logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    白夜

    だんだん涼しくなってきましたね。

    読み終えです。
    ドストエフスキー『白夜』
    白夜 (角川文庫クラシックス) 白夜 (角川文庫クラシックス)
    小沼 文彦、ドストエフスキー 他 (1958/04)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    ドストエフスキーと言えば、ロシア文学ということで、『罪と罰』『カラマーゾフの兄弟』が有名です。

    僕もそっちを読もうと思ったんですよ。

    でも、市の図書館には
    『罪と罰(下)』(本来は上下巻)
    『カラマーゾフの兄弟(上・下)』(本来は上中下巻)
    しかなかったのです。

    それで同じ作者だし、ということで借りてきたのです。

    恋愛小説でしたが。

    訳文が非常に気持ち悪かったですね。これだから洋書は…という気分に初めからさせられました。

    途中からうまい具合に調子に乗ったようでしたけどね。

    ちょっと良く解らない部分もありましたが、全くつまらないほどではなかったです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    まとめページ:京極夏彦

    大極宮3

    今日は久しぶりにぐうたら過ごしていました。

    読み終えです。
    大沢在昌・京極夏彦・宮部みゆき『大極宮3』
    大極宮〈3〉コゼニ好きの野望篇 (角川文庫) 大極宮〈3〉コゼニ好きの野望篇 (角川文庫)
    大沢 在昌、宮部 みゆき 他 (2004/11)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    懐かしい大極宮。
    確か大極宮2は受験真っ只中。有名私大を受けた帰りの電車で読んでいた記憶があります。あれから半年以上も経っているのですね。

    今回は微妙に面白くありません。
    大極宮が3で終わってしまったのも、ちょっと解る感じ。

    大沢さんがつまらないですね。
    選考委員のお話とかはまぁ興味あるとしても、他に印象に残るネタがない…。

    宮部さんは相変わらずゲーム。僕が持っていないハードの話は全く解らず…でしたが。

    京極さんがまだ良かったですかね。
    あぁ、この時期にこの本を出してて、映像の仕事をしていたのか、なんて。

    横書きも意外と目が疲れます。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    時計

    読み終えました。

    吉村達也『時計』
    時計 (角川ホラー文庫) 時計 (角川ホラー文庫)
    吉村 達也 (2005/01)
    角川書店

    この商品の詳細を見る

    初めて吉村達也という人の本を読んでみました。
    著作は160冊を超える、ホラー&ミステリー作家らしいです。

    この作品に関しては、そんなに面白くなかったです。
    『樹海』という作品の続きだったらしいですし。

    時間に対する概念とかね。
    僕の考えとしてはそんなことは今更読んでも新しくなく。

    目玉が反転して死んだりするから、スプラッターというか、そういう方面に行くのかといえばそうでもなく。

    まぁ、電磁波とか怪しいですよね。

    小説内にクリスマスを持ち出してもらうのもいい加減飽きてきましたし

    期待していた程ではなかったということで。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

    屍蝋の街

    このブログのアクセス数がすごいことになっていますね。
    昨日が141、現時点で今日は51。二重カウントはしない設定なので、びっくりです。
    検索で「ハムフェア」の単語に引っかかったのでしょうか…?

    今日は重い物を階段を上り下りしたり運んだりで疲れました。。

    読み終えました。
    我孫子武丸『屍蝋の街』
    屍蝋の街 屍蝋の街
    我孫子 武丸 (1999/08)
    双葉社

    この商品の詳細を見る


    実際の本では「蝋」の字が難しい字になっています。旧字でしょうかね。

    『腐蝕の街』の続編です。
    前作に引き続き、作者のSF思想というか、コンピューターとリアルの織り交ぜ方の上手さが見えます。映画でもありそうですし、妙に近未来的な(あり得そうな)ところもあったり。

    決着の着け方はやや不満がありますが、なかなか良かったと思います。

    久しぶりのハードカバーでした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:SF小説 - ジャンル:本・雑誌

    弟切草

    今日はハムフェアに行って参りました。年代層がくっきりです。学生か、おじさん達か。意外と混雑していてびっくりでした。
    その後大宮で同窓会…ハードスケジュールで疲れました。

    読み終えです。
    長坂秀佳『弟切草』
    弟切草 (角川ホラー文庫) 弟切草 (角川ホラー文庫)
    長坂 秀佳 (1999/04)
    角川書店

    この商品の詳細を見る

    ゲーム「かまいたちの夜」の前に出て、話題となったゲーム。
    それが「弟切草」です。名前だけは以前から知っていました。

    それを、原作者が全くオリジナルで小説に新たにしたものです。

    ホラーというよりは、ミステリーですね。

    2人の違った面からの推理(?)。

    よく出来ていると思いました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

    無間人形 新宿鮫Ⅳ

    非常に残念なことに、僕のパソコンが壊れました。OSが検出されないのです。起動しない…。
    恐らくデータも復活しないんだろうなと思うとショックです。

    読み終えました。
    大沢在昌『無間人形 新宿鮫Ⅳ』
    無間人形―新宿鮫〈4〉 (光文社文庫) 無間人形―新宿鮫〈4〉 (光文社文庫)
    大沢 在昌 (2000/05)
    光文社

    この商品の詳細を見る

    まずはお知らせです。
    この本は161冊目の読書にあたります。
    今年1月に初めに読み終えた『鉄鼠の檻』は62冊目です。
    つまり、
    これで、
    今年の読書冊数は100を超えた
    ということです。すごいペースですね。


    久しぶりの新宿鮫です。
    やっぱり面白いです。

    麻薬…覚せい剤絡みの犯罪です。

    警察だけでなく、厚生省の方も動いたりしてます。

    明日は1日で5000円くらいさらりと使いそうです。
    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    紫蘭の花嫁

    読み終えました。
    乃南アサ『紫蘭の花嫁』
    紫蘭の花嫁 (文春文庫) 紫蘭の花嫁 (文春文庫)
    乃南 アサ (2000/11)
    文藝春秋

    この商品の詳細を見る


    追う者と追われる者。

    うまいこと絡み合ってます。

    ラストの章ですっと解る真相。

    ミステリーでした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    オーシャンズ13

    今日は映画館に観に行ってきました。

    『オーシャンズ13』

    Amazonに画像はあるはずもなく。


    オーシャンズ12といえば部活の友人達と観に行った記憶が…あれは高2のときだったでしょうかね。

    オーシャンズ11はレンタルでしたかね。

    毎度豪華なキャストと噂の映画です。

    12のときはラストで非常に残念な気持ちがあった気がします。
    今回は高級ホテル付きカジノ…いや、カジノ付き高級ホテルかな?がターゲット。

    大胆なのか繊細なのか。いい加減なのか緻密なのか。

    仕掛けはかなり込んでます。
    でもそれが発揮されるのは短い時間。。
    もったいない気もしますね。

    でも、それだけの時間で大きなお金が流れるのですからそれもカジノの怖いところか…

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:オーシャンズ13 - ジャンル:映画

    死者の体温

    相変わらず埼玉は暑いですね。久しぶりに大学に行ってみましたが、特に変わった様子もなかったです。

    読み終えました。
    大石圭『死者の体温』
    死者の体温 (角川ホラー文庫) 死者の体温 (角川ホラー文庫)
    大石 圭 (2004/05)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    すごい量の殺人。

    しかも動機が基本的に不明。

    まぁラストも不可解といえばそうですし。

    大石圭の小説は設定が微妙に似通ってたりしますね。砲丸投げとか。

    残念ながら、満足のいく小説ではなかったです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

    まとめページ:我孫子武丸

    【速水三兄妹シリーズ】
    『8の殺人』

    『0の殺人』

    『メビウスの殺人』

    【人形探偵シリーズ】
    『人形はこたつで推理する』

    『人形は遠足で推理する』

    『人形は眠れない』

    『人形はライブハウスで推理する』

    【ホラー】
    『殺戮にいたる病』

    『たけまる文庫 怪の巻』

    【近未来SFシリーズ】
    『腐蝕の街』

    『屍蝋の街』

    【ミステリー】
    『探偵映画』

    『ディプロトドンティア・マクロプス』

    『まほろ市の殺人 夏―夏に散る花―』

    『たけまる文庫 謎の巻』

    『少年たちの四季』

    『弥勒の掌』

    【共著】
    『三人のゴーストハンター』
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    悪魔のラビリンス

    読み終えましたよ。

    二階堂黎人『悪魔のラビリンス』
    悪魔のラビリンス (講談社文庫) 悪魔のラビリンス (講談社文庫)
    二階堂 黎人 (2004/06)
    講談社

    この商品の詳細を見る


    二階堂蘭子シリーズ。

    二階堂黎人はガチガチの本格ミステリー過ぎて少し嫌っていたのですが、最近読んだ渋柿探偵シリーズでまた読んでみたくなりました。

    結構面白いです。

    密室での殺人…そこにいないはずの人との交換…

    有名作品の引用の仕方もうまくしてありますので読んでて不快感はなくなりました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    暗いところで待ち合わせ

    今、京都に向かう新幹線の中からケータイで記事を書いております。
    新幹線は読者に快適な空間ですね

    読み終えました。
    乙一『暗いところで待ち合わせ』
    暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫) 暗いところで待ち合わせ (幻冬舎文庫)
    乙一 (2002/04)
    幻冬舎

    この商品の詳細を見る


    画像は後程パソコンから貼り付けたいと思います。ました。

    警察に追われている男が、目の見えない女性の家に侵入するというお話。奇妙な同棲生活の中で、2人は徐々に…。

    思ったよりも短く、さっぱりしてました。

    それでもネタ自体が珍しいためか面白かったです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    まとめページ:今野敏

    【ST 警視庁科学特捜班シリーズ】
    『ST 警視庁科学特捜班』

    『ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人』

    『黒いモスクワ ST 警視庁科学特捜班』

    『ST 青の調査ファイル』

    『ST 赤の調査ファイル』

    『ST 黄の調査ファイル』

    『ST 緑の調査ファイル』

    『ST 黒の調査ファイル』

    『ST 為朝伝説殺人ファイル』
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ST 赤の調査ファイル

    今日は日本科学未来館に行ってきました。大学生になってからこういうところへ行くと楽しくて良いですね。
    ってか量子の話とかどれだけの人が解るんだろう…小さい子供がたくさん来てましたが。。

    読み終えです。
    今野敏『ST 赤の調査ファイル』
    ST 赤の調査ファイル ST 赤の調査ファイル
    今野 敏 (2003/07)
    講談社

    この商品の詳細を見る


    これで今野敏のSTシリーズは全て読破!のはず。

    大学病院での医療ミスというか、問題を描いた小説です。

    STシリーズの中では設定や状況がしっかりしているのではないでしょうか。
    それだけに、ふざけたシーンもほとんどなく。

    僕の友人にも医・歯・薬学系に進んだ人はいますが、この小説に書かれたままの世界だったら、さぞ辛い面もあるのだろうなと思ってしまいます。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    まほろ市の殺人 夏―夏に散る花

    読み終えです。なんとたったの40分。

    我孫子武丸『まほろ市の殺人 夏―夏に散る花』
    まほろ市の殺人 夏―夏に散る花 (祥伝社文庫) まほろ市の殺人 夏―夏に散る花 (祥伝社文庫)
    我孫子 武丸 (2002/06)
    祥伝社

    この商品の詳細を見る


    122頁しかない短い小説。

    それにしてはしっかりしています。

    しかし、僕としては「あ、双子かぁ…」と少々残念な気持ちに。

    暑い部屋で「夏」の小説を読むのもなかなか赴き深い

    最近また「かまいたちの夜2」をやり始めたので我孫子を読みました。


    そろそろ『人狼城の恐怖』(二階堂黎人)も読みたいなぁ

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

    自動車社会学のすすめ

    残念ながら、読み終えではありません。

    挫折しました。

    島田荘司『自動車社会学のすすめ』
    自動車社会学のすすめ 自動車社会学のすすめ
    島田 荘司 (1995/05)
    講談社

    この商品の詳細を見る


    このブログではあまり書いていないことですが、僕は自動車が好きなのです。

    中学校の頃は将来の職業に自動車エンジニアを志望していまして…。
    毎月雑誌も買ってました。

    そんなわけでうっかり買ってしまったこの本。

    小説じゃなかった。

    評論文だった。

    年代のズレや、自分の興味の薄れから、「もう読めない」となって挫折。

    そんな本もありますよ。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    湘南人肉医

    読み終えです。

    大石圭『湘南人肉医』
    湘南人肉医 (角川ホラー文庫) 湘南人肉医 (角川ホラー文庫)
    大石 圭 (2003/11)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    ある意味で非常に最近のホラー小説を表しているような。

    基本的に、女の人の肉を食べるお話です。

    綾辻行人『殺人鬼』では嫌々食べさせられていた人肉が、この小説では喜んで…。

    途中途中にある、「君」という表現を使った手法も、もっと腕を磨けば良いものになるかと。

    まぁグロテスクに書こうと思えばいくらでもできるネタなのに、そうでもないのが大石圭か。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

    こゝろ

    読み終えです。

    夏目漱石『こゝろ』
    こゝろ こゝろ
    夏目 漱石 (1951/08)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    大正三年の作品。教科書にも載る程の作品。
    夏目漱石の後期三部作の最後の作品とも言われます。

    僕も教科書で「先生と遺書」と「先生と私」の一部は読みました。

    正直一度読めばそれでいいや、というように感じていたのですが。

    機会があったので全て読んでみました。

    今読んでも、その古さに目があまり行かず、ストーリーや筋がそのまま楽しめるのはすごいですね。


    【“こゝろ”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学

    ぷーる

    今日は同じ中学だった女の子とデート県営のプールに行って参りました。

    暑い暑い。プールの水もぬるい。
    でもまぁ気持ちいい。

    人多いです。開園30分程で人がわんさかわんさか。

    流れるプールではシャチやイルカといったメジャーな乗り物から、バナナやうまい棒などおいしい乗り物も流れてました(ぇ

    近年の事故の影響か、監視員の注意や放送による休憩のオススメもたっぷりです。

    テントを張ってる方もいらっしゃいました。ずらずらーっと。ここは浜ではありませんが。

    同伴した人が泳ぎは不得手だったので、少々練習のお手伝いをしたりしていたのですが…中々難しいですね。何故垂直に沈んで行ってしまうのか不思議でした。

    まぁ何と言っても男と行くプールとは雰囲気(?)が全く違いますね。よく喋る者が2人でいたからか何なのか。楽しいです。

    今、すごく日焼けが痛いです…
    風呂ではなんともなかったのですがね。なんか触れたら……。

    Weblogもたまには書くか、ということで日記でした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    MEGALOPOLIS PATROL

    今日は半田付けの練習をしてました。
    僕の好きなSOUL’d OUTが新曲の試聴を出してました。

    SOUL'dOUT『MEGALOPOLIS PATROL』


    このMEGALOPOLIS PATROLという曲、なんだかダルいです。
    そして、2曲目もダルいです。
    3曲目もダル…

    不思議にダルい局が3曲入ってるシングルみたいです(笑

    どうしようかなー

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:お気に入りミュージシャン - ジャンル:音楽

    青の炎

    今日も暑いですねぇ(~_~;)

    読み終えです。
    貴志祐介『青の炎』
    青の炎 青の炎
    貴志 祐介 (2002/10)
    角川書店

    この商品の詳細を見る


    二宮和也と松浦亜弥主演で映画になった作品の原作です。

    倒叙推理小説らしいです。

    そんなことより、これは面白いですよ。
    (簡単な)完全犯罪を計画する少年…。

    その完全さがどうかよりも、場面の作り方が良かったです。

    まぁ高校2年生にしては「おいおい…そんなことしないしできないやろ」と思うところもないでもないですが。

    ホラー小説とは全く違った文章の書き方でしたし。
    ただ、僕が読んだ2作と同様、情報収集は綿密だと感じました。

    映画も観てみたいです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    巷説百物語

    今日は秋葉原電気街に行ってきました。

    読み終えです。
    京極夏彦『巷説百物語』
    巷説百物語 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE) 巷説百物語 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
    京極 夏彦 (2002/02)
    中央公論新社
    この商品の詳細を見る

    この小説は、京極堂シリーズのように巷説百物語シリーズとしてあるシリーズものの第一作。
    物凄く面白いです。

    どんな小説かというのも難しいのですが、御行の又市を中心としたグループが、怪異・妖怪なんかを交えた形で悪人を懲らしめるものです。

    ちなみに短編集(一つが結構長い)です。
    「小豆洗い」「白蔵主(はくぞうす)」「舞首」「芝右衛門狸(しばえもんたぬき)」「塩の長司」「柳女(やなぎおんな)」「帷子辻(かたびらがつじ)」

    ミステリーとしても十分面白いですし。キャラクターも良いですし。どんな仕掛けがあるのか楽しみになります。

    WOWOWでのドラマや映画等、映像化も盛んなシリーズみたいなので、今度見てみたいと思います。

    では($・・)/~~~
    【“巷説百物語”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    クロへの長い道

    読み終えました。
    二階堂黎人『クロへの長い道』
    クロへの長い道 クロへの長い道
    二階堂 黎人 (2003/02)
    講談社

    この商品の詳細を見る


    『私が捜した少年』に続く渋柿探偵シリーズ。4つの短編が入ってます。

    相変わらず面白いです。

    ミステリーとしての謎も意外としっかりしています。

    しかもその真相も中々「気付きそうで気付かない」といったもの。

    4つ目の作品『八百屋の死にざま』なんかはテーマとしても長編になりそうな。

    でも、このシリーズを長編にするのは難しいでしょうね。恐らくだれてしまうか、ふざけすぎて読んでいられないか。

    この本が出たのが2003年。次回作を期待するシリーズの一つになりました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    まとめページ:大石圭

    【ホラー】
    (角川ホラー文庫)
    『アンダー・ユア・ベッド』

    『殺人勤務医』

    『自由殺人』

    『湘南人肉医』

    『死者の体温』

    『処刑列車』

    『復讐執行人』

    『飼育する男』

    『邪な囁き』

    『檻の中の少女』

    (光文社文庫)
    『死人を恋う』

    『水底から君を呼ぶ』

    『人を殺す、という仕事』

    『女奴隷は夢を見ない』

    (河出文庫)
    『1303号室』
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    自由殺人

    昨夜は無線やってました。0時~1時の間で凡そ30局くらいの方と交信しましたよ(たぶん

    読み終えです
    大石圭『自由殺人』
    自由殺人 自由殺人
    大石 圭 (2002/09)
    角川書店

    この商品の詳細を見る

    楽しみにしていたんですよ。この小説。
    ある日突然爆弾が送られてきて、人を殺すきっかけを与えられる人々が幾人か…

    途中から段々変な方向に行くんですねぇ。

    最後なんて最早大期待はずれ。

    おかしいと思ったんですよ。マラソンランナーなんて。

    期待をしすぎてしまったようです。

    大体時限爆弾(送り主によってセット済み)じゃ、「自由殺人」じゃない気がします。使用するかどうか、置く場所か…。

    もっとネタを良く練れば面白いものになったかもしれないのに。

    ま、これで大石圭の作品は殆ど読んだですかね。(ノベライズを除いて

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

    バトル・ロワイアルⅡ

    期末テストが終わりましたよ!!
    単位が取れているかは解りません(~_~;)

    読み終えです
    杉江松恋『バトル・ロワイアルⅡ 鎮魂歌[レクイエム]』
    バトル・ロワイアル II 鎮魂歌 バトル・ロワイアル II 鎮魂歌
    高見 広春、杉江 松恋 他 (2003/06)
    太田出版

    この商品の詳細を見る


    どこが鎮魂歌だったのか解りませんでしたが。

    メッセージ性の非常に強い作品でしたね。
    解りやすすぎるくらい。

    まぁ新たな設定でのゲームが始まるわけですが…前回同様理不尽ですね。
    そしてびっくりするぐらい簡単に人が死んでいく。。


    テーマがあまりに多すぎて、扱いきれなかった感もあります。

    つまらなくはなかったけれども、ラストで満足できるわけでもない。

    これは3部作にした方が良かったのかなぁ。なんて。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

    FC2Ad