logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最高学府はバカだらけ/プシュケの涙

    世の中には書類仕事、事務仕事がいっぱいあるようです。
    しかし、きちんと処理できるようになってから
    不平不満を言ってもらいたいものですね。

    読み終えました。

    石渡嶺司『最高学府はバカだらけ 全入時代の大学「崖っぷち事情」』
    最高学府はバカだらけ―全入時代の大学「崖っぷち」事情 (光文社新書)最高学府はバカだらけ―全入時代の大学「崖っぷち」事情 (光文社新書)
    (2007/09)
    石渡 嶺司

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    大学全入時代をほぼ迎えたいま、私大では定員割れが続出し、潰れる大学も出てきている。こうした、世間からそっぽを向かれた「崖っぷち大学」は生き残りに必死だが、それは、東大や早慶上智、関関同立といった難関大といえども他人事ではない。どの大学も受験生集めのために手を尽くしている。ところが、その内容は―AO入試で辞退さえしなければ誰でも合格、就職率や大学基本情報の非公表・偽装、イメージをよくするために大学名を改名(秋田経済法科大からノースアジア大へ)、新しいことを学べる新学部を新設(シティライフ学部や21世紀アジア学部)など、世間の常識と大いにズレていて、どこかアホっぽいのだ。本書では、こうした大学業界の最新「裏」事情と各大学の生き残り戦略を、具体例を交えながら紹介していく。
    (引用終わり)

    このブログでも何度か書いていますが、最高学府は東大だけではありませんよ。

    さて、この本を読むまでもなく、あたりを見渡せばバカでアホっぽい大学生がごろごろしているわけですが…。
    それらについて、「大学」「大学以前(高校)」「親」などなど、誰が悪くてこんなになってしまったか、を書きたいようでした。
    まぁ結論は出ないものの、それぞれの立場、特に大学の経営という観点から書かれているのは面白かったです。

    最終的には、日本の大学生は、中に入ってからぐーんと伸びていく、ということのようです。
    まぁしかし不真面目なスタンスを貫いていて、何も学び取ることのない(アカデミックな内容に限らず)人は落ちぶれていくだけでしょうがね。

    ところで、僕は、大学とは「自ら動く(学ぶ)ところ」だと思っていたのですが、世間の多くの方の考えは違うのでしょうかね?
    本書でもそうですが、大学側のサービスが充実してきているためか、どうも勘違いしている気がしてなりません。

    まぁ、もう卒業した僕にはあまり関係のないことです(笑

    ぜひ日本の大学生は優秀やなぁと思える人にもっと出会ってみたいものです。



    そしてもう一冊。

    柴村仁『プシュケの涙』
    プシュケの涙 (電撃文庫)プシュケの涙 (電撃文庫)
    (2009/01/07)
    柴村 仁

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「こうして言葉にしてみると…すごく陳腐だ。おかしいよね。笑っていいよ」「笑わないよ。笑っていいことじゃないだろう」…あなたがそう言ってくれたから、私はここにいる―あなたのそばは、呼吸がしやすい。ここにいれば、私は安らかだった。だから私は、あなたのために絵を描こう。夏休み、一人の少女が校舎の四階から飛び降りて自殺した。彼女はなぜそんなことをしたのか?その謎を探るため、二人の少年が動き始めた。一人は、飛び降りるまさにその瞬間を目撃した榎戸川。うまくいかないことばかりで鬱々としてる受験生。もう一人は“変人”由良。何を考えているかよく分からない…そんな二人が導き出した真実は、残酷なまでに切なく、身を滅ぼすほどに愛しい。
    (引用終わり)


    やればできるじゃないか。

    『お稲荷さま。』みたいなだらだらした中途半端な作品と違って、
    ある程度のテーマとストーリーを持って書かれただろう作品。

    なかなか好きな感じです。

    特に、ばっさり切ってからじわじわと痛めつける構成。

    悪い状況から抜け出せたときの喜び。

    展開の早すぎて強引な点がラノベらしいとは思いましたが、
    こういう作品ならばまた読んでみたいと思いました。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    これからを生き抜くために大学時代にすべきこと

    ガングレイヴというゲームを中古で買いまして。
    失敗しましたな(笑

    読み終えました。

    許光俊『これからを生き抜くために大学時代にすべきこと』
    これからを生き抜くために大学時代にすべきことこれからを生き抜くために大学時代にすべきこと
    (2010/03/19)
    許 光俊

    商品詳細を見る


    大学図書館の新着図書で目を惹いたので借りてきました。

    この本を読んだ感想(僕の得た結論):よく学んでよく遊んでよく悩め

    え。普通やん。つまり得たものがあまりない。

    ただ、この本で書いてあることを実践できてない(?)大学生も多いのかなと。

    聞いた話だと、単位の取り易い講義を選択して、ましてや大学にも行かないとかね。

    著者が残念ながら文系(慶應)の教授のようですので、どうしても視点が文系の学生になっているので、そこはうまくフィルタをかけて読むべきです。

    大学生は自由。
    僕も理系で忙しい大学だったと思います(現在も?(笑)
    でも、なんだかんだで時間はあったなぁと。
    いろいろなことをする時間はある。
    ただ、だからといって大学を飛び出してばかりだと、なんのための大学生か解りませんからね。

    あと半年。何か今以上の楽しみ方を見つけられたらいいな。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    100の悩みに100のデザイン

    そうか!

    読み終えました。

    南雲治嘉『100の悩みに100のデザイン 自分を変える「解決法」』
    100の悩みに100のデザイン  自分を変える「解決法」 (光文社新書)100の悩みに100のデザイン 自分を変える「解決法」 (光文社新書)
    (2006/08/12)
    南雲 治嘉

    商品詳細を見る


    あらすじ(引用)
    デザインの本質は「問題を解決すること」です。デザイナーとして仕事をして約四〇年、その間に、著者が身につけたデザインのノウハウは数知れません。今では、企業の問題だけでなく、日々の生活で直面する「悩み」にも、デザインの考え方を応用できるようになりました。ズボラで、うじうじ悩んでいる今の自分をキッパリ変えたい―そんなあなたの人生に足りないのはデザインです。この本では、誰にでも身近な悩みを100取り上げました。そのすべてに、著者はデザインで答えを出しています。その解決へのプロセスを一緒に見ていくことで、「自分を変えるための方法」を学んでいきましょう。
    (引用終わり)

    久しぶりの新書ですかね。

    デザインに関する本です。デザインというと、アーティスティックな感じで、色彩や意匠の話だと思われています。
    僕は集積回路関係の論文を読んでいると「design」としょっちゅう出てきますが、ほとんどは「設計」「計画」の意と思われます。
    そんなわけでこの本は、問題に対してどう対処するのか。それを「デザイン」するためのとっかかりを目指した本と言えます。
    目指した、という表現なのは、少し成功していないと思えるからです。
    シンプルな構成にしすぎたために、解決手法が見えなかったり、何も得るものがないページもあったのです。

    興味を持ったページから少し感想を。

    78頁「遊びがつまらなくなってきた」
    趣味に言えることですが、プロを目指す場合を除いて、楽しめるようにほどほどに遊ぶのが良いと。
    僕もギターはそこそこ遊んでいます(笑

    84頁「ぜんぜん興味のない映画に誘われた」
    対処法として、まず行ってみて、面白さを見つけるのが良いというようなことを説いています。
    メインストーリーだけじゃなくて、撮影手法や俳優の癖など、探せば楽しめる点はあるらしいです。
    どうなんだろう?と思える解決法ですが、うじうじ悩むよりは良いということでしょう。
    逆に、断る理由が明確な場合は、もちろんそれに従うということでしょう。

    90頁「土日が暇」
    これは過去に結構感じていましたのでね。興味深く読みました。
    簡単に言えば、どこかに行く必要はないし、休むことはなんら問題ではない。
    ただ、やることがなくて焦ったり、気分が沈んだり、暇だと感じるのは、「することを考えてない」からのようです。なるほど。

    192頁「敬語がうまく使えない」
    本文とはあまり関係ありませんが、敬語は東アジア(?)あたりで発達したようです。儒教の影響ですかね?年長者その他、人を敬うという考え。逆に欧米はそれがないから言語も楽で、性格もそれに追随するのでしょうかね。まぁそれだけじゃないか。

    202頁「遠距離恋愛になってしまった」
    恋と愛の違いについて書いてありました。熱さより優しさ。相手にしてもらうのではなく、してあげることを考える。らしいです。

    208頁「自分のイヤなところが目につく」
    自分をダメだダメだと思って生きてもしょうがないということでしょうか。反省して改善するのは必要なだと思われますが、他人と比較して自分を貶めていても無意味なのでやめましょう、みたいな。実はこの部分、よく理解していません。

    230頁「うまく時間を使いたい」
    タイムマネジメントですかね。僕も研究室にいるだけで、「発言は優秀なのに、時間の使い方が下手だなぁ」と思ってしまう人を見ることはままあります。
    1日、1週間、1ヶ月、1年。
    予定に縛られるのもどうかと思いますが、計画はやはり必要です。
    だらだら仕事をする社会人にはなりたくないですね。

    そんなわけで、問題を前にしたら、「デザイン」することで対処して、うじうじ悩む時間を減らしましょうという本でした。極端でしたけどね。

    ま、こういう考えもあるか、と思っておきます(笑

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    技術経営の考え方

    なんともう6月です。

    読み終えました。

    出川通『技術経営の考え方 MOTと開発ベンチャーの現場から』
    技術経営の考え方 MOTと開発ベンチャーの現場から (光文社新書)技術経営の考え方 MOTと開発ベンチャーの現場から (光文社新書)
    (2004/04/17)
    出川 通

    商品詳細を見る


    小説を読む気が起きなかったので、新書読みました。

    技術経営です。技術営業であったり、セールスエンジニアというのとは違います。勿論解ると思いますが。

    技術的、もしくは技術者としてのマネジメントについて書かれた本ですね。

    マネジメントと言っても、いわゆる“管理”とは違うようです。

    ところで、
    49頁に
    アメリカの社員は、帰宅時間は早いが、勤務中に無駄な時間がない、というようなことがありました。
    なるほどなるほど。僕は未だ会社に入っていませんが…。
    51~52頁に
    会議について載っています。単純に言えば、日本の会議は「参加するだけ」だそうで。意思決定だけでなく、
    問題提起とその対応を行うのが他国のスタイルのようで。
    進捗報告だけなら会議の場は要らなそうですもんね?

    85頁あたりで、老齢の管理職、それも仕事をしない(できない)人はプロジェクトの邪魔で要らないとありました。
    あと、“自称専門家”で迷惑を撒き散らす人とか。アピールも重要ですが、知ったかぶりは大人になっても良いことを生まないようです。

    91頁あたりには戦略的子会社の話がありました。
    本書では、開発に特化したベンチャーを推奨しているように見受けられますが、本体の大企業から保証を切り離されてまでやりたいかどうか…。

    163ページあたりからは失敗に対しての考察があります。
    技術者が開発だけに専念したり、また経営・営業・企画サイドで状況をうまく操っていかないと、
    どちらにせよダメになるということでしょうか。



    大企業体質の悪いところも幾つか書いてありました。
    時間の浪費に疎かったり、自分の行動がなかったり。
    メリットに「最悪でもクビ」とあったのには疑問ですが。

    この本を読んで得たことは、少ないかもしれません。
    MOT…Managiment of Technology
    について、イマイチ理解ができていません。
    本書自身の構成も実は綺麗ではなく、何が言いたいか解らない箇所も多い。

    僕がまだ技術者、会社員、として働いていないからなのか
    それとも僕の読解力が低かったのか
    それともこの本が悪かったのか
    合わなかったのか
    知りません(笑

    とりあえず、楽しくはない新書でした。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    99.9%は仮説

    大学で友人とお話しました。
    「俺たちの3年間ってなんだったんだろうな」
    ……知らんがな。

    読み終えました。

    竹内薫『99.9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方』
    99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)99・9%は仮説 思いこみで判断しないための考え方 (光文社新書)
    (2006/02/16)
    竹内 薫

    商品詳細を見る



    久しぶりの新書ですよ。
    東大理学部物理学科卒らしい。

    理学系か。どうりで。

    全体の感想を述べますと、ちょっとがっかりでした。

    それは一つが“理学的”→理屈で話が進んでいるということ。
    もう一つは、実は結論自体が……。

    ところで
    141頁あたりに
    「科学はもともと哲学だった」とあります。
    なるほど、物理が哲学っぽいというのは間違いではなかったのですね。
    超伝導エレクトロニクスという分野は、工学の知識を必要としながらも、
    まだ研究段階で理論物理的なところが多く含まれています。そんなところが面白いですね。
    電子だとか磁気量子だとか。哲学になるのか。

    199頁あたりに
    「疑問に思う能力」が書いてあります。
    1+1はなんで2なのか。
    まぁそういうのを考えるのは重要でしょうね。
    僕の意見としては、考えすぎてもだめかなと。
    それで答えを得られなかったり、
    あまりに時間を費やしてしまうのもどうかと。

    さて、本書の内容ですが。
    タイトル通りです。
    科学史から例に出して、「この世は仮説で満ちている」という話が延々続きます。
    途中、相対性理論なんかが出ますが、要はいろんな見方があるということです(本当か

    昔常識であったものが、今は間違いだと思われていることは多いです。
    有名なのは、天動説・地動説。
    そういった具合、今の常識も覆るかもしれませんよ、と。

    日頃から「仮説」としての世の中を考えましょうと。

    ただ、結論に従えば「99.9%は仮説」という考え自体も“仮説”なわけで。

    “仮説”でいっぱいという考えも“仮説”なので……。

    さて、深く考えると混乱してきましたね。

    そういった理由で、興味深い視点ではあるけれども、楽しめなかった本ではあります。

    では($・・)/~~~


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad