logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    六月はイニシャルトークDE連続誘拐

    本日2冊目の読み終え。

    霧舎巧『六月はイニシャルトークDE連続誘拐 私立霧舎学園ミステリ白書』
    六月はイニシャルトークDE連続誘拐―私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)六月はイニシャルトークDE連続誘拐―私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)
    (2002/12)
    霧舎 巧

    商品詳細を見る


    霧舎学園シリーズも3作目となると少し変化が見られますね。

    誘拐がテーマなためもあってか、学園や学生という感じが薄れて、推理に力が入ってます。

    誘拐モノのトリックは難しいようですね。

    イニシャルの方は全く解らず面白かったです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し

    もう1年近くにたっても、高校の友達はまだ変化がそんなに見られないです。

    読み終えました。

    霧舎巧『五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し 私立霧舎学園ミステリ白書』
    五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し―私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)五月はピンクと水色の恋のアリバイ崩し―私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)
    (2002/08)
    霧舎 巧

    商品詳細を見る


    霧舎学園シリーズ第2弾。

    密室の次はアリバイ崩し。

    やっぱり面白いですよ。

    事件やトリックも、難解過ぎず、かつ面白さと本格っぽさを持っていて。

    さらっと読める200ページくらいの構成も良いですね。

    学園ラブコメディー要素はさくさく進みすぎな気もしますが。

    細かいトリックにも好感。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    神様家族

    インデックスの印象が良かったため、別のラノベを薦めて頂きました。

    読み終えました。

    桑島由一『神様家族』
    神様家族 (MF文庫J)神様家族 (MF文庫J)
    (2003/06)
    桑島 由一

    商品詳細を見る


    神様がどういうものかっていう定義だなんだややこしいことを抜きにしないと読めたもんじゃないです。

    まぁ要するに、なんでも願い通りに行える「神様」を父に持って、完璧な美としての姉がいたりっていう設定で。

    自分が甘やかされているのか、愛されているのか解らない少年の物語。

    自分で何もできないということは辛いのですかね。

    常に同じ人が傍にいるというのは良いことなのですかね。
    如意宝理論と結びつけて論文でも書けそうです。
    文章が思ったより普通で、それでも漫画的で読みやすいというのは変わらず。

    機会があれば続きの巻も読むかと。

    では($・・)/~~~
    【“神様家族”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

    四月は霧の00密室

    なんと1時間半たらずで読み終えました。

    霧舎巧『四月は霧の00密室 私立霧舎学園ミステリ白書』
    四月は霧の00(ラブラブ)密室―私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)四月は霧の00(ラブラブ)密室―私立霧舎学園ミステリ白書 (講談社ノベルス)
    (2002/04)
    霧舎 巧

    商品詳細を見る


    タイトルがすごいですね。00でラブラブとルビが。
    テニスで0をラブとか数えていましたっけ。

    初めて読む作者ですが、思ったより面白いです。
    でもちっとも文庫が出ていないようなので、このままノベルスを図書館で借りることになるのかな。

    ライナルは『金田一少年の事件簿』と作者が大きく言っているとおり、読みやすいけれども、本格っぽい(突然この世のものでないモノが出てきたりしないですし)ミステリーになっています。
    学園ですしね。

    キャラクター性が強いとは言え、そんなにふざけてるとも思いません。
    ホント、本嫌いの人に薦めてみたいくらいです。
    寧ろ表紙のイラストが偏見を持たせる気も。。。まぁ軽さを出すのには成功していますが。

    一部、納得いかない点もありますが、それはそれとして。

    楽しいミステリーとしては良いスタートだと思います。
    ここからどうシリーズがくるか。

    では($・・)/~~~
    【“四月は霧の00密室”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    世界の終わり、あるいは始まり

    知らなければ良かったこと。
    聞かなければ良かったこと。
    経験は取り消せないのです。

    読み終えました。

    歌野晶午『世界の終わり、あるいは始まり』
    世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
    (2006/10)
    歌野 晶午

    商品詳細を見る


    まずは裏表紙のあらすじ(引用)
    東京近郊で連続する誘拐殺人事件。誘拐された子供はみな、身代金の受け渡しの前に銃で殺害されており、その残虐な手口で世間を騒がせていた。そんな中、富樫修は小学六年生の息子・雄介の部屋から被害者の父親の名刺を発見してしまう。息子が誘拐事件に関わりを持っているのではないか?恐るべき疑惑はやがて確信へと変わり……。
    既存のミステリの枠を超越した、崩壊と再生を描く衝撃の問題作。
    (引用終わり)

    衝撃ですね。
    すごい面白いです。

    作品の趣向に触れることもできないです…(追記にて書きますが)

    トリック?
    う~ん。
    そういう名前で呼ぶんでしょうか。

    未成年の犯罪ということが黒い雰囲気を出しているというよりも、加害者の父としてのうろたえ方がもう。。。

    このタイトル、良いです。
    『世界の終わり、あるいは始まり』
    「The End of the World, or the Beginning」

    歌野晶午、デビューはもう20年前なのに、ここに来てこれだけの作品が出てくるというのはどういうことなんでしょうね。『葉桜』はかなりのものでしたが、これも十分面白いと思います。
    でも、昔の作品は…。

    では($・・)/~~~
    【“世界の終わり、あるいは始まり”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    とある魔術の禁書目録

    精神的動揺は執着から……?

    読み終えました。

    鎌池和馬『とある魔術の禁書目録』
    とある魔術の禁書目録(インデックス) (電撃文庫)とある魔術の禁書目録(インデックス) (電撃文庫)
    (2004/04)
    鎌池 和馬灰村 キヨタカ

    商品詳細を見る


    インデックスという呼び名で有名(?)なのは知ってしましたが、読んだのは初めてです。
    というか、ライトノベルを読むことが滅多にない僕としてはそれ自体が珍しい体験。

    しっかり意識して、読んだのでは、電撃文庫は初めてだと思います。
    株式会社メディアワークス?で、発売は角川…?
    創刊に関して、の文がライトノベルのイメージとかけ離れているようで面白かったです。

    さて、本の感想の方ですが。
    いくつものライトノベルを読んだことがないので誤解もきっと多いんだろうなと思いつつも、やはりライトノベルは文が甘いですね。それでも無駄な文があるのかと言うと微妙で。
    取り敢えずかっこつけのルビが多いです。びっくりしました。理解できるんで良いですし、それはそれで表現の幅が広がっているとも取れますし。読んでみて初めて触れる世界です。
    序盤、戦闘シーンとか、映像を意識しているようで、直感的に見えるというか安っぽいというかイマイチでした。
    まぁでもインデックスが出てからは、作者の力をだーっと出しますって感じで膨らんできたなぁと。

    本のタイトル、インデックスが振り仮名じゃなくて寧ろインデックスに「禁書目録」だったんですね。

    傍点の使用や中盤戦闘シーンの見えなさは気になりますが、想像以上に物語に引き込まれて楽しめたと思います。

    読みやすさとストーリーと何よりキャラクター性に重きをおいている(らしい)ラノベも、
    食わず嫌いをやめて読んでみようかという気になりました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

    豆腐小僧双六道中ふりだし

    読み終えました。

    京極夏彦『豆腐小僧双六道中ふりだし』
    豆腐小僧双六道中ふりだし豆腐小僧双六道中ふりだし
    (2003/12/20)
    京極 夏彦

    商品詳細を見る

    いつまで待っても文庫とか別の版型で出そうにないので図書館で借りてきました。

    本朝妖怪盛衰録(ほんちょうばけものしょうすいろく)とちょろっと副題みたいなのがついてます。

    取り敢えず、昔風な語り口調であるのに、現代の言葉を交えていたりして面白いです。

    そして妖怪の理解を深めるためには良い本かなと。
    完成型のキャラクターとしてのものが全てではないですから。

    しかしまぁ途中からはだるい小説になっていたのも事実。
    豆腐小僧があほでのろいというのもあるのですが、このストーリーのなさ(?)が苛々と。

    邪魅に関する説明が多かったのは嬉しかったです。

    そういえば京極堂シリーズはもうそろそろ2年出ていないことになるんじゃないでしょうか。
    早く出ないかなぁ。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    犯人に告ぐ

    DVDレンタルしましたよ。

    『犯人に告ぐ』
    犯人に告ぐ犯人に告ぐ
    (2008/03/21)
    豊川悦司

    商品詳細を見る


    ハードカバーで2005年5月に読んでいます。
    映画になったのは去年でしたかな。

    これが映像化されたことによって雫井さんの知名度がぐっと上がったのでしたね。

    さて、小説は素晴らしく面白かったこの作品。
    映画になったら……やはり省略部分と変更点が気になります。

    僕の中で良いセリフだと思っていたところもカットされていましたし。

    登場人物の会話が全体的に聞こえにくいという致命的な状態を除けば、あとは結構面白かったのではないかなと。

    休日が過ぎるのが早い!

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    原罪の庭 建築探偵桜井京介の事件簿

    法政大のオープンキャンパスに行ってきました。

    読み終えました。

    篠田真由美『原罪の庭 建築探偵桜井京介の事件簿』
    原罪の庭―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)原罪の庭―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)
    (2003/10)
    篠田 真由美

    商品詳細を見る


    建築探偵シリーズもこれで第一部が終わったらしいです。
    京介と蒼の出会いの巻です。

    事件は壮絶です。
    血塗れの温室ですからね。硝子の棺。

    このシリーズでこんなトリックが出てくるかと驚きました。
    作者によって調理法が違って楽しいです。

    面白いのだけれども、登場人物がここまで惱んだり感情を出して生き生きしているのも珍しいかなと。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ネフィリム 超吸血幻想譚

    読みたい本がどんどん減ってきました。

    読み終えました。

    小林泰三『ネフィリム 超吸血幻想譚』
    ネフィリム―超吸血幻想譚 (角川ホラー文庫 59-9)ネフィリム―超吸血幻想譚 (角川ホラー文庫 59-9)
    (2007/09/25)
    小林 泰三

    商品詳細を見る


    吸血鬼たちのバトル小説です(笑
    吸血鬼と、吸血鬼を倒すことを目的としたコンソーシアムという人間の組織、そして両者を喰らうストーカー(追跡者)J。

    最強の吸血鬼としてのヨブは、人間の少女ミカを助けて…。
    ってそっちの話が途中から放ってあるんですが(~_~)
    血を吸わない約束をした理由も、なんとなーくすぎる形でしか書いてないし。
    それで弱くなって、何?という感じも。

    まぁ精一杯グロい表現を使ったという小説ではありますが、吸血鬼の戦い自体が映画や漫画のような雰囲気なので、そんなに気持ち悪いわけじゃないです。

    そういうシーンと、ホラー的な短文ばかりなのでざくざく読み進むのは良いのですが、大筋がないよなぁという感想が大きいです。

    最後の2節、要る気がしませんよ(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:ホラー - ジャンル:本・雑誌

    鬼子(下)

    バイト先に、意外と多くの同年代の人たちがいることが解ってきました。

    読み終えました。

    新堂冬樹『鬼子(下)』
    鬼子〈下〉 (幻冬舎文庫)鬼子〈下〉 (幻冬舎文庫)
    (2003/04)
    新堂 冬樹

    商品詳細を見る


    上巻とは全く読み進むスピードが違います。
    がんがん行きますよ。

    序盤、大きな事件。
    これでもう家庭は崩壊したな。

    息子を処分することに躊躇いを見せる袴田が寧ろおかしく感じられるような。

    とてつもない作品です。

    編集者のひどさもそうですが。
    僕としては隠されていた事実、の方がすごいと思います。

    面白い本ですが、色々と苦しいものでした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    鬼子(上)

    FFⅨ面白いです。

    読み終えました。

    新堂冬樹『鬼子(上)』
    鬼子〈上〉 (幻冬舎文庫)鬼子〈上〉 (幻冬舎文庫)
    (2003/04)
    新堂 冬樹

    商品詳細を見る


    暗く、残酷な小説です。

    可哀想?いや、そういう方じゃないですね。
    寧ろ腹立たしくなる。
    どうにかならないものかなって。

    でもやっぱりどうにもできなそうですね。

    些細な誤解であったって…。

    まぁこの本の第一としては、純文学って何?って感じだったのですが。
    理想だけを持っている人の内面ってこんなに惨めなのか疑問ですが。

    取り敢えず、家族の崩壊の始まりが上巻でした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    灰色の砦 建築探偵桜井京介の事件簿

    読み終えました。

    篠田真由美『灰色の砦 建築探偵桜井京介の事件簿』
    灰色の砦―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)灰色の砦―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)
    (2002/09)
    篠田 真由美

    商品詳細を見る


    久しぶりの建築探偵シリーズとなりました。
    この本が見つからなかったというだけの話ですが。

    今回は京介と深春が出会った、19歳のときの下宿での事件を回想して話している設定。

    深春からの視点なので、やや乱暴で建築に関しては結構少ないです。

    面白い記述といえば、21頁での深春の内面。
    「目標にしてきたはずの大学に籍を得ことで、俺はかえって自分の居場所を喪失したような気がしていた。なぜといって自分がこの大学に属しているという実感を、どこに求めればいいのだろう。そんなもの、ただ何種類かの紙切れに書かれた記号に過ぎないじゃないか。
    毎日の講義なんか、俺がそこにいようといまいとなんの関係もない。高校までとは違って自分の机、自分の教室という場所もなければ、自分が属するクラスという繋がりもない。選択した第一外国語でクラス分けはされているが、それは単に便宜的な区分でしかない。」
    なるほど、と思いました。別に居場所を喪失したと感じていたわけではないですが、でも何かすごく理解できる文でした。狭いところにいるのは窮屈で苦しいのかもしれませんが、広くて先が見えないのも不安だし何やっていいか解らないし…。

    本格のミステリーとは離れていく感じですが、面白いシリーズです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    電子工作

    今日初めて、家で電子工作(?)の入門をやってみました。
    買ってきたキットをちょっと加工して半田づけしたりしたものですが。

    2時間で最初完成予定のはずが、動作せず…
    その倍かかって漸くできました。

    一番最初に半田づけしたLED部分のアノードとカソードがくっついていたっぽく(半田たっぷりすぎて)て、それを取り除いたらできました。

    LEDって2Vくらい必要なんでしたっけね。
    それを、共振を使って1.5V電池で光らせるっていう回路でした。

    ただ光るだけ、っていってもいざやってみると面白かったです。
    これから徐徐にやっていきたいです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ジャンパー

    結構久しぶり?に映画見ました。DVDレンタルですけどね。

    『ジャンパー』
    ジャンパージャンパー
    (2008/07/23)
    ヘイデン・クリステンセンサミュエル・L・ジャクソン

    商品詳細を見る


    時間的にジャンプ(移動)するんではなくて、地理的移動・物理的移動ができるっていう男の映画。

    90分程度で観やすく、映像も綺麗で面白かったです。
    特に近い距離でジャンプしているときの映像の繋ぎ方が良いですね。

    あと、跳ぶ場所のセンスとか。

    まぁただ90分に詰め込んだためか、相棒(?)とか置き去りですし、主人公の母もまぁ…それでいいの?って感じですし。

    変な団体に狙われることがなければ、僕もそんな能力があれば嬉しいです(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    図解 電気回路のしくみ

    読み終えました。

    稲見辰夫『図解 電気回路のしくみ』
    図解 電気回路のしくみ図解 電気回路のしくみ
    (1995/10)
    稲見 辰夫

    商品詳細を見る


    様々な家電製品やらもう色んな機構に入っている電気回路。

    具体例→素子→回路と解説されているので、解りやすいです。

    トランジスタの入った回路はまだイマイチですけどね…。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    黄色い目をした猫の幸せ

    またも秋葉原に行ってきました。
    平日ですがお盆なためか人はいっぱいでした。

    読み終えました。

    高里椎奈『黄色い目をした猫の幸せ』
    黄色い目をした猫の幸せ―薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)黄色い目をした猫の幸せ―薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)
    (1999/07)
    高里 椎奈

    商品詳細を見る

    このシリーズ、作者自身があとがきで言っているように、似非ミステリーなわけです。
    もう買う気はなかったので、市の図書館で借りてきました。

    前作よりも、事件に力入れた分、ヘンテコ妖怪たちの楽しさが減りました。

    何より読むのにエネルギーが必要に…。

    やっぱりこれがつまらないってことなのでしょうかね。

    次の作品は結構前に文庫で買ったので、折角なので読みますが、その先はもうないかも知れません(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    新本格謎夜会

    読み終えました。

    綾辻行人&有栖川有栖(共に監修)『新本格謎夜会』
    新本格謎夜会(ミステリー・ナイト) (講談社ノベルス)新本格謎夜会(ミステリー・ナイト) (講談社ノベルス)
    (2003/09)
    綾辻 行人有栖川 有栖

    商品詳細を見る


    「ミステリー・ナイト」というルビのついたこの本のタイトル。
    本文は大地洋子という人。

    綾辻&有栖川とその他のミステリー作家やらが行ったイベントの記録みたいなものです。

    ホテルとかで、一般の人々が謎解きをするものみたいですよ?
    まぁ僕は推理するのはそんなに言うほど好きじゃないので参加したいとも思いませんが。。

    作家陣のトークショーの様子を書いた部分は面白かったですね。

    肝心のイベントでの殺人事件は何、どうでも良いような感じ(ぇ

    平成14年で新本格15周年だというので、もう20年を超えているんですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    八号古墳に消えて

    免許を取ってから、初めて60km/hで走りましたよ。

    読み終えました。

    黒川博行『八号古墳に消えて』
    八号古墳に消えて (創元推理文庫)八号古墳に消えて (創元推理文庫)
    (2004/01)
    黒川 博行

    商品詳細を見る


    黒マメコンビ第三弾。

    面白い、面白いですよ。
    会話が。
    大阪弁で繰り広げられるこのやる気ないような刑事コンビの。

    ところどころにある冗談がまた笑えて。

    もう事件とかどうでも良くね?って雰囲気です。

    そんな小説でした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    阿修羅ガール

    読み終えました。

    舞城王太郎『阿修羅ガール』
    阿修羅ガール (新潮文庫)阿修羅ガール (新潮文庫)
    (2005/04)
    舞城 王太郎

    商品詳細を見る


    三島由紀夫賞受賞作。

    文章はまたも変な感じ。

    しかしまぁ、その変な中でも何か面白い。

    毒があって…あぁ文学か。
    恋愛小説?いえいえ。
    良いんじゃないですか。

    調布が舞台ってのもまた意外というか何と言うか。

    掲示板の雰囲気もかなりあってびっくりでした。

    というか、この小説、一度読んだだけじゃ良く解らない点がちらほら。
    間空けてまたもう一回読みます。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    沈黙の教室

    秋葉原に行ってきましたよ。電子工作も少しやってみたくなりました。
    家族連れ多いなぁ~。

    読み終えました。

    折原一『沈黙の教室』
    沈黙の教室 (ハヤカワ文庫JA)沈黙の教室 (ハヤカワ文庫JA)
    (1997/05)
    折原 一

    商品詳細を見る


    まさに著者渾身の!というべき作品。
    日本推理作家協会賞受賞作。

    このすっきりした感じは、恐らく「叙述ミステリー」だけにとらわれていないサスペンスだからだと思います。

    「恐怖新聞」の発行者は?
    「粛清」とは誰が?
    復讐者は誰か?
    という疑問は、作る方は簡単だし、読者としても気にはなるのですが、そこに叙述トリックを仕掛けるだけでは結局微妙な感じに…というのが折原作品のつまらなかった場合。

    この本では、そんなwho?という謎を出しつつも、その他の筋書きと物語でサスペンスとしての普通の楽しみを与えてくれます。

    続編がありますが、寧ろそっちに期待はしていません(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    TVJ

    バイトが初まって二日目。文庫本に囲まれております。

    読み終えました。

    五十嵐貴久『TVJ』
    TVJ (文春文庫 い 71-1)TVJ (文春文庫 い 71-1)
    (2008/02/08)
    五十嵐 貴久

    商品詳細を見る


    五十嵐貴久幻のデビュー作。だそうです。
    つまりは受賞できなかったけど、その候補には残ったという作品のようで。

    かなり面白いですよ。

    TV JAPAN(作中のテレビ局)

    TV JACK(テレビ局をジャック)
    の二つの意味を持つタイトル。

    かなり空想の部分もあると思いますが、インテリジェントビルとしてのテレビ局と、それを利用した犯人グループの鮮やかな占拠。
    わくわく。

    終わりも好きです。ここでそれを持ってくるんだ。

    取り敢えず僕はゴンドラのシーンが素晴らしいと思います。

    どんでん返しというか、二度の衝撃。

    五十嵐貴久、まだまだ面白い作品が出そうですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    キマイラの新しい城

    課題レポートを出すためだけに大学に行ってきました。
    人がたくさんいることを想定して造られた場所に、人が殆どいない状態で訪れるのは好きです。
    空いた空間がたっぷりありますからね。

    読み終えました。

    殊能将之『キマイラの新しい城』
    キマイラの新しい城 (講談社文庫)キマイラの新しい城 (講談社文庫)
    (2007/08/11)
    殊能 将之

    商品詳細を見る


    久しぶりに殊能の本を読みました。
    作品数はかなり少ないですからね。

    さて、まず、感想の第一は。
    読む時期間違えた……

    「変な小説」を続けて読んでしまうという結果に。

    フランス語わかりません。
    過去の、しかも外国の人が現代の日本を見たら…という心情などは面白かったですけどね。

    亡霊が本当に取り付いてるとか(~_~;)

    あ、でも密室(笑)のところの伏線は、おかしいと思いつつも気づかなくて良かったかも。

    まぁトリックうんたらのミステリーではなく、全体としてエンターテインメントなのかと。。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    増加博士と目減卿

    試験が終わりました。
    開放感……?いえいえ、疲れがどっときています。

    読み終えました。

    二階堂黎人『増加博士と目減卿』
    増加博士と目減卿 (講談社文庫)増加博士と目減卿 (講談社文庫)
    (2006/03/15)
    二階堂 黎人

    商品詳細を見る


    二階堂黎人の短編はどこか微妙な感じが。
    本人が作中で述べているように、人物や情景描写、重大な謎などが十分に書けないからですかね。

    『「Y」の悲劇』は講談社文庫で読んだはずですが、忘れていて面白かったです。
    パッと見はこんなんでいいわけないやろ!という感じですがね。

    この本は「メタ・ミステリー」という手法を取ってまして、作中の登場人物が小説内の人物であることを認識しており……。
    まぁこういうのだけがメタ・ミステリーではなかったはずです。

    増加の反対で目減り、だけではなく、寧ろ別の意味の方が強かったのも驚きです。

    変わった小説でした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

    砂漠の薔薇

    本日2冊目の読み終えです。

    新堂冬樹『砂漠の薔薇』
    砂漠の薔薇 (幻冬舎文庫 し 13-8)砂漠の薔薇 (幻冬舎文庫 し 13-8)
    (2008/04)
    新堂 冬樹

    商品詳細を見る


    結構新しい作品。

    「お受験」に関わる小説。かなりダークです。

    そもそも私立の「名門」というものに全く魅力がない僕にとっては知らない世界。(小説は国立でしたかね)

    まぁそんな幼稚園受験にかなりの力を注ぐ奥様方のお話で。事件が事件を呼んで。

    「できる子」ってのもまた扱いが難しいですよね。でも、影ってのも取り様ですけどね。

    なんていうか、いくつかのテーマを含んでいるために何とも言葉が……。

    とりあえず、新堂冬樹面白いです

    お受験しなきゃいられなかったり、収入の多少で無駄に見栄を張ったり無駄にお金を使わなきゃいけないような土地だったら僕は住みたくないなと切に思いました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    雨に殺せば

    読み終えました。

    黒川博行『雨に殺せば』
    雨に殺せば―黒川博行警察小説コレクション (創元推理文庫)雨に殺せば―黒川博行警察小説コレクション (創元推理文庫)
    (2003/11)
    黒川 博行

    商品詳細を見る


    黒マメコンビ第二弾。

    トリックやら事件より何より、黒マメの会話が良い!
    大阪弁楽しいですね。

    読みやすくていいです。

    黒田→黒木に変わってたらしいですが。

    100頁、150頁あたりの、経済的な話というか、銀行的な話は面白かったですね。

    また黒マメの小説は読みたいです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    読んだ本:400冊目まで

    ブログを始めてから読んだ本のリストです。
    301~400冊目まで。

    400.失踪者
    399.女奴隷は夢を見ない
    398.くさり
    397.ハリー・ポッターと死の秘宝(下)
    397.ハリー・ポッターと死の秘宝(上)
    396.千里眼 堕天使のメモリー
    395.冤罪者
    394.八月のマルクス
    393.リセット
    392.血塗られた神話
    391.天井男の奇想 倒錯のオブジェ
    390.キャッツアイころがった
    389.千里眼の教室
    388.切断
    387.人狼城の恐怖 第四部 完結編
    386.千里眼 ミッドタウンタワーの迷宮
    385.人狼城の恐怖 第三部 探偵編
    384.千里眼の水晶体
    383.人狼城の恐怖 第二部 フランス編
    382.人狼城の恐怖 第一部 ドイツ編
    381.銀行仕置人
    380.倒錯の帰結
    379.二度のお別れ
    378.檻の中の少女
    377.千年岳の殺人鬼
    376.翡翠の城 建築探偵桜井京介の事件簿
    375.八つ墓村
    374.銀行籠城
    373.倒錯の死角 201号室の女
    372.「食い逃げされてもバイトは雇うな」なんて大間違い 禁じられた数字(下)
    371.屋根裏の散歩者
    370.アルバイト探偵 拷問遊園地
    369.涼宮ハルヒの溜息
    368.親指さがし
    367.あかんべえ(下)
    366.あかんべえ(上)
    365.玄い女神 建築探偵桜井京介の事件簿
    364.金融探偵
    363.風化水脈 新宿鮫Ⅷ
    362.Killer X
    361.幸福荘の秘密 続・天井裏の散歩者
    360.銀の檻を溶かして
    359.ロシア紅茶の謎
    358.水霊 ミズチ
    357.未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿
    356.天井裏の散歩者 幸福荘殺人日記
    355.不思議の国のアルバイト探偵
    354.オレたちバブル入行組
    353.七瀬ふたたび
    352.家族八景
    351.鳥人計画
    350.水の殺人者
    349.千里眼 ファントム・クォーター
    348.女王陛下のアルバイト探偵
    347.驚愕の曠野
    346.奇跡島の不思議
    345.忌憶
    344.沈黙者
    343.メシアの処方箋
    342.螺旋館の殺人
    341.ダーク(下)
    340.ダーク(上)
    339.殺意・鬼哭
    338.京極夏彦「怪」 『巷説百物語』のすべて
    337.千里眼 The Start
    336.百鬼解読
    335.試験に出ないパズル
    334.魔術王事件(下)
    333.魔術王事件(上)
    332.翼ある闇
    331.仮面山荘殺人事件
    330.Q&A
    329.アルバイト探偵 調毒師を捜せ
    328.フリッカー式
    327.脳髄工場
    326.不祥事
    325.二重生活
    324.水車館の殺人<新装改訂版>
    323.屍鬼(五)
    322.屍鬼(四)
    321.屍鬼(三)
    320.屍鬼(二)
    319.屍鬼(一)
    318.文福茶釜
    317.葉桜の季節に君を想うということ
    316.人を殺す、という仕事
    315.シャーロック・ホームズの冒険
    314.白い家の殺人
    313.残虐記
    312.蜃気楼の殺人
    311.閉じ箱
    310.硝子のハンマー
    309.遭難者
    308.全日本じゃんけんトーナメント
    307.女子大生会計士の事件簿 DX.4企業買収ラプソディー
    306.アルバイト探偵
    305.麿の酩酊事件簿 月に酔
    304.株価暴落
    303.Fake
    302.冷たい密室と博士たち
    301.アルキメデスは手を汚さない
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    煙か土か食い物

    プログラミングの試験が筆記なのはどうなんでしょうね。
    “プログラムをデータで提出せよ”とかで、先生がコンパイルして実行・採点するとかだったらそれっぽいですが。コンパイルが通らなくて単位のもらえない学生続出とか、つまらないものばかりとかになるんでしょうね(~_~;)

    読み終えました。

    舞城王太郎『煙か土か食い物 Smoke, Soil or Sacrifices』
    煙か土か食い物 (講談社文庫)煙か土か食い物 (講談社文庫)
    (2004/12)
    舞城 王太郎

    商品詳細を見る


    初めて読んだ作者です。
    タイトルがふと目に付いて、メフィスト賞(第19回)受賞作なら…と買ってみました。

    一風変わった(寧ろおかしな)作品が集まると感じているメフィスト賞のものですが、かなり読みやすく、取っ付きやすいという利点もあります。

    この本は1ページ目から、わぁおって感じで。
    改行・形式段落は忘れたのですか?(笑
    スピード感溢れる文体ってこういうのか。形式に囚われていないとも言えるけど、形式を無視しているとも言える。
    フォントサイズも最近の講談社のものよりはるかに小さいです。フォントスタイルも合わせてあるようですね。細い。目が疲れないです。
    この形でずっと、っていうのは無理だと思います。

    それに…○ンコとか普通に書きすぎですよ。。○ァックとか。まぁそういうキャラ付けなのは解りますが。暴力シーンも多いですしね。

    最後になればなるほどと思えるのですが、途中、この主人公(四郎)は何なんだろうって不思議でした。回想では父と兄弟ばかりで、母親は殆ど出ない。なのに、母親の襲撃事件でかなり心乱されてる。それでも…。
    複雑です。

    この小説、面白かったです。意外にも。事件の手がかり部分とか、それだけでトリックとしてミステリーができそうです。

    残念なのは、英語を散りばめてるのですが、それが全てカタカナ表記なのが何とも。
    日本語の発音に無理矢理当てはめてますからね。

    また面白そうなの見つけたら読みたいです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad