logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    バクト!(Ⅶ)

    のんびり読むつもりが、電車やら待ち時間が多かったので2冊目です。

    読み終えました。

    海冬レイジ『バクト!(Ⅶ) The Gambler』
    バクト!〈7〉The Gambler (富士見ミステリー文庫)バクト!〈7〉The Gambler (富士見ミステリー文庫)
    (2006/03)
    海冬 レイジvanilla

    商品詳細を見る


    バクト!シリーズもこれで終わりです。

    ギャンブラー小説というか、博打小説というか、イカサマ小説というか…。
    あまり見ないジャンルで、楽しめました。

    登場人物はおかしなくらいばたばたしていましたし。

    『ダランベール原理』については、解ってみればなるほどな、と。
    実践するとどうなるんでしょうね。

    気になる終わり方をした小説でした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    久遠(下) 刑事・鳴沢了

    東京ビックサイト。合同企業説明会といいますか…。すごい量の人でした。

    読み終えました。

    堂場瞬一『久遠(下) 刑事・鳴沢了』
    久遠〈下〉―刑事・鳴沢了 (中公文庫)久遠〈下〉―刑事・鳴沢了 (中公文庫)
    (2008/06)
    堂場 瞬一

    商品詳細を見る


    ついに完結か?!

    鳴沢がいろいろやらかします(毎度のことですが

    仲間もたくさんいて、無駄にシリーズ作品でないなと。

    最後の方で明かされる事実に驚く暇もなく。
    終わり方好きです。

    新警察小説と書かれていた1巻が懐かしい。

    そういえば、レガシィ褒めまくりの作者でした。
    R34のGTRも描きかたがどうも…。
    良いとは思います。

    そんなわけで鳴沢了シリーズでした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    久遠(上) 刑事・鳴沢了

    なぜか忙しい。こういう日々をどこか羨んでた自分が懐かしい。

    読み終えました。

    堂場瞬一『久遠(上) 刑事・鳴沢了』
    久遠〈上〉―刑事・鳴沢了 (中公文庫)久遠〈上〉―刑事・鳴沢了 (中公文庫)
    (2008/06)
    堂場 瞬一

    商品詳細を見る


    ついにシリーズ完結か?と思わせるような内容。

    事件が見えない。

    相棒オールスター集結祭り?

    一つの幹から派生するわけじゃないんで、展開がころころと。
    テンポ良くてちょっと読みやすい。

    初の上下巻構成…さてどんな事件が顔を見せるか。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    月蝕の窓 建築探偵桜井京介の事件簿

    読み終えました。

    篠田真由美『月蝕の窓 建築探偵桜井京介の事件簿』
    月蝕の窓 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)月蝕の窓 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)
    (2007/09/14)
    篠田 真由美

    商品詳細を見る


    約1年ぶりに桜井京介シリーズを読みました。(前回は蒼の短編集だったので

    重い。
    二階堂蘭子シリーズは別の意味で重いのですが、これはこれで重い。

    日本の建築物が題材ということもあり、建築探偵らしさが出たかなと思いますが…。

    京介一人ではこんなにも暗いのか。

    心理学を扱っていますが、その扱い方も。。

    なるほど面白いです。
    いつもと違う満足感。

    早く文庫が出たらいいのに。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    国税査察官

    風雨が激しい。寒いさむい。

    読み終えました。

    立石勝規『国税査察官』
    国税査察官 (講談社文庫)国税査察官 (講談社文庫)
    (2008/07/15)
    立石 勝規

    商品詳細を見る


    気まぐれで買った本。

    面白そうとか期待せずに読んだわけですが、そこそこでした。
    訛りを表現しているのか、文章力の問題か、やや読みにくい。
    新聞社の方だからか、文に違和感はなかったのですが。

    なんか、作中の政治の話題が、まさに現在の状況と似ている部分もあり、驚き。

    脱税事件ってイメージできないのは、自分が働いてないからですかね。
    所得に対して税を払うっていう感覚が乏しいし。

    この作品は、ややこしさとか、文のかたさとか、そういうのを鑑みて
    講談社(文庫)らしい
    と思いました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    悪夢探偵

    読み終えました。

    塚本晋也『悪夢探偵』
    悪夢探偵 (角川文庫)悪夢探偵 (角川文庫)
    (2006/12/22)
    塚本 晋也

    商品詳細を見る


    実際、普通の角川文庫から出版されてるので、ホラーかどうかは知りませんが。
    文章の書き方と、それっぽい展開だったので。

    悪夢探偵―NIGHTMARE DETECTIVE なんてかっこよく書いてあるから騙されました。
    何が探偵か。

    いろいろ残念でした。

    警察の設定は最近のドラマか、っていうようなものですし。ありきたりというか、何ら意外でない。
    いっそ警察庁に帰りたいですごめんなさいとか言いはじめたら面白いのに(ぇ

    夢だか現実だか……って作品は多々あるはずですが、これはどうだろう。
    殆ど夢だし。

    著者のあとがきにイラっとくるのは、「探偵もの♪」みたいな態度だからでしょうか
    なんでも良いですが、僕は楽しめない作品でした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ROOM NO.1301 #10管理人はシステマティック?

    大学で合同企業説明会が。OBの方の話って面白いです。

    読み終えました。

    新井輝『ROOM NO.1301 #10管理人はシステマティック?』
    ROOM NO.1301 #10  管理人はシステマティック? (富士見ミステリー文庫)ROOM NO.1301 #10 管理人はシステマティック? (富士見ミステリー文庫)
    (2008/09/20)
    新井 輝

    商品詳細を見る


    おぉ。久しぶりに読んだ気がする。

    みんなどよーんとしてる。

    新しいことが起こっているのに、なんか終焉っぽい雰囲気が。

    八雲の態度が面白かった…かな。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    疑装 刑事・鳴沢了

    今日は電車の事故があちこちであったそうですね。

    読み終えました。

    堂場瞬一『疑装 刑事・鳴沢了』
    疑装―刑事・鳴沢了 (中公文庫)疑装―刑事・鳴沢了 (中公文庫)
    (2008/02)
    堂場 瞬一

    商品詳細を見る


    日系の外国人…なるほど、いろいろ難しいんですね。

    このシリーズは毎度疲れるのですが、今回はそうでもなく。

    その分、楽しみも少なかったのかなと。

    テーマの盛り込みがうまくなくて、浅すぎた感触。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版

    読み終えました。

    (今日の記事はそのうち追記するかもです)

    松岡圭祐『クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版』
    クラシックシリーズ5  千里眼の瞳 完全版 (角川文庫)クラシックシリーズ5 千里眼の瞳 完全版 (角川文庫)
    (2008/11/22)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る

    北朝鮮及び諸外国について、多面的な見方をしているのが新鮮でした。

    久しぶりに千里眼シリーズ読んで面白かったです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    神のロジック 人間のマジック

    読み終えました。

    西澤保彦『神のロジック 人間のマジック』
    神のロジック・人間のマジック (本格ミステリ・マスターズ)神のロジック・人間のマジック (本格ミステリ・マスターズ)
    (2003/05)
    西澤 保彦

    商品詳細を見る


    西澤保彦なめてました。
    めちゃくちゃ楽しめました。
    面白かったです。(たぶん、好みに合っていたというだけなのですが

    タイトルのかっこよさだけで図書館から借りてきたのですが、これなら文庫買っても良かったかなぁ。

    でも、このハードカバーならではの、真っ白な気分だからこそだったのかも。
    文庫だとどうしても裏表紙のあらすじにイメージをつけられちゃいますから。

    解説にもありましたが、一人の優秀な探偵がぐいぐい引っ張るんではなく、知恵のある者たちが話し合いによって推理するのは気持ち良いですね。わくわくする。
    もちろん、作者によるんですけど。

    文藝春秋の本格ミステリーマスターズ(このハードみたいなソフトカバーのシリーズ)は当たり作品が多いような気がします。

    次はこれを目安にしてみようか。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    幻想譚グリモアリスⅠ

    読み終えました。

    海冬レイジ『幻想譚グリモアリスⅠ されど魔刃の名のままに』
    幻想譚グリモアリスI  されど魔刃の名のままに (富士見ファンタジア文庫)幻想譚グリモアリスI されど魔刃の名のままに (富士見ファンタジア文庫)
    (2008/05/20)
    海冬 レイジ

    商品詳細を見る


    幻想譚グリモアリス、やっと読めました♪

    前シリーズは富士見ミステリーでしたが、ファンタジアに移って、新シリーズ。

    アコニットの服装は相変わらず。良いなぁ。

    誓護が今回はちょっと強い。これは面白くなりそうです。

    しかながら、毎度このシリーズは冥府の説明が乏しい…。

    2,3巻を買わなくては(何故か4巻は持っている

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    南極(人)

    今週は2日しか大学に行かないのです。

    読み終えました。

    京極夏彦『南極(人)』
    南極(人)南極(人)
    (2008/12/15)
    京極 夏彦

    商品詳細を見る


    『どすこい』シリーズと同じで、パロディ小説(タイトルだけ?)であり、ギャグ小説っぽい。

    第一印象は「ふざけた小説」。

    では久しぶりに短編毎の感想でも。

    {南極探検隊}
    『海で乾いていろ!』:なんじゃこりゃあ。オカルトだかホラーだか知りませんが、そういう話かと。うっかり。

    『宍道湖鮫』:U・M・Aらしいですよ。くだらない(笑)くだらない人たちがわたわたしています。『新宿鮫』なんて微塵も関係ない…。

    『夜尿中』:ちょっとまともになったか?なんて思った僕が馬鹿でした。まぁこれはこれで面白くなってきました。涙を流す仏像。


    『ぬらりひょんの褌』:「こち亀」とのコラボ。これは普通に面白かったような。中野が舞台なだけに“あの人”も登場しましたし。出版社違うのに(ぇ


    {帰ってきた南極探検隊}
    『ガスノート』:『デスノート』放屁版。この本には「尾籠な話」が出すぎですね。

    『探偵がリレーを……』:『探偵ガリレオ』の要素はいったいどこへ(・・?もはやリレーですらない。でもこの辺までくるともう慣れてしまって面白く感じている。

    『毒マッスル海胆ばーさん用米糠取る』:懐かしいですね。『独白するユニバーサルメルカトル』。なぜ海胆なんだ。うにうに。


    『巷説ギャグ物語』:このタイトルが一番しっくり。『巷説百物語』にちなんでいるんだし、又市さんの一人や二人…あ、あれも出版社が違うのか。これもコラボ作品です。


    京極さんの、雑誌に掲載されたもののまとめた本でしたが、なんとも。

    メインのキャラが気持ち悪いせいでしょうかね。

    「ルー・ガルー」がアニメ化するらしいですし。

    そろそろ京極堂に会いたいなぁ。

    では($・・)/~~~
    【“南極(人)”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    空色勾玉

    合同企業説明会に行ってきましたが。
    なかなか面白いですね。

    読み終えました。

    荻原規子『空色勾玉』
    空色勾玉 (トクマ・ノベルズ EDGE)空色勾玉 (トクマ・ノベルズ EDGE)
    (2005/09/21)
    荻原 規子

    商品詳細を見る


    紹介してもらって、図書館で借りてきたのですが。

    これは面白い。

    日本の神話を題材に、ファンタジーの世界。
    ジャンルとかどうでもいいんですが、楽しいです。

    古典的(悪く言えばありきたり)な展開に思える箇所もちらほらありますが、その手法を使うポイントを外していないということで、良いと感じました。

    そして、序盤32頁にて
    「だれも心若きあいだは、空高く茂りゆく木々が同じほど深く土の下へ根を伸ばしていることに気づかない。(以下略)」
    との言葉が何故かとても残りました。

    どうやら三部作構成なので、他2作も読みたいです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    天使と悪魔(下)

    読み終えました。

    ダン・ブラウン『天使と悪魔(下)』
    天使と悪魔 (下) (角川文庫)天使と悪魔 (下) (角川文庫)
    (2006/06/08)
    ダン・ブラウン

    商品詳細を見る


    宗教のものって興味深いです。

    カトリックと科学。ひたすらそれでした。

    終盤の展開は予想できたものの、なかなか面白く。

    話題作・ベストセラーというのも決して悪いわけじゃないなと。

    ただ、下巻に入ってからの節の最後が思わせぶりすぎてちょっとなぁ。

    取り敢えず、ヴァチカン市国(及びローマ)に行ってみたい気になりました(ぇ

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    天使と悪魔(中)

    漸く元気になってきました。

    実験もさくさくっと終わりましたし。

    読み終えました。

    ダン・ブラウン『天使と悪魔(中)』
    天使と悪魔 (中) (角川文庫)天使と悪魔 (中) (角川文庫)
    (2006/06/08)
    ダン・ブラウン

    商品詳細を見る


    そういえばこの作品は最近映画になったよなぁ…と思って調べたところ
    なんと5月でした。そんな前だったか。

    知力ゲームというか何というか。
    もっと科学の話題が絡めば良いのに。
    ※十分面白いです。

    さて、ラストはどうなるか。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    天使と悪魔(上)

    最近5限が続いて疲れてます

    読み終えました。

    ダン・ブラウン『天使と悪魔(上)』
    天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (上) (角川文庫)
    (2006/06/08)
    ダン・ブラウン

    商品詳細を見る


    『ダ・ヴィンチ・コード』の続編、ではなく、前編。
    この作品の後に『ダ・ヴィンチ・コード』らしいです。

    取り敢えずロバート・ラングドンの博識ぶりがすごいですね。

    そして今回は“科学と宗教”とも言えるテーマらしく、非常に楽しいです。

    上巻はあっという間に読み終えました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・ふぉー

    空を見て歩いていたはずなのに
    いつの間にかまた地面を見ていた
    気付けば振り返ることばかり

    読み終えました。

    新井輝『ROOM NO.1301 しょーとすとーりーず・ふぉー』
    ROOM NO.1301―しょーとすとーりーず・ふぉー (富士見ミステリー文庫)ROOM NO.1301―しょーとすとーりーず・ふぉー (富士見ミステリー文庫)
    (2008/01/15)
    新井 輝

    商品詳細を見る


    久しぶりにルームナンバー。
    短編集。

    不器用な人たちの物語(ぇ

    シーナとか出ないと非常に和やかです。

    ふぅ。

    いつも通りこのシリーズには感想がないです(笑

    面白いんだけど、何かを書きたいと思えないんですよね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    学ばない探偵たちの学園

    いつの間にか日曜日。

    読み終えました。

    東川篤哉『学ばない探偵たちの学園』
    学ばない探偵たちの学園 (光文社文庫)学ばない探偵たちの学園 (光文社文庫)
    (2009/05/12)
    東川 篤哉

    商品詳細を見る


    以前、『完全犯罪に猫は何匹必要か?』で少しのインパクトを与えてくれた作家。
    悪く言えば「しょーもない」ミステリー。今回も。

    裏表紙のあらすじ(引用)
    私立鯉ケ窪学園に転校した赤坂通は、文芸部に入るつもりが、何故か探偵部に入部してしまう。部長の多摩川と部員・八橋とともに部活動に励むなか、学園で密室殺人事件が発生! 被害者は、アイドルを盗撮しようとしたカメラマン。妙な名前の刑事コンビや、個性派揃いの教師たちが事件をかき回すなか、芸能クラスのアイドルも失踪! 学園が誇る探偵部の推理は!?
    (引用終わり)

    探偵部。
    そのメンバーは特徴あって面白い。
    ちなみにその存在を学園は誇ってませんて。

    それと、細かいところに笑いが。

    密室モノとしては、自分の予想外のトリックと結末であったという点で、良かった。

    どたばたして気楽に読めるミステリー(?)。

    ま、これは少し面白かったかな。満足はしてませんが(ぇ

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    オオカミさんと七人の仲間たち

    メールサーバーがパンクしないのだろうか。
    企業からの紹介メールがたくさんきています。
    ところで今日は大学の授業初日。
    眠くない。
    でも、頭が重い。

    読み終えました。

    沖田雅『オオカミさんと七人の仲間たち』
    オオカミさんと七人の仲間たち (電撃文庫)オオカミさんと七人の仲間たち (電撃文庫)
    (2006/08)
    沖田 雅

    商品詳細を見る


    僕があまり読まない電撃文庫。
    「オオカミさんと~」というシリーズで最近人気っぽいです。

    ですが、結構微妙でした。

    面白くないことはない。

    …落ち着く評価は“微妙”。
    なんて便利な言葉(笑

    キャラを作るのに懸命になりすぎて、かなり言葉遣いがおかしいです。
    無理が出てますってその語尾。
    全体の設定は、あまりに定番だったらラノベとしては面白味に欠ける気もするんで、これで良いのかなと。


    出ました。291ページ。
    まぁもう何度も書いていますが、また出た!という気分。
    「五十万ボルトの電流が流れるんですのよ。」
    へぇ。
    実際、僕の知らない何か取り決めがあるのかな、と思ってきますよね。
    スタンガンに関しては、電流の単位をボルトで表記する
    とか。

    ま、図書館とかにあったら続き読みたいなーみたいな本でした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ミッキーマウスの憂鬱

    10月です。これからの日々がどうなるのか不安がたくさん。
    まぁ落ち着いて少しずつやっていかなきゃな。

    読み終えました。

    松岡圭祐『ミッキーマウスの憂鬱』
    ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)
    (2008/08/28)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る


    とあるテーマパークを題材にした小説。
    別に暴露本ってことはないですが、一般の目に触れない裏方を題材としてますので…
    ファンの方は読まないほうが良いのかもしれませんね。

    面白かったです。

    題材の新鮮さだけに頼ることなく、一人の準社員の成長が楽しめるというか。

    松岡作品にはいつも潜んでいる、社会への意見(?
    ストレートではあるし、どうしようもない場合も多く。
    実際、それを認めたら良くないということも多く。
    しかし、なんとなくそういう見方もあるよ、って出てくるのが好きです。

    取り敢えず、千里眼シリーズが読まずに放置されているからどうにかせねば(ぇ

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad