logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    復讐執行人

    東京・埼玉は雷雨です。

    読み終えました。

    大石圭『復讐執行人』
    復讐執行人 復讐執行人
    大石 圭 (2005/07)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    前回、『処刑列車』が中々斬新(?)だったので、この人の本を探して買ってきました。
    本当は『自由殺人』という本が欲しかったんですけどね。

    ふぅん。
    やっぱりホラーというものも、こういうのだと面白いと思います。

    まぁ朝から読む本じゃなかったかな、という後悔はありますが。

    やっぱり、何か嫌なことされたら、復讐したくなりますよね。
    この本のように実行されるのは困りますが。。

    被害側と加害側の意外な真相。
    ミステリー的な技法がないとも言えないこともないような。

    そろそろ平山夢明の本も読みたくなってきました。いや、やっぱまだやめとこうか(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:怖い小説 - ジャンル:本・雑誌

    バラ迷宮

    先日、LaTeXというのを教わりました。すごいですよ。定積分も行列も書けるんですよ。

    読み終えです(~_~;)
    二階堂黎人『バラ迷宮』
    バラ迷宮 バラ迷宮
    二階堂 黎人 (2000/01)
    講談社

    この商品の詳細を見る


    以前、短編を読もう、と言っていたのはこの本のことです。
    6つの短編が入っています。

    うーん…。
    面白くないことはないのですが、期待していたほどではないですね。
    「喰顔鬼」なんかはまだ良いと思いますが。もちろんその他の作品も、トリック的にはまぁまぁイケるものもあります。

    何が問題かというとですね、流れですよ。
    読んでてだるくなる。要するに場面設定にページを割き過ぎてる気がします。
    あとは、相変わらずの引用。。名作の名前が出ても解りません…。
    そう、そういった雰囲気だからこそ、フィクションさが増されているようにも見えます。

    やっぱり長編の方が良いんでしょうかね。

    いっそ「人狼城の恐怖」に挑戦してみますか

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    今昔続百鬼―雲

    大学の友人(東北の方から来た)がゴキブリを見たことがないと言ってましたよ…。

    読み終えです。
    京極夏彦『今昔続百鬼―雲』
    今昔続百鬼―雲 今昔続百鬼―雲
    京極 夏彦 (2001/11)
    講談社

    この商品の詳細を見る


    “陰”“雨”と一応シリーズの3作目。まぁ本編(?)のサブストーリーである、という面でのみですけれど。

    内容としては、これはちょっとダメだ(ぇ

    4つの短編(中篇)から成っている本ですが、うち3つは微妙です。
    感触的には『どんどん橋、落ちた』と似通っているところもあります。精神というか何というか。

    確かに、多々良センセイは妖怪や民俗学についての博識を披露してくれますし、妖怪の絵の絵解きやらも面白いんですけどね。

    それだけです。

    唯一まだ楽しかったのは最後の話です。
    まぁあの「黒衣の男」が出てくるからとも言いますが(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

    死んでも忘れない

    また朝の通学時に読み終えです。

    乃南アサ『死んでも忘れない』
    死んでも忘れない 死んでも忘れない
    乃南 アサ (1999/01)
    新潮社

    この商品の詳細を見る


    これは素晴らしい。
    感動作品ですよ。

    「死んでもこの恨み忘れない」という暗い作品かな~なんて思いながら読み進めていくと…

    まぁこれはとはまた違った感動で。

    キーワードはたくさんあると思いますよ。
    僕は粗筋すら解説する気はありませんが(ぇ

    ぜひ読んでもらいたい気がします。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

    デスノート

    月曜くらいから毎晩少しずつ観て、さっき観終えました。

    『DEATH NOTE』『DEATH NOTE the Last name』
    DEATH NOTE デスノート DEATH NOTE デスノート
    藤原竜也 (2007/03/14)
    バップ
    この商品の詳細を見る


    DEATH NOTE デスノート the Last name DEATH NOTE デスノート the Last name
    藤原竜也 (2007/03/14)
    バップ
    この商品の詳細を見る


    上の方が前編で、下のが後編です。
    前編の方は殆どマンガをなぞっている感じでしたね。多少舞台設定やストーリーに差異はありますが、それは観た人のお楽しみということで。
    後編の方はマンガをなぞりつつも、映画だけのエンディングに向かっているな、と。

    中々面白かったんではないでしょうか。原作があれだけ面白かったわけですし。
    Lがなんか病人みたいだし、口調がややおかしいということはありましたが…。無駄な部分は極力カットされていましたし。
    最大の問題は、どんな人にでも解るよう、簡単なストーリーになっている、という点でしょうか?

    あ、後編の方のスタッフロールに変なことが書いてありましたよ。
    理由は解りませんが。
    気になる人は観てみて下さい(ぇ
    スタッフロールのためだけに後編だけレンタル

    戸田恵梨香さんが…面白かったです(何
    TVドラマ『LIAR GAME-ライアーゲーム』での役とのギャップとでも言いますかね。
    ちなみに僕と同じ年らしいです。だからって何も起こらないんですけど。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:DEATH NOTE - ジャンル:映画

    新寝台特急殺人事件

    実験器具が煙をあげて焼けてしまいましたよ。(ぇ
    大丈夫です。ハンダ付けして直しておきましたから(~_~;)

    読み終えです。一日どころか、朝の通学時に読み終えました。

    西村京太郎『新寝台特急殺人事件』
    新・寝台特急殺人事件 新・寝台特急殺人事件
    西村 京太郎 (2006/05/11)
    光文社

    この商品の詳細を見る


    期待ハズレでしたね。トラベルミステリーでは一番人気と伺っていたのですが。
    勿論、作品が多すぎて、どれが面白い作品なのか解らずに買ってしまったというのもあります。とりあえず発行年数が新しいという理由で選びましたからね。

    そして僕は所謂“時刻表トリック”みたいなのを期待してたんですよ。綿密に練られたアリバイ作り・犯人の逃走・行えないはずの犯罪…などなど。
    まぁネタはばらしませんが、こんなもんか、と。

    あと、会話が多いですね。十津川警部らの会話とか。
    無理のない会話は楽しいですが、ちょっと薄いな~と感じる面も。
    だからこそこんなに早く読めるのかもしれませんが。

    そういえば、48頁に“ん”がないというミスがありましたよ。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:読書 - ジャンル:本・雑誌

    神様のパズル

    一日で読み終えです。

    機本伸司『神様のパズル』
    神様のパズル 神様のパズル
    機本 伸司 (2006/05)
    角川春樹事務所

    この商品の詳細を見る


    大学の友人がこれのハードカバー版を読んでいたので、僕も読んでみることにしました。
    表紙はある方面を思わせる雰囲気で描かれていますが、中身はSFです。
    しかも、物理学・量子力学の話がたくさん詰まってます。

    残念な点と言えば、天才少女の苦悩…なんてのはありきたりすぎて微妙でしたね。
    それと、小説内での時間が進むが速い気がします。ここにもアインシュタインの相対性理論が…?

    青春とSFの融合だという噂だったのですが、何かヘボい大学4年生って感じでしたね。。
    もう少しいきいきしてもらいたい(~_~;)

    久しぶりのSFですが、やっぱり面白いですね。
    まぁ僕は宇宙なんて作らなくても良いと思いますが(ぇ


    それよりも「“ド”は何ヘルツか?」という問題の方が聞いたことある感じで興味出ました。
    うちにあるチューナーは440ヘルツに合わせるようになってるなぁと思いつつ…
    先を読んで、そういやそんな話も聞いたことあったかなぁ…と。


    明日からは西村京太郎に挑戦です(・・;

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌

    バトル・ロワイアル

    お久しぶりです読み終えです。

    高見広春『バトル・ロワイアル』
    バトル・ロワイアル バトル・ロワイアル
    高見 広春 (1999/04)
    太田出版

    この商品の詳細を見る


    映画が有名な作品です。僕は見たことありませんが。
    確か劇場で公開されていた当時はR15だかPG15だかの指定に入っていた気もします。

    えーっと、グロさとかの面では思ったよりおとなしかったです。
    ただ、全体の筋は中々面白かったですよ。
    大東亜共和国の設定もそれなりにしてありましたし。

    各生徒に配布される武器の不公平さとか良い感じです。

    まぁ疑問に思ったのは…人間ってそんなに寝ないでも、怪我してても動けるもんなのでしょうかね。。そして秋也の行動…普通なら他人は放っておくでしょう(~_~;)

    後は、まぁ文章が微妙に下手な点もあるなと。括弧()を付けての記述がやたらと多いですし。勿論、若者の心の中の表現、なのは解りますがね。

    今度映画も観てみたいですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

    ザ・インタープリター

    さっきDVDで観ました。

    『ザ・インタープリター』
    ザ・インタープリター ザ・インタープリター
    ニコール・キッドマン (2005/09/23)
    ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

    この商品の詳細を見る


    サスペンス映画らしいですが、期待していた方面ではありませんでした。

    でも、中々面白かったですよ。
    解説的なものが少ないので多少複雑にはなってますが。

    まぁ扱ってる舞台が国連だとかで珍しい感じなのも良かったです。

    ただ、ちょっと長かったかなぁ…

    あと、台詞の訳がちょっと微妙な点が('_')

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:洋画 - ジャンル:映画

    初ものがたり

    logBlog雑記用を公開(?)しますよ。
    こちら

    読み終えました。
    宮部みゆき『初ものがたり』
    初ものがたり 初ものがたり
    宮部 みゆき (1999/08)
    新潮社

    この商品の詳細を見る


    この作品は、『本所深川ふしぎ草紙』の続きにあたるものです。
    回向院(えこういん)の茂七がまたも登場!

    やっぱり読みやすい時代小説は楽しいですね。
    中学や高校でもこういうのを読ませれば良いのに

    季節のものが色々出てきて、おいしそうな本です(ぇ

    残念なのは、この作品の次がないことです。
    あの稲荷寿司屋はどうなったんだろう…日道は…
    気になります(~_~;)

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

    柔らかな頬(下)

    深夜の電車はくたびれますよ。

    読み終えました。
    桐野夏生『柔らかな頬(下)』
    柔らかな頬〈下〉 柔らかな頬〈下〉
    桐野 夏生 (2004/12)
    文藝春秋

    この商品の詳細を見る


    昨日上巻を読み終えたのにも関わらず、今日下巻を読み終えてしまいました。
    読むスピードや時間は変わらないと思いますので、たぶん会話文が多いとか展開の良さとかだと思います。

    中々良い終わり方ですね。
    すっきりはしないでしょうが、解決は読者自身が選ぶような

    おかしいくらいに飛びすぎることもないし、リアルさばかり追求してるようにも見えないです。

    まぁ章題がいささかカッコつけすぎなだけな気もしますが。

    あ、表紙のタイトルが素晴らしいと思います。
    上下巻を横に並べるときちんと文字が読めるという。

    では($・・)/~~~
    【“柔らかな頬(下)”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

    柔らかな頬(上)

    今日は強風でした(笑
    読み終えです。

    桐野夏生『柔らかな頬(上)』
    柔らかな頬〈上〉 柔らかな頬〈上〉
    桐野 夏生 (2004/12)
    文藝春秋

    この商品の詳細を見る


    久しぶりの桐野夏生。
    大学の友人が最近桐野夏生ばかり読んでいるので、僕も(~_~;)

    思ったより面白い展開です。

    桐野夏生らしい暗い雰囲気とヨロっとした感じ。

    事件なのか事故なのか…

    先が楽しみな作品です。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:今読んでいる本 - ジャンル:本・雑誌

    黒いトランク

    少し時間が掛かりました。読み終えです。

    鮎川哲也『黒いトランク』
    黒いトランク 黒いトランク
    鮎川 哲也 (2002/01)
    東京創元社

    この商品の詳細を見る


    何故か有名な作品&作者。
    有名だしーということで読んでみました。
    が……何が面白いのか解りません。
    いや、批判して「こんなのどこが面白いの?」と言っているわけではなく、面白さを感じることが出来なかっただけで。
    つまらなくはないけど、面白くない(笑)

    あ、時代が違うなぁってのが楽しめましたよ。
    この本の発行は2002年ですが、この作品が出たのは昭和30年らしいです。古いですね。
    作中の記述でも
    ・訊く(きく)
    ・美事(みごと)
    などが見られました。これらは大学の文学の授業で「昔使われてた書き方」の例で出てました。
    他にも
    ・荷物は列車で送る
    ・駅に荷物を預けるのに1日5円掛かる
    などもありました。今だったら駅のロッカーなんてせいぜい数百円でしょうから、お金の価値(?)は違ったんですね。

    文全体も教科書でたまに見るような硬い雰囲気を持っていましたが、中々カッコいい感じで僕は好きです。

    でも、もっと解りやすいトリックの方が好みです。きっとこの作品だけでなく、こういったタイプのものが合わないんだと思います。

    ちなみに僕はクロフツという人も『樽』という作品も知りません(~_~;)

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    永遠の翼

    今日は僕の好きなB'zの新シングルが発売されたので買ってきました。
    大学生協で売ってると期待したのですが、CDは予約した物だけらしいです。

    B'z『永遠の翼』
    永遠の翼 永遠の翼
    B’z (2007/05/09)
    バーミリオンレコード

    この商品の詳細を見る


    まだ2回ずつしか聴いてませんが、
    1回聴いただけでの感想が
    「うぉーこれ良い!」というわけでも
    「これはクソやな…」というわけでも
    ないという曲でしたよ。
    ちょっとインパクトに欠けるかな。。

    2曲目のギターソロがかっこよかったですが。
    1曲目のピアノ(きっと)がOCEANの時とほぼ同じ様な感じで入ってました。

    1曲目の歌詞の雰囲気は僕はそんなに好きではないです(~_~;)

    あ、2曲目の途中で小さく聴こえるキーボードみたいな音好きかもです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    処刑列車

    読み終えましたよ(・_・)

    大石圭『処刑列車』
    処刑列車 処刑列車
    大石 圭 (2005/05/10)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    題名と粗筋に魅かれました♪

    惨殺していくタイプのホラー。

    中々面白かったですよ。
    犯人側の動機もこれくらい不可解な方がそれはそれで上手くいってるような気もしますし。

    問題は、ただ「拳銃」と書かれていたり、何か異様に沢山の玉数発砲出来たりしている点ですが。。恐らく5,6発しか玉が入らないリボルバータイプの拳銃と、10発以上撃てる銃が表現として同じというのはどうなんでしょう(・・;)

    どこに誰がいるか、細部まで書かないというのも、読み易さとしては良いと思います。
    まぁ語り手(人)が変わる場面の切れ目が下手だとは思いましたが…映像じゃないんだから。。改行はしてあるから解るのは解るんですけどね。部分部分してなかったりするとこもありまして。(たしか

    この人の他の本も読んでみますか。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:怖い小説 - ジャンル:本・雑誌

    演奏会

    今日は高校のときのギター部の演奏会があったので行ってきました。

    懐かしいです(~_~;)
    高校への通学と今の通学の電車は殆ど違うので、電車からの風景だけでもう泣きそうに懐かしい感がたっぷりでした。

    ホームでもいつもの定位置に立ってみたりしてね(笑)

    演奏自体は、聴く側にまわるとこんなにも違うのか…と改めて思いましたね。
    たくさんの曲よりも、完成度の高い1曲がどれだけ素晴らしいか。
    中途半端な重奏よりも、皆が揃っている合奏の方がどれだけ楽しめるか。
    そして内輪ネタは何よりつまらない(ぇ

    暗い座席から明るいステージを見るのは目が疲れますし(~_~;)

    先輩達にも会えましたし。

    後輩達とも少しは話せましたし。
    まぁ話したい人とはそんな話せてないし、話したいことの1割も話してないですが。。

    そういえば大学でギターを続けている人の方が少ない感じだったのは面白かったですね。

    引退してからもう1年近く…早いものですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    国立科学博物館

    今日は東京・上野にある国立科学博物館に行ってきました(^^♪
    JR上野駅から徒歩5分…のはずですが、今日は上野動物園が無料のキャンペーンがあるためかゴールデンウィークなためか、物凄い数の人がいたために5分以上掛かった気がします。

    国立科学博物館のサイトは→こちら

    通称、科博(かはく)らしいです。

    昔から何度も行ってるんですが、今回行こうとした動機は2点。
    ①本館(現在名:日本館)が今年の4月にリニューアルオープンしたために、どんな風になったか見たいと思いまして。

    ②無料だから。その理由は→こちら。ここに載っている大学はなんと無料で科博に入れるのです。
    ちなみに高校生以下の人はいつでも無料です。

    いや~久しぶりの科学博物館、楽しかったです。
    通常「博物学」と言えば動植物・鉱物・地質等を分類・記録するものらしいですが、この年になって見るとまた違った感動があります。
    何というか、少しは価値が解るようになったような(・・?)
    それに「学ぶ」ことが出来るって言うのもいいですね。

    まぁ恐竜の化石等はいつ見てもカッコいいなぁと思うばかりですが。考古学者や学芸員にはもうなれないんでしょうね…きっと。

    そういえば、恐竜の化石や動物の剥製があるコーナーは非常に混んでいるのに、化学に関するコーナーや物理量に関するコーナーはがらがらでしたよ。

    それと「光は粒子性と波動性の二重性を持つその理由」を知りたかったんですが、さすがに展示されてませんでしたね。
    それに「計算機」「時計」に関する展示は多数見られましたが「無線通信」に関する展示はなさそうでしたね。

    あ、新しい施設(アトラクション?)にTHEATER360と言うのがありました。360°全ての方向に映像が映し出されるのを球体のドームに入って観るという。すごいです。映像なのに動いてる気がします。人間の平衡感覚なんてこんなもんかと思いました。
    まぁこれ作るのにはお金かかったようで、出口で募金してたり、入場料が100円高くなってましたよ。

    今度また科学技術館にも行きたいなと思いました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    黄金を抱いて翔べ

    世の中はゴールデンウィークらしいですね。

    僕がブログ始めてからなんと100冊目の読み終えです♪
    高村薫『黄金を抱いて翔べ』
    黄金を抱いて翔べ 黄金を抱いて翔べ
    高村 薫 (1994/01)
    新潮社

    この商品の詳細を見る


    この人(高村薫)のデビュー作らしいです。

    地位や能力や技術を持った人たちが銀行から黄金を盗むというお話です。

    面白そうだと思ったんだけどなぁ…

    全体が400頁だとしたら、ワクワクしてくるのは300頁を過ぎてから。
    登場人物の細かい部分まで書くのは結構ですが、細かすぎて正直だるい。

    5段階評価で言えば3.8でしょうか(5段階じゃないやん

    銀行に潜入する作戦やアイデアは楽しげなんだから、もっとそこを広げてもらいたかったですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

    パラサイト・イヴ

    連休だとは言え…化学も物理の実験も電子工作も…レポートだらけですがな。

    読み終えました。
    瀬名秀明『パラサイト・イヴ』
    パラサイト・イヴ パラサイト・イヴ
    瀬名 秀明 (1996/12)
    角川書店
    この商品の詳細を見る


    第二回日本ホラー小説大賞受賞。ちなみに第一回と第三回には大賞受賞者がいないとか。

    映画やゲームやマンガにもなったんだとか。

    読んでみて思いました。

    僕は生化学関係はダメだと。
    興味がないとこうも難しいとは…。

    あ、ホラー小説とはあまり思えませんでした。確かに怖いというかグロいというかそういったシーンはちらほらありましたが。
    でも単純にこれはどうなるんやろうなぁと言う気持ちの方が大きいかもです。

    そして僕が読んだ本は上にある画像のモノではありません。でもデータが同じです。きっと文庫が沢山売れたから途中から表紙を変えたんでしょう。東野圭吾の『天空の蜂』みたいに。

    ミトコンドリアって何?って言うような人、薬学部って薬作るんじゃないの?って言うような人、読んでみると良いと思います。
    色々知識がつくかもしれません。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:怖い小説 - ジャンル:本・雑誌

    FC2Ad