logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    千里眼 美由紀の正体(下)

    本日2冊目の読み終え。

    松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体(下)』
    千里眼美由紀の正体 下 (2) (角川文庫 ま 26-108)千里眼美由紀の正体 下 (2) (角川文庫 ま 26-108)
    (2007/09/25)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る


    正体というか、真実というか。

    「まとめ」みたいな作品となってます。
    スーパーメインキャラクターをこういう風に扱うのはどうなんでしょうね。

    問題作?
    あぁ、確かに一部そう言われそうなテーマが。

    めちゃくちゃ戦闘だらけで暴力だらけのシリーズ小説ですが、この巻は泣けます。

    クラシックシリーズも読みたくなってきました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    千里眼 美由紀の正体(上)

    読み終えました。

    松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体(上)』
    千里眼美由紀の正体 上 (1) (角川文庫 ま 26-107)千里眼美由紀の正体 上 (1) (角川文庫 ま 26-107)
    (2007/09/25)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る


    すごい暴れよう。

    そして次から次へと事件が。

    少しずつ繋がっていたりするのがまた面白い。

    登場人物がたくさん。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー

    読み終えました。

    法月綸太郎 編『法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー 』
    法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー (角川文庫)法月綸太郎の本格ミステリ・アンソロジー (角川文庫)
    (2005/10/25)
    法月 綸太郎

    商品詳細を見る


    ミステリーアンソロジー?
    しかも海外作品たっぷり?

    まぁなんとなく買ったものですが、面白かったです。
    幅広い短編を一度に読めるというのも良いですね。
    しかも基本的にはオススメなものが並んでいるわけで。最も気になる日本語訳がどうのという点が殆ど心配いらない感じで。

    作品数が多いので感想は書けませんが。

    エラリークイーンとか楽しいですね。

    こういう本も良いです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    Fコース

    最近
    ・授業が曜日によって偏っているので、大学に行く日はカバンが重い
    ・カバンが重いので本の分もできれば軽くしたい
    ・読みたいが、カバンが重いので長く読みたくない
    などの理由で読書ができなくなっております。

    最大の理由は
    ・国家資格の勉強を……

    さて、読み終えました。

    山田悠介『Fコース』
    Fコース (幻冬舎文庫)Fコース (幻冬舎文庫)
    (2005/06)
    山田 悠介

    商品詳細を見る


    『Aコース』の続き。

    まぁ、Aコースで予想していたネタがこちらで使われただけでした。

    作中に登場するバッジスという画家については知りません(というか実在するのか?)が
    やっぱり興味湧かないですね。

    というか、薄すぎてもう小説だか何だかなぁ。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    Aコース

    syrup16gのCDを定価の2割引の3割引で買いました。

    読み終えました。

    山田悠介『Aコース』
    Aコース (幻冬舎文庫)Aコース (幻冬舎文庫)
    (2004/10)
    山田 悠介

    商品詳細を見る


    まず、コースAじゃないの?なんて思ってしまうのですが。
    Aコース、Bコースって続けていくと変な感じもしないのですが。

    うっすいです。

    高校生五人がテキトーな雰囲気でゲームをするという。

    ぱっぱっと進んでさくさくっと終わりますんでね。

    面白いと言えばそうですし。

    こんなもんじゃないですか。

    (軽く読むのを目的で買ったので問題なかったのです)

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    催眠 完全版

    NICO Touches the Wallsにハマっております。

    読み終えました。

    松岡圭祐『催眠 完全版』
    催眠 完全版 (角川文庫 ま 26-31)催眠 完全版 (角川文庫 ま 26-31)
    (2008/01/25)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る


    千里眼シリーズとは違います。
    何が違うって、こちらは結構現実目線というか。

    途轍もなく在り得ない、「遊び」みたいなものが少ない。

    催眠というものは僕も殆ど知らなかったです。イカサマに使われてるんでしょ?みたいな感じでしか。
    それだけ誤解もある分野ということで。「かかる」ものじゃないってのには衝撃を受けましたね。

    こっちのシリーズも面白いです。伏線も気に入りました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    心霊探偵八雲(3) 闇の先にある光

    日本のロックとミステリーって似ている感じですよね。
    正統派本格!みたいなものがあって(らしい)、他の独立している既存のものと結びついて「異色」が膨れ上がって。
    全くどれが「異色」か解りませんて。でも、軸はあるんだから不思議です。

    読み終えました。

    神永学『心霊探偵八雲(3) 闇の先にある光』
    心霊探偵八雲3  闇の先にある光 (角川文庫 か 51-3)心霊探偵八雲3 闇の先にある光 (角川文庫 か 51-3)
    (2008/09/25)
    神永 学

    商品詳細を見る


    事件が事件だけに、謎解きが面白い!って雰囲気ではないですが。

    八雲たちの些細な言動が楽しいです。

    今回のトリック、新鮮でした。(見方か敵か)まぁトリックと言わない人も多いでしょうが。

    八雲って漫画もあったんですね。
    読むつもりはありませんが。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    正月十一日、鏡殺し

    金曜の夜の新宿、池袋はめちゃ混んでました。みなさん飲み会とやらですか。

    読み終えました。

    歌野晶午『正月十一日、鏡殺し』
    正月十一日、鏡殺し (講談社文庫)正月十一日、鏡殺し (講談社文庫)
    (2000/01)
    歌野 晶午

    商品詳細を見る


    歌野の短編集。

    それぞれについて感想を。

    「盗聴」:無線をやっているので、まぁ無線の話題だなぁと。暗号の解読が難解。なかなか面白い。

    「逃亡者 大河内清秀」:そこまで話を作っておいて!という感じですが、なるほど短編の良さ。

    「猫部屋の亡者」:真実を見抜くのはそんなに難しくないでしょう。自然と頭はおかしくなるよなぁ…。

    「記憶の囚人」:ふ~ん。あんまり好きじゃないです。

    「美神崩壊」:恐。

    「プラットホームのカオス」:もっと長くできそうですね。別の側面でも解釈や見方ができるというのは良くあります。

    「正月十一日、鏡殺し」:あー…いらっとくる。そしてかわいそうに。



    これだけ面白いんだからもっと作品を出して、広く名前を出せれば…。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    金田一耕助ファイル4 悪魔が来たりて笛を吹く

    読み終えました。

    横溝正史『金田一耕助ファイル4 悪魔が来たりて笛を吹く』
    悪魔が来りて笛を吹く (角川文庫―金田一耕助ファイル)悪魔が来りて笛を吹く (角川文庫―金田一耕助ファイル)
    (1973/02)
    横溝 正史

    商品詳細を見る

    横溝正史の代表作とか言われているらしいですね。
    『八つ墓村』『獄門島』『本陣殺人事件』『犬神家の一族』『夜歩く』と、この作品くらいは読みたいなと思っていまして。
    『八つ墓村』に続いてその計画の2作目です。

    意外と面白かったです。
    文章が悪くないですね。(それもそうか)
    人物がややこしいのがやや難点ですが。最近のものがキャラ作りに勤しみすぎて解りやすいだけですか。

    トリックがどうのという話は止めておきます。
    だってこれをベースに書かれた作品がいたるところにあるようで、特にそこで感動を受けたわけでなし。

    ただ、砂に関しては単純ながらもなるほどと。
    体の刻印に関しても、そういうこともあるのかと。アルコールで皮膚が赤くなると見えるとかね。

    漢字の記述が今と違ったりしてそれもまた興味深い点で。

    読み始めるまではなかなか手が出ないのですが、他の有名作品も読みたいです。

    では($・・)/~~~
    関連記事
    • 獄門島


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    暗闇の教室(Ⅱ)悪夢、ふたたび

    筋肉痛です。

    読み終えました。

    折原一『暗闇の教室(Ⅱ)悪夢、ふたたび』
    暗闇の教室〈2〉悪夢、ふたたび (ハヤカワ文庫JA)暗闇の教室〈2〉悪夢、ふたたび (ハヤカワ文庫JA)
    (2001/12)
    折原 一

    商品詳細を見る


    ふむ。

    なんていうか、悪夢の繰り返し?無駄?(笑

    後半何が起こってるんだか。トイレばっかだし。

    最終的な部分では、折原にしては表面上きれいな完結。
    しかし、大袈裟に広げた分が回収しきれてないのでは?なんて思ってしまいます。

    作品の流れや雰囲気が変わらないというのは、ファンには良いでしょうが…。

    ま、折原作品も残すところあと3作ほどですし。(購入済みのものが)

    では($・・)/~~~
    【“暗闇の教室(Ⅱ)悪夢、ふたたび”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    暗闇の教室(Ⅰ)百物語の夜

    読み終えました。

    折原一『暗闇の教室(Ⅰ)百物語の夜』
    暗闇の教室〈1〉百物語の夜 (ハヤカワ文庫JA)暗闇の教室〈1〉百物語の夜 (ハヤカワ文庫JA)
    (2001/12)
    折原 一

    商品詳細を見る

    正直そんなに面白くないです。

    でもまぁ買ったんだし、もったいないかななんて(笑

    こんなに長い必要があるのだろうか。
    しかも同じ描写の効果のない繰り返し。
    あ、不可解さなら増しますよ。

    幽霊だとか怪奇現象だとか、軽々と持ち込むだけ持ち込んで、結局解決されないようなのはうんざりです。そういうのを主題にしてるわけでもなしに。

    それと、「海賊船の埋めた宝箱のように私を魅了した」との記述が。
    へぇ。船が宝を埋めた。それは興味深い(笑
    そんなちょっとおかしな文もちらほら。

    『青い山脈』?

    期待はしませんが、Ⅱ巻で綺麗に完結してもらいたい…。
    しかし章題を見ると既に残念な結末が…。。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    心霊探偵八雲(2) 魂をつなぐもの

    体調不良です。

    読み終えました。

    神永学『心霊探偵八雲(2) 魂をつなぐもの』
    心霊探偵八雲2  魂をつなぐもの (角川文庫 か 51-2)心霊探偵八雲2 魂をつなぐもの (角川文庫 か 51-2)
    (2008/06/25)
    神永 学

    商品詳細を見る


    解りやすい小説。

    いや、魂だ幽霊だ言ってる部分を除いての話ですよ?
    まぁそれも結構単純に書いてありますが。

    長編というほど長くはないですが、1冊で1つの話なので短編てことはないです。

    これだけストーリーやキャラクターがしっかりしているのは、漫画的でありながら、その世界観に容易に入れるので好きです。

    最近漸く3巻が出たとか出ないとか。
    早く読みたいです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    神のふたつの貌

    『教育』なんて無駄なものだと繰り返し言っている教授がいるという噂が。
    そんな教授は何を以ってしてその学問を究める道に就いたのでしょう。

    読み終えました。

    貫井徳郎『神のふたつの貌』
    神のふたつの貌 (文春文庫)神のふたつの貌 (文春文庫)
    (2004/05)
    貫井 徳郎

    商品詳細を見る


    なかなか読み進まない本でした。
    開いては閉じて、開いては閉じて…(笑

    “神の沈黙”というテーマがあるらしいですよ。
    重い・難解というよりは、小説に組み込むことが成功していると思えません。
    そもそもメインを教会と牧師さんに取っているところから、議論が中心となってしまってますので。

    事件の真相が驚愕かっていうとそうでもなかったです。
    これは伏線に気づいたのがいけなかったんでしょうが。
    牧師さんの名前なんだっけ……あ、2章には出てきてないなー。……なるほどそういうトリックか」(←ネタばらしに近い/注意)という次第で。

    神さまのこととか考えている余裕がない、なんて思ってる自分は今幸せなのか、それとも辛い境遇なのか。救いを必要としていないのか、救われることを諦めているのか。
    どうでも良いと行き着くあたり、特定の宗教でないということになるんでしょうね。
    やっぱり生活に結びついてないから、興味(?)も湧かないというか。

    では($・・)/~~~
    【“神のふたつの貌”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    桜闇 建築探偵桜井京介の事件簿

    読み終えました。

    篠田真由美『桜闇 建築探偵桜井京介の事件簿』
    桜闇―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)桜闇―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)
    (2005/09)
    篠田 真由美

    商品詳細を見る


    分厚いです。
    まぁ短編をたくさん詰めてあるので。

    二重螺旋の建物に関する4部作とか、海外での話しとか、いろいろあるって点では楽しいです。

    一つ一つの完結も、シリーズだからこそ。
    これがただの単発の短編だったら不完全な感じのものがいくつあるか…(笑

    京介と蒼は成長がどんどん描かれていくのですが、深春については…
    彼についてのエピソードが少ないのが残念です。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    悪夢のエレベーター

    先日『ガリレオΦ』を観ました。連続ドラマのやつも見ていたのですが。
    やっぱ面白いですね。まぁ、物理学科の女子学生が「物理学科を出てから就職がない」というのは絶対の事実ではないだろって気がしましたが。ドラマをきっかけに理系に興味を持つ子どもたちもいるかも知れませんし…。
    友人は「東野圭吾が物理学の教科書(参考書)を書けばいいんだ」みたいなこと言ってましたけどね。
    宣伝をうまくしたら売れるのかもしれないですね。

    はぁ。
    僕も、電磁気とか電気回路でわからない問題に出会ったら
    突然はっはっはと笑いだして「さっぱりわからない」とか「実に興味深い」とか言って…
    何の解決にもなってない

    磁気ヒステリシス曲線に苦労しているためにこんな長々と…(苦笑

    読み終えました。

    木下半太『悪夢のエレベーター』
    悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫 き 21-1)悪夢のエレベーター (幻冬舎文庫 き 21-1)
    (2007/10)
    木下 半太

    商品詳細を見る


    思わず笑ってしまうような場面がたくさん。

    そういう点では面白いのですが、なんか最後の方は無茶苦茶やりすぎて収拾ついてない感じであんまり。。

    楽しい小説ですが、まぁネタばれもしたくないので特に書くこともありません。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    霊柩車No.4

    実験のレポート、何を書けばいいのかが不明で難しいです。

    読み終えました。

    松岡圭祐『霊柩車No.4』
    霊柩車No.4 (角川文庫)霊柩車No.4 (角川文庫)
    (2006/10/25)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る

    まずは裏表紙のあらすじ(引用)
    その遺体、自殺じゃないな……。騒然とする現場で、ちょっとした痕跡から、死の真実を見破った男がいた。怜座彰光、39歳。数多くの遺体を回収し運んできた長い経験で培われたその鋭い観察眼は、物言わぬ遺体に残されたわずかな手掛かりを捉え死因を特定し、真実を看破する。知られざる職業、霊柩車ドライバーの舞台裏に迫り、陰謀に挑む孤高の男の大胆な活躍を描く異色の大型エンターテインメント。新しいヒーローの誕生!
    (引用終わり)

    千里眼シリーズとは全く違った、というか他でも見たことがないです。
    霊柩車ドライバーが事件を暴くなんて。

    ホント、知らない世界。

    死の真相、っていうのではかなり良い題材な感じです。
    怜座彰光でシリーズにしてもらいたい。

    リアルすぎると問題なのか、在り得ないような展開にしてあるのがやや残念でした。
    細部のいろんな知識があるのも松岡さんの面白いことろで。

    キャラ、ストーリー(進行)共に良かった作品です。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    冷たい校舎の時は止まる(下)

    続けて読み終えました。

    辻村深月『冷たい校舎の時は止まる(下)』
    冷たい校舎の時は止まる  (下) (講談社ノベルス)冷たい校舎の時は止まる (下) (講談社ノベルス)
    (2004/08/06)
    辻村 深月

    商品詳細を見る


    ホストの正体、自殺者の正体、共に意外でもなく。
    結構ヒントありましたし。

    ただ、菅原くんとか榊についてはおっと!

    あと、景子(だったかな)と家庭教師の関係においての、綺麗なことだけを選んで話したり、何かの話題を間に挟んでしか楽しく接せられないというような回想シーンが印象に残りました。
    まぁその他「なるほど文章にするとそういうことか」と人との関係や状況を納得できる点もあり。

    そうするとやっぱり、何でこの閉鎖空間精神世界でなくちゃならないのかなぁって思ってしまいます。
    そこがもっと普通の世界で描かれてたら。

    高校生が主人公の小説は当分要らないです(笑
    どうせこれと比べちゃうんで。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    冷たい校舎の時は止まる(中)

    めちゃくちゃキャラの濃い教授の授業にあたりました。

    読みえました。

    辻村深月『冷たい校舎の時は止まる(中)』
    冷たい校舎の時は止まる (中) (講談社ノベルズ)冷たい校舎の時は止まる (中) (講談社ノベルズ)
    (2004/07/06)
    辻村 深月

    商品詳細を見る


    図書館で借りて、なので上巻から間が開きました。

    不可解な現象によって閉鎖空間校舎に閉じ込められた男女8人。
    漸くそれぞれ面白く動き始め、各人の過去の切ない(?)『物語』が語られる。

    面白くないといえば、違う。
    軽いかというと、違う。

    まさに下巻と上巻の間の感がまるだしで、無駄に感じてしまいました。

    もう少し工夫したら上下巻に収められるだろうに。

    一人、また一人と決められた時刻で消えていく――しかも血塗れの人形が残って?
    どこのホラーですか。そういうのを含めて中途半端な巻でした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    美貌の帳 建築探偵桜井京介の事件簿

    専門の実験が始まりました。難しいのですが、面白いです。

    読み終えました。

    篠田真由美『美貌の帳 建築探偵桜井京介の事件簿』
    美貌の帳―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)美貌の帳―建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)
    (2004/09)
    篠田 真由美

    商品詳細を見る


    建築が絡んでいるようでびみょうな。
    どちらかというと演劇とか芝居の。

    それでもよくまぁ複雑な感じで面白いのを…。

    シリーズ第二部ということですが、蒼が成長していくってのがよく解ります。

    美貌ねぇ……。

    京介の推理はいつもながら不明です。なぜそんなとこに気づくんだ。。

    読むのに力の要る作品でした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad