logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    断章のグリム(Ⅰ)

    昨日、読み終えました。

    甲田学人『断章のグリム(Ⅰ) 灰かぶり』
    断章のグリム〈1〉灰かぶり (電撃文庫)断章のグリム〈1〉灰かぶり (電撃文庫)
    (2006/04)
    甲田 学人

    商品詳細を見る


    別にゴシックとかロリータとかいう服装が好きでこの本買ったわけじゃないですよ

    率直に言って、面白かった。

    童話に事件を結びつけるという(その関連性の前後はさておき)手法は嫌いじゃないです。
    うまくできてるし、まぁ良いシリーズなんじゃないかなと。

    灰かぶり がサブタイトルにあるように、メインにはその物語があるようですが、それだけでなく。
    というか、あまり文章に引っかかりがなかったのはベテラン(らしい)作者だからか…(・・?

    ただ、毎度毎度この調子だと、“文学少女”みたいに読むのに力が要るようになるのかも。

    さて、2巻を買いに行かなくては。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    グラスホッパー

    電車内であまり変な発言をすると周りに迷惑ですよ(ぇ

    読み終えました。

    伊坂幸太郎『グラスホッパー』
    グラスホッパー (角川文庫)グラスホッパー (角川文庫)
    (2007/06)
    伊坂 幸太郎

    商品詳細を見る


    大学生に人気だという伊坂幸太郎。
    なるほど、ラノベっぽいな(ぉぃ

    展開がおかしい。
    いや、話の流れはちゃんとしてる…と思う。
    しかし、むちゃくちゃではある。

    なんでしょうね、この、殺し屋業界ってな微妙な空気。

    それっぽい悪の組織が、でてきましたかそうですか。

    とりあえず、期待していただけに、何が面白いのかなと探しているうちに読了してしまったと。

    違うんだよなぁ。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ライン

    読み終えました。

    乃南アサ『ライン』
    ライン (講談社文庫)ライン (講談社文庫)
    (1997/11)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    「パソコン通信殺人事件」改題作品。

    いまのインターネット通信とは違う部分もありますが、チャットルームで会話していく環境は容易に想像がつきます。

    切ないなぁ。
    最後の最後にでてくるこの事実。

    トリックともいうべき方にも驚きがありますが、それ以上にパソコン通信の昔からの姿がなんとも。

    久しぶりに読みましたが、乃南アサは良い。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ユウ 日本国民全員参加テレビ新企画

    「機械」「電気・電子」「情報」系の学生を対象にした合同企業説明会があります。
    やっぱその分野は幅広いんだろうか。

    読み終えました。

    清涼院流水『ユウ 日本国民全員参加テレビ新企画』
    ユウ―日本国民全員参加テレビ新企画 (幻冬舎ノベルス―幻冬舎推理叢書)ユウ―日本国民全員参加テレビ新企画 (幻冬舎ノベルス―幻冬舎推理叢書)
    (1999/12)
    清涼院 流水

    商品詳細を見る


    『全日本じゃんけんトーナメント』の続編のようなもの。
    前回同様、規模はでかいし、ネタは新鮮。

    なんてったって、国民全員参加のテレビ番組ですから。

    そして何よりラノベ―まだまだ少しですが―を読んだ後に流水の小説を読むと、まだいける。
    だてに京大じゃない。というか、軽さの中にもきちんとしたものが見える(気がする
    ラノベ書いてる人にだってすごい人はいっぱいいると思いますよ。そういう文体狙ってたり。

    要するに、読みやすいけど、、それだけじゃなくてそこそこ楽しめてよかったなと。

    ただ、いつも風呂敷を広げすぎた感があるのは…。

    流水、他にも読んでみようかという気になってきました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    QED ~ventus~ 御霊将門

    研究室をいろいろ見学していると、大学院に進むのも良いかもなぁなんて思ってしまいます。

    読み終えました。

    高田崇史『QED ~ventus~ 御霊将門』
    QED~ventus~御霊将門 (講談社文庫)QED~ventus~御霊将門 (講談社文庫)
    (2009/11/13)
    高田 崇史

    商品詳細を見る

    大怨霊・平将門。そのゆかりの地を巡って桑原と棚旗姉妹。

    靖國神社や神田明神など、ちゃんと行ったことはないけれど、名前は知っているし場所の近いところから始まって非常に面白かったです。
    さてそこからは飛ぶわけですが。

    今回のventusは悔しいことに少し楽しさが少なかった。
    歴史についての考察は十分なのですが、現実の事件がちゃちい。

    それと、将門についてもっと知っておけばよかったなぁと。今度はこの本をガイドに神社をまわりたいもんです。

    そんなわけで続編『河童伝説』が気になります。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    相剋 警視庁失踪課・高城賢吾

    読み終えました。

    堂場瞬一『相剋 警視庁失踪課・高城賢吾』
    相剋―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)相剋―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)
    (2009/04)
    堂場 瞬一

    商品詳細を見る


    失踪課の面々のキャラクターを忘れそうだったので、前回から近いけど読みました。

    あんまり人物出てこなかったですけどねー。

    そんなに面白くなかった…かな。
    失踪事件からの発展は解るんですが、なんだかもやもやする。

    非公式に捜査するのがめっちゃ悪いように描いてあるからでしょうか。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    迷路館の殺人<新装改訂版>

    髪切ってきました。なんか最近伸びるの早いなー

    読み終えました。

    綾辻行人『迷路館の殺人<新装改訂版>』
    迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)
    (2009/11/13)
    綾辻 行人

    商品詳細を見る


    もう何回読んだことか。
    記事にしただけでも
    http://logblog99.blog70.fc2.com/blog-entry-79.htmlhttp://logblog99.blog70.fc2.com/blog-entry-263.htmlと2つもありました。そういえば文学の授業の論文題材にしたんだっけか。

    迷路館。とても好きです。

    毎回読むたびに面白さが違う。

    メインのトリックはとてもインパクトがあるため、それを意識せずに読むことは不可能。
    普通のミステリーならば、こういうタイプは一回読んだらつまらなくなるんですけどね。(初回が面白すぎる

    綾辻さんは若さゆえの…みたいなことを言ってますが、かなりのもんですよ。

    大小のネタが詰まってることも再確認。数年経つと新たな視点になってるんですね。

    今回の新装改訂版は帯の文句が下手…というか、ちょっと良くないので、まぁそれを見ないようにして買って読むと良いと思います。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    蝕罪 警視庁失踪課・高城賢吾

    少しばかり風邪気味です。

    読み終えました。

    堂場瞬一『蝕罪 警視庁失踪課・高城賢吾』
    蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)
    (2009/02)
    堂場 瞬一

    商品詳細を見る


    今まで、鳴沢了シリーズを読んでいたわけですが、新シリーズとでも言うべきもの。

    失踪課。

    目立たないようですが、非常に面白い部署だと思います。それぞれの人員が個性的に描かれすぎているきらいはありますが。

    鳴沢と同じような行動が見られるものの、彼よりもどこかふわふわとしている高城。

    こっちのシリーズのほうが好きかもです。

    では($・・)/~~~
    【“蝕罪 警視庁失踪課・高城賢吾”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    顔のない敵

    会社説明会が平日に用意されてたりするわけですが……真面目に大学行ってちゃいけないのかな、なんて思ってきますよ。

    読み終えました。

    石持浅海『顔のない敵』
    顔のない敵 (カッパ・ノベルス)顔のない敵 (カッパ・ノベルス)
    (2006/08/22)
    石持 浅海

    商品詳細を見る


    対人地雷に関するミステリー。
    いや、対人地雷をテーマに、フィクションを作成したっていう感じです。

    作者がきちんと扱おうとしたために、結構重みのある作品たちに。

    NGOの側面であったり、対人地雷の現状であったり、その除去についてとか…。

    石持浅海はまだそんなに読んでないですが、文に変な癖が感じられず読みやすい。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    絶望ブランコ

    読み終えました。

    大石圭『絶望ブランコ』
    絶望ブランコ (光文社文庫)絶望ブランコ (光文社文庫)
    (2009/11/10)
    大石 圭

    商品詳細を見る


    新刊で、昨日買って、早速読みましたよ。
    どんだけ大石圭好きなんだよ
    気分です、気分。面白かったです。

    サーカスって小説ではちらほら見るんですが、本物は見たことないような…。
    たぶん体験がないから、その興奮とかイメージができない。

    「姉は盲目の娼婦。弟は連続殺人犯。」
    読み進めるうちに、段々衝撃が薄れるっていう大石作品のパワー。

    しかしまぁ、最近の大石作品は「性」に関するものが多いですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    百億の星にリリスは祈り

    通勤時間帯の東京の電車はすごいですね。

    読み終えました。

    細音啓『百億の星にリリスは祈り 黄昏色の詠使いⅧ』
    黄昏色の詠使いVIII  百億の星にリリスは祈り (富士見ファンタジア文庫)黄昏色の詠使いVIII 百億の星にリリスは祈り (富士見ファンタジア文庫)
    (2008/12/20)
    細音 啓

    商品詳細を見る


    この巻は…ラノベの…というかファンタジーやらそういった分野の必然とも言うべき巻。
    要するに、その世界を構築するための説明。設定の説明。
    それをこのシリーズの言葉でゆるゆると、緊張感ありつつ、描かれてます。

    でも、1巻の殆どを費やした印象。
    ちょっと疲れます。

    でも泣けてくるんですよねぇ。このシリーズ読んでると。

    さて、ストックが尽きた。次の巻を買わなくては。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    厭な小説

    読み終えました。

    京極夏彦『厭な小説』
    厭な小説厭な小説
    (2009/05/14)
    京極 夏彦

    商品詳細を見る


    厭な小説でした。

    短編集なので一応それぞれについて。

    「厭な子供」:やばいですって。読後感がかなり悪い。姿かたちがどうじゃなく、ラストがもう…。
    「厭な老人」:これまた汚い。厭ですね。吐き気が。
    「厭な扉」:これはこの作品群の中ではパワーが乏しく、どうってことないですね。
    「厭な先祖」:ううん…。厭だろうか。やっぱ厭だろうなぁ。閉じておくものは閉じておかにゃ。
    「厭な彼女」:ぐはぁ。これはすごい厭です。狂いますって。天邪鬼がエスカレートしたのかとも思えますが、違いますわな。「厭って何?」みたいな。概念のずれ。
    「厭な家」:厭なリピート。こりゃ住みたくなくなります。
    「厭な小説」:ふむ。意味不明(笑

    全体的に、要するに「厭な話」が詰まってます。
    憂鬱になったりするんではなく、嫌悪感とも言うべきもの。
    本を投げたくなるのでなく、ゴミ袋に入れて捨てたくなる感じ(図書館の本なので絶対しませんが

    京極夏彦、これはある意味ですごい。装丁も凝ってますし。(ものすごく古い本に見える

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    眩暈

    頭がぼーっとしていた一日でした。

    読み終えました。

    島田荘司『眩暈』
    眩暈 (講談社文庫)眩暈 (講談社文庫)
    (1995/10)
    島田 荘司

    商品詳細を見る


    すごいですね。毎度思いますが、島田荘司の名が売れているのはやはり作品に力があるからなんですね。

    御手洗潔がただの名探偵でないのは、日本だけに囚われない思考をすぐにできるからでしょうか。
    ちなみに「コリオリ」については僕も気付きました。

    そして、この本、7/3に『邪魅の雫』の再読が終わってから読み始めましたので、優に4ヶ月…と一瞬考えましたが、『水晶のピラミッド』以来なので3ヶ月弱…あ、やっぱ長い期間だった。

    とりあえず、面白いです。
    これはミステリーか、と疑問に思う謎だらけ。でも、たしかに謎=ミステリー。
    眩暈を起こしそうな壮大な作品。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ラグナロク洞 ≪あかずの扉≫研究会影郎沼へ

    実験にて、半導体レーザーを使いました。20万円ですって。

    読み終えました。

    霧舎巧『ラグナロク洞 ≪あかずの扉≫研究会影郎沼へ』
    ラグナロク洞―“あかずの扉”研究会影郎沼へ (講談社文庫)ラグナロク洞―“あかずの扉”研究会影郎沼へ (講談社文庫)
    (2005/05)
    霧舎 巧

    商品詳細を見る


    霧舎巧が、新本格ミステリー作家というだけあって、しっかり新本格で楽しいです。

    ミステリー要素を多分に含んでいながら、キャラクター性もあり、読みやすい。

    人がばったばった死んでいくし…。

    トリックも面白かったです。

    いろんな推理に、相応の論理があり。

    こういうのがやっぱり好きなのかなぁ。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    風が吹いたら桶屋がもうかる

    コンサルタントの方の講演をきいてきました。
    メーカーに対して仕事されてるだけあって、いろいろ面白い話がきけました。

    読み終えました。

    井上夢人『風が吹いたら桶屋がもうかる』
    風が吹いたら桶屋がもうかる (集英社文庫)風が吹いたら桶屋がもうかる (集英社文庫)
    (2000/07)
    井上 夢人

    商品詳細を見る


    どこかの新書みたいなタイトルです。
    中身はしょうもない小説でした。低能力な超能力者と、怪しい理論を構築するやつと…。
    ぐだぐだやった末、なんじゃこりゃ、となります。

    章の名前が興味深かった。
    「風が吹いたらほこりが舞って」
    「目の見えぬ人ばかり増えたなら」
    「あんま志願が数千人」
    「品切れ三味線増産体制」
    「哀れな猫の大量虐殺」
    「ふえたネズミは風呂桶かじり」
    「とどのつまりは桶屋がもうかる」
    初めて知りましたよ。(これが正しいのかどうかは知りませんが

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    邪馬台洞の研究

    読み終えました。

    田中啓文『邪馬台洞の研究 私立伝奇学園高等学校民俗学研究会』
    邪馬台洞の研究 (講談社文庫)邪馬台洞の研究 (講談社文庫)
    (2009/03/13)
    田中 啓文

    商品詳細を見る


    民俗学研究っていうか、洞窟探検隊っぽいですが(笑

    邪馬台国がどこにあるかっていう真面目な議論から、なぜこんな結末に……。
    非常に愉快。面白い。

    わんこそばが出てくる「人喰い洞の研究」はなかなかに微妙な感じです(ぇ

    そんなわけで三部作の二作目でした。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad