logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    狐火の家

    読み終えました。

    貴志悠介『狐火の家』
    狐火の家 (角川文庫)狐火の家 (角川文庫)
    (2011/09/23)
    貴志 祐介

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    長野県の旧家で、中学3年の長女が殺害されるという事件が発生。突き飛ばされて柱に頭をぶつけ、脳内出血を起こしたのが死因と思われた。現場は、築100年は経つ古い日本家屋。玄関は内側から鍵がかけられ、完全な密室状態。第一発見者の父が容疑者となるが…(「狐火の家」)。表題作ほか計4編を収録。防犯コンサルタント(本職は泥棒?)榎本と、美人弁護士・純子のコンビが究極の密室トリックに挑む、防犯探偵シリーズ、第2弾。
    (引用終わり)

    貴志悠介の作品は、それほど数が多くない分、非常に緻密なものばかりです。
    「硝子のハンマー」に続く、防犯コンサルタントと弁護士のシリーズ。
    今回は短編集ですが、どれもしっかりした筋になってます。
    ミステリー小説らしく、警察の会話や行動はやや嘘くさくなってますが、
    そこがまた安心して読めるポイントかと。

    密室モノばかりのこの本ですが、トリックはともかく、結末への持って行き方が好きです。
    特に最初の2つはラストのすっきりした感じが良い。

    ところどころに混じる専門知識が嬉しい(?)ですね。
    『黒い牙』でのアレに対する知識はあまり要らないですが…。

    既に次の作品が出ているらしいので、文庫化が楽しみなミステリーです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    硝子のハンマー

    読売新聞が「メガ文字」なるものを始めたらしいですね。文字が大きくなっても紙面は限られているから、情報量が減ったのでは……?

    読み終えました。
    貴志祐介『硝子のハンマー』
    硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)硝子のハンマー (角川文庫 き 28-2)
    (2007/10)
    貴志 祐介

    商品詳細を見る


    日本推理作家協会賞受賞作。

    前回の記事を書いたあと、もう一週間も経っていたのか…と思い、そろそろ読むかという気になりまして。どうせ読むなら、新聞の広告で面白そうだと思っていたものを。

    かなり面白いです。

    密室は現代の高層ビルであるし、探偵ではなく弁護士と防犯コンサルタントが事件を調べるという設定。うまいですね。
    貴志祐介のスタイルと僕が思う「専門的な情報を詳しく・解りやすく」も、全く問題なく出ています。
    防犯・セキュリティに関することから、色々と。
    これだけでも勉強になります。

    今回は今までのホラーやSF志向ではなくミステリーでしたが、この作者は本当に文章が面白い。

    ただ一点残念だった点は「一心不乱に携帯用端末の画面に見入って」いる人を「オタク」とは僕は思わないですね。。それなら携帯電話やNintendoDSその他の携帯機器及び端末の使用者がオタクになってしまうのでは…?
    まぁ言葉の定義も良く解らないからそれでも良いのかも知れないし、ダメかも知れませんが、少なくともこの小説のこの部分(本文15頁)では必要性のない言葉かと思いました。

    密室・事件への仮定をいくつも検証しながら進めるという形は、途中でだらけそうになるものですが、小説の構成がそれを防いでいます。

    最後に、作者のインタビュー記事に
    SFは「テーマ」
    ミステリーは「手法」
    ホラーは「効果」
    と考えられるということが載ってました。なるほどそういう見方もあるか、という感じですね。
    もちろんこれら3つは入れ替われるものですが。

    ちなみにこの小説の主人公の一人、防犯コンサルタント・榎本径は人気があったようで、中篇2つに登場しているらしいです。
    もうすぐ本になるとか。
    読みたいです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    天使の囀り

    読み終えです。今週は忙しかったようですね(後になってから気づく

    貴志祐介『天使の囀り』
    天使の囀り (角川ホラー文庫)天使の囀り (角川ホラー文庫)
    (2000/12)
    貴志 祐介

    商品詳細を見る


    角川ホラーも久しぶりでしたかな。

    まず、本編に関係のない話ですが。
    角川ホラーの1ページ目に、大抵カラーの絵があるのですが、これの謎がついさっき解けました。
    ハードカバーの時の表紙だったんですね。知らなかったです。
    確認したところ、文庫書き下ろしの本にはありませんでした。

    さて、まずは裏表紙のあらすじ。(引用)
    北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺をとげていることがわかる。アマゾンで、いったい何が起きたのか?高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか? 前人未踏の恐怖が、あなたを襲う。
    (引用おわり)

    これはすごいです。
    素晴らしいホラーだと思います。
    感動した(何
    『眼球綺譚』を読んだときの怖さと似ているのかな。いや、またちょっと違いますね。
    「ホラーっぽさ」でない形でしっかりと恐怖を出しています。

    僕は毎度言っていますが、貴志祐介は相当綿密な情報収集と整理・理解をしていると思います。今回も小さなネタ(たとえば囲碁)から大きなネタまで専門の話が解りやすく、きちんと書かれています。
    唯一テキトーな感じが見られたのは「憑物」に関する記述でしょうが、これは京極夏彦の作品を先に知っているから物足りなく感じたのだと思います。

    どんな恐怖なのか、「天使の囀り」とは何かを先に知ってしまわないためにも、「解説」には少しも見向きもしないことをオススメします。

    そして僕もネタに触れるワードを記述しないでおこうと思いまして…
    こんなもんでやめておきます(笑

    では($・・)/~~~
    【“天使の囀り”の続きを読む】

    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

    十三番目の人格――ISOLA――

    今日は授業が重い日でした。毎週火曜は辛いな…

    読み終えました。

    貴志祐介『十三番目の人格――ISOLA――』
    十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫) 十三番目の人格(ペルソナ)―ISOLA (角川ホラー文庫)
    貴志 祐介 (1996/04)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    ものすごい練ってありますよ。

    細部まで調べ上げたという感じ。

    今回は多重人格を扱ったもの。
    あ、今回というか、この本は貴志祐介の最初の作品でしたかね。

    心理学の分野の話がたくさん出てきます。

    「ISOLA」の謎や人格の名前など、面白い点はいくつも。

    まぁ阪神大震災を題材にとるのはどうも好きじゃありませんが…。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

    青の炎

    今日も暑いですねぇ(~_~;)

    読み終えです。
    貴志祐介『青の炎』
    青の炎 青の炎
    貴志 祐介 (2002/10)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    二宮和也と松浦亜弥主演で映画になった作品の原作です。

    倒叙推理小説らしいです。

    そんなことより、これは面白いですよ。
    (簡単な)完全犯罪を計画する少年…。

    その完全さがどうかよりも、場面の作り方が良かったです。

    まぁ高校2年生にしては「おいおい…そんなことしないしできないやろ」と思うところもないでもないですが。

    ホラー小説とは全く違った文章の書き方でしたし。
    ただ、僕が読んだ2作と同様、情報収集は綿密だと感じました。

    映画も観てみたいです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    クリムゾンの迷宮

    テストの残り時間1分というナイスタイミングで教室にやってきた人がいました。世の中不思議な人もいるもんですね。

    読み終えです。
    貴志祐介『クリムゾンの迷宮』
    クリムゾンの迷宮 クリムゾンの迷宮
    貴志 祐介 (1999/04)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    文庫書き下ろし…後にハードカバーで発売された(らしい

    タイトルは何だかパッとしないですね。いっそ「クリムゾン」だけでも良いような気がします。
    表紙もなんかホラーっぽくないですし。

    でも、この本は良かったですよ!
    面白かったです。

    「火星の迷宮へようこそ…」なんて始まるからどんな胡散臭いSFホラーかと思っていたのですが、中身は言ってみればサバイバル。

    途中の伏線が解りやすい記述なのでラストのある真相に気付くのは容易でしょう。

    それより何より、この綿密な設定。恐らく相当調べたりしてあると思われます。

    貴志祐介さんは中々良い発見だったかもです。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

    黒い家

    最近ACIDMANにハマってます

    読み終えました。
    貴志祐介『黒い家』
    黒い家 黒い家
    貴志 祐介 (1998/12)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    表紙が既に素晴らしい雰囲気を醸し出しております。
    中々面白かったですよ♪

    ホラーというよりは雫井脩介の小説(『火の粉』・『虚貌』)に近い感じです。迫り来る狂気のサスペンス。

    生命保険その他に関わる様々な犯罪の話なんかは作者の経歴を生かしたものでしょうかね。

    まぁ精神分析論は僕の嫌いな形で進んでいたのでちょっと…(~_~;)
    さすがに約10年前の小説ですからそこは我慢。

    『黒い家』という単純なタイトルも気に入りました。
    この作者は初めてですが、あと2冊買ってあるので近いうちに読もうと思います。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

    FC2Ad