logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    厭魅の如き憑くもの

    地元の卓球サークルに入りそうです。
    同年代の方はあまりいなさそうですけどね。

    読み終えました。

    三津田信三『厭魅の如き憑くもの』
    厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)厭魅の如き憑くもの (講談社文庫)
    (2009/03/13)
    三津田 信三

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    神々櫛村。谺呀治家と神櫛家、二つの旧家が微妙な関係で並び立ち、神隠しを始めとする無数の怪異に彩られた場所である。戦争からそう遠くない昭和の年、ある怪奇幻想作家がこの地を訪れてまもなく、最初の怪死事件が起こる。本格ミステリーとホラーの魅力が圧倒的世界観で迫る「刀城言耶」シリーズ第1長編。
    (引用終わり)

    分厚い文庫でしたので、毎日読んでいたのに結構掛かりました。
    ミステリー、ホラー、怪談、民俗学、宗教などなど、そういったものに興味のある方はぜひ。
    表紙はちょっと不気味ですが、雰囲気はばっちりですね。

    冒頭から怪しい世界へと誘われ、そして現実的、学術的なレベルに落とし込むかと思いきや
    不思議な事件が起こり…。

    文字の持つ意味、風習から推測できる形態、こういった民俗学的なところは創作なのかどうか気になる点。

    全体も細部も面白く、久しぶりにグッときたかもしれません。

    ところどころ、情景がイメージしにくいな、と感じてもそこに仕掛けがあったり、
    まぁ読み込んでいくと興味深い小説だろうと思います。

    シリーズ2作目を探さなくては。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    六蟲の軀

    とりあえずONE OK ROCKを爆音で聴いて盛り上げています。

    読み終えました。

    三津田信三『六蟲の軀 死相学探偵3』
    六蠱の躯  死相学探偵3 (角川ホラー文庫)六蠱の躯 死相学探偵3 (角川ホラー文庫)
    (2010/03/25)
    三津田 信三

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    志津香はマスコミに勤めるOL。顔立ちは普通だが「美乳」の持ち主だ。最近会社からの帰宅途中に、薄気味悪い視線を感じるようになった。振り向いても、怪しい人は誰もいない。折しも東京で猟奇殺人事件が立て続けにおきる。被害者はどちらも女性だった。帰り道で不安に駆られる志津香が見たものとは…?死相学探偵弦矢俊一郎は、曲矢刑事からの依頼を受け、事件の裏にひそむ謎に迫る。注目の人気シリーズ第3弾。
    (引用終わり)

    女性ばかりの連続猟奇殺人事件!
    いざこう書かれると、どうんも現実味が薄れるのはなぜでしょう。
    やっぱ一つ一つの事件が曖昧になってしまうからかなぁ。

    そんな中でも、女性のエピソードを散りばめたりして…うん、上手い。
    ミステリーの謎解きはそこそこでも、作り方は結構好きです。

    何気なくAmazonのレビューを観ていたら、こういった本を角川ホラーで出版すること自体に異議があるような人もいるようですね。盲点でした(笑
    そこまでホラーに拘りがないからですね。
    いまや、普通の文庫や推理小説でも「心霊探偵」やら何やらが容認されるから、でしょうね。

    雰囲気は好きなシリーズですが、あと一歩魅力が足りないと思ってしまいます。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    四隅の魔

    大学のOBの方とお食事する機会がありました。
    ハードスケジュールすぎてしんど。

    読み終えました。

    三津田信三『四隅の魔 死相学探偵2』
    四隅の魔  死相学探偵2 (角川ホラー文庫)四隅の魔 死相学探偵2 (角川ホラー文庫)
    (2009/03/25)
    三津田 信三

    商品詳細を見る

    猫だねこ。にゃん。みゃー。

    面白い仕上がりとなってます。ラストは当然とも言えるところに落ち着いた感じですが、
    ホラーとミステリーをうまく融合してますね。

    四隅の魔。そういうのは怖くてできませんな。

    ってかあんま感想が湧きません。

    さて、ホラーもだいぶ消化できたかな。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    十三の呪

    読み終えました。

    三津田信三『十三の呪 死相学探偵1』
    十三の呪  死相学探偵1 (角川ホラー文庫)十三の呪 死相学探偵1 (角川ホラー文庫)
    (2008/06/25)
    三津田 信三

    商品詳細を見る


    以前、三津田信三さんの本は、意味不明すぎて挫折しました。
    しかし、何やらホラーとミステリーの融合みたいな作品が出てるということで、買ってみました。

    他人の“死相”が視えるという弦矢俊一郎。
    その能力を利用して探偵みたいなことを始めようってことらしいです。

    心霊探偵・八雲もそうですが、胡散臭そうな能力の割りに、ある程度しっかりした物語なので楽しめます。

    この本は面白かったです。
    結末だけ知ったら「なぁんだ」となる、ミステリーな感じと
    不気味なモノの存在を仄めかす、ホラーな感じ。
    バランスが良い。

    このシリーズに期待!

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    禍家

    読み終えました。

    三津田信三『禍家』
    禍家 (光文社文庫)禍家 (光文社文庫)
    (2007/07)
    三津田 信三

    商品詳細を見る

    以前この作家の本を読んだときには、あまりの意味不明さについていくことができず、挫折しました。

    今回はちゃんと読了できて良かったです(何

    途中までは、僕の嫌いなちゃちい幽霊や化物話だけかと。

    まぁなんていうかいろいろと微妙な点は多いような気もしますが、
    少なくとも話は理解できるし、
    文章の感じも嫌いじゃないです。

    刀城言耶シリーズや死相学探偵シリーズと言った、ホラーとミステリーの融合みたいなシリーズがあるようなので、そちらを読んでみたくなりました。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ホラー作家の棲む家

    超斜め読みしました。

    三津田信三『ホラー作家の棲む家』
    ホラー作家の棲む家 (講談社ノベルス)ホラー作家の棲む家 (講談社ノベルス)
    (2001/08)
    三津田 信三

    商品詳細を見る


    1/3くらい読んだところで、つまらなすぎて…。

    それと、あらすじが既に半分ネタばれでして、もう大まかなトリックは解っていたのでね。

    文章もそんなに上手くないし、図書館の本なので汚いので、もう斜め読みモードへ…。

    真ん中辺りを2ページに一度ざーっと目を通す感じで読み、最後の章(?)から読みました。

    それで大体楽しめた気になるあたり、この小説との相性も知れてきますね。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad