読むにしても)。
    だからといって『人間処刑台』と『檻の中の少女』のどっちが好きかなんて話をしたところでどちらも好き好むべき話題でないのは承知しております。

    小林泰三の新刊も『贓物大展覧会』とかいうタイトルでなんか久しぶりだから気合入っちゃってるのかな…。

    やっぱホラーはもう少し暖かくなってから読みたいな。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    履き忘れたもう片方の靴

    久しぶりの大学でした。しょっぱなから試験でしたしね。
    ま、勉強しろってことですか。

    読み終えました。

    大石圭『履き忘れたもう片方の靴』
    履き忘れたもう片方の靴 (河出文庫) (河出文庫)履き忘れたもう片方の靴 (河出文庫) (河出文庫)
    (2008/11/04)
    大石 圭

    商品詳細を見る

    ↑商品購入もできます

    僕は、ヒムロという男の奴隷になった
       過酷な調教のはて、ヒカルは美しい乳房とペニスを持った完璧なシーメール(両性具有者)となるが……」
    帯の言葉です。
    強烈ですね。

    僕の好きなホラー作家である大石圭のデビュー作が漸く文庫で発売されたので買ってきました。(と言っても出版社の規模かなかなか購入できなかったのですが)

    男娼(?)であるヒカルが様々な行為を受け入れることで、「求められている」ことがかなり出ています。

    拒否できないんじゃなくて、しない。

    ここから誰かに忘れられたり、求められなくなった人を描く大石圭の作品が始まったんでしょうかね。

    この作品一つで何かが完結しているようには思えないですが。
    やはり他の作品との関連がすごく感じられる。

    角川ホラーでも新作(処刑台なんとか)が出る(出た?)のでそっちが楽しみです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

    女奴隷は夢を見ない

    読み終えました。

    大石圭『女奴隷は夢を見ない』
    女奴隷は夢を見ない (光文社文庫 お 39-4)女奴隷は夢を見ない (光文社文庫 お 39-4)
    (2008/05/13)
    大石圭

    商品詳細を見る


    大石圭の現時点での文庫最新作。(たぶん)
    ホームページには単行本らしきものが宣伝されてましたが。
    11月にはついにデビュー作が河出文庫で出るようなので楽しみです。

    それではまずは裏表紙のあらすじ(引用)
    「あなたのご両親は、あなたを売ることにした」
    女子大生・川上春菜は、父親の使いで訪れた横
    浜のビルで、突然告げられた。自分は売られ、
    間もなく「奴隷市場」で競りにかけられるとい
    うのだ。ビルの一室に拘禁され、絶望にくれる
    春菜。だが、仕入れられていたのは、彼女だけ
    ではなかった。女たちを待ち受けていた壮絶な
    運命とは? おぞましくも美しい禁断の書。
    (引用終わり)

    光文社からなのに、結構問題なテーマを扱った作品が。
    実際にあるかどうかではなく、おぞましいです。

    今回は救われないですねー……。

    「夢を見ない」というか、もう夢も希望もなくなると。

    そんな小説の中で、「売れ残ったら大変」「仕入れに高い金かけたから」と現実企業のような利益の話をしているのが怖かったですね。でも何故か冷酷(?)な感じではない描写み見えるから不思議です。

    世の中の貧富の差っていうのは偏るもののようですが。。
    見せ付けられると嫌気を感じるんだから勝手なもんです。

    では($・・)/~~~
    【“女奴隷は夢を見ない”の続きを読む】

    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    檻の中の少女

    先ほどC言語でのプログラミングをやっていたのですが…。
    コンパイルはできるのに実行結果が明らかにおかしいので苦戦していました。
    たった一文欠落していたことに気付くまで1時間以上かかりました(~_~)
    疲れました。。

    読み終えました。

    大石圭『檻の中の少女』
    檻の中の少女 (角川ホラー文庫 78-17)檻の中の少女 (角川ホラー文庫 78-17)
    (2008/01/25)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    大石圭のちょっと問題なテーマを扱った作品。
    表紙とタイトルからの推測は多いにできますかね。

    1章に入る手前、冒頭を少し読んだだけでもう読んでいられない人もいるでしょうね。

    それでは裏表紙のあらすじ(引用)
    孤独な画家の「僕」は、モデルの美しい少女と、心を通わせていく。ある日、画商の提案で、少女のヌードを描くことになる。その裸体の美しさに衝撃を受けた僕は、辛うじて欲望を抑える。だが、少女が母親の激しい暴力を受けた夜、二人はついに一線を越えてしまう。僕は少女との愛欲に溺れながら、絵を描き続ける。その関係が大きな悲劇を招くとも知らずに……。
    恋愛小説とホラー小説の融合が生んだ、奇跡の傑作。
    (引用終わり)

    強引に監禁するかのようなイメージが出てしまうので、タイトルは微妙に合っていない気がします。
    あらすじに恋愛小説との表現もあるように、33歳の男と11歳の少女の関係は片方からの強制によるものでもないのです。ただ、少女の境遇やらその後やらなんやらは矢張り「檻の中」ということなのか。。

    最後の心の変化はどうなっているのか解りません。あんまり大石圭らしい綺麗な感じにはなってなかったですね。

    読んでいる最中では、これはこれでありなんじゃないか――と思えるようなシーンもちらほら。
    しかし、普通じゃないと思われているようなことは、うまくいかない要素があるわけですよね。

    全体としてはやや残念な感じですが面白かったですし、細部は良かったです。

    新装された光文社から最新作が出ていることを昨日知りました。それも早く読みたいです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    人を殺す、という仕事

    バドミントンをやってみました。

    読み終えです。
    大石圭『人を殺す、という仕事』
    人を殺す、という仕事 (光文社文庫)人を殺す、という仕事 (光文社文庫)
    (2007/09/06)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    タイトルだけ見ると、殺人の依頼を受けてそれを生業としている人の話みたいですよね。
    タイトルは強烈ですが、的確かどうかは微妙です。

    絶滅した動物に関することが毎章のアタマに書いてあって、それも面白かったです。

    大石圭のこの小説でのすごいところは、あたかも自分の体験記を書いているかのように充実した回想シーンを描くことです。

    単純に「自分にだけ見えない(見える)もの」のネタじゃないし、「暗黒小説」とかどっかで呼ばれてるのも解る気が。

    最後の最後はどうかとも思いますがねー

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    水底から君を呼ぶ

    読み終えました。

    大石圭『水底から君を呼ぶ』
    水底から君を呼ぶ (光文社文庫)水底から君を呼ぶ (光文社文庫)
    (2006/09/07)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    コップ一杯の水とか、お風呂の湯船程度の量ならたいしたことはなくても、海とか川とかやっぱり恐怖心が湧いてきますよね。

    水は確かに使われていますが、ちょっぴり予想外の小説でした。

    悲しい物語です。
    裏表紙の言葉を引用するならば
    「人の心に巣くう深い闇と切ない愛を描く、戦慄の物語」

    そういえば大石圭の評価(?)や知名度も上がってきたのでしょうか。
    著者紹介にて
    「大ヒット映画『呪怨』のノベライズでも知られる、ホラー小説界のヒットメーカー。ショッキングな題材を透明感ある美しい文体で綴る独自の作風で、着実にファン層を広げている。」
    とあります。

    この小説は、ホラーっぽさはあるものの不可解な点はただ一点で、切なさと喪失を重点にしているような気がします。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

    死人を恋う

    今日は友人たちと久しぶりに遊びました。

    読み終えです。
    大石圭『死人を恋う』
    死人を恋う (光文社文庫)死人を恋う (光文社文庫)
    (2005/09/08)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    まぁ簡単に言うと女性の死体に恋をする物語です。
    これだけでもう尋常じゃないとは思いますが。

    ネクロフィリアという言葉もあるとは思いますが、この小説はやや違った方向。
    いや、間違ってはいないのですが。

    何故大石圭が書くとこんなネタの中に「ときめき」らしさなんてものを入れられるんでしょうね。

    ただ今回は三点リーダの多用がちょっと鬱陶しかったです。

    大石圭の危険な小説の一つでした。

    では($・・)/~~~
    【“死人を恋う”の続きを読む】

    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

    邪な囁き

    読み終えました。

    大石圭『邪な囁き』
    邪な囁き (角川ホラー文庫)邪な囁き (角川ホラー文庫)
    (2007/05)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    ヨコシマナササヤキ

    久しぶりの大石圭で、しかも最近の作品。

    裏表紙のあらすじ(引用)
    こんなことをしたら、もっと大勢の人を嘆き悲しませることができるぞ――。『あいつ』は毎日のように囁き続け、そして僕は『あいつ』の考えついたことを実行に移す。『あいつ』は、僕の心の中に棲みついた忌まわしい生き物。他人に降りかかった不幸を自らの喜びとし、それを生きる糧としている、邪で、悪意に満ちた、醜くておぞましいやつ――。書き下ろし最新作!
    (引用終わり)

    大石圭のホラーは基本的に安心して読めます。それも加わって面白いのです。

    もちろん醜さや、グロさや、その他もろもろの表現がたまに出ることはあります。

    でも、中途半端な幽霊だとかっていうホラー小説じゃないんですね。先日読んだやつは珍しかったくらいで。
    どれも人間の心理…なんていうか、気分みたいなところを書いて。

    この作品も『あいつ』なんて書いてるから、「もう一人の自分」ネタで終わるのかなぁと思いきや、そうではない。

    航空機に関する話題も新鮮でよかったです。
    航空無線でもフォネティック・コードを使うんですね(当たり前か)。
    『E』が Echo と書いてありました。

    大石圭は知名度は低いとは思いますが、映画作品もいくつかあるようですね。
    (ホラー映画を観るつもりは毛頭ありませんが)
    ちなみに映画をノベライズしているのもいくつかあったはず。
    『呪怨』シリーズ、『オールド・ボーイ』『輪廻』『親切なクムジャさん』とか。

    角川ホラーじゃないやつ(光文社?)のも読みたいです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

    FC2Ad