logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    2009年も終わりです

    最近風邪を引いたようで体調がよくなく、本が読めません。よって大晦日ではないですが、今年最後の記事を書いておこうかと。次回更新(読書)は年明け4日頃かなと思います。

    去年と今年ではかなり違いましたね。

    1月の成人式、3月の旅行の連続。
    そこから先の生活は今までとは大きく違ったものに。

    就職活動や、専門科目がどしどし入ってきたのもありましたね。

    たった1年、なんて思っていましたが、去年の記事をみたらびっくりでした。
    今年はじめたことと言えば……?
    細かいことで言えば、エレキギターを少し興味を持って触り始めたことでしょうか。

    まぁいろいろなことがあって、とても充実したと感じられる1年でした。
    感謝できるような気持ちでいられるので、まだ良いのかなと。


    さて、今年は『千里眼 シンガポール・フライヤー(上)』(ブログ開始から493冊目)から始まり、『幻想譚グリモアリスⅡ 千の獣が吼ゆるとも』(ブログ開始から720冊目)で終わります。まさかラノベで終わるとは

    つまり、228冊読んだと。

    ブログを遡ってご覧頂ければ解ると思いますが、ここ数年、増加傾向にありました。
    29冊少ないということは、約1月分本をのんびり読んでいたのですね。

    来年の目標…はひとまず就職と研究ですかね。
    私的なところでは、せっかくPCを買い換えたのだから、もっとスキルアップをしたいとか。

    読書に関しては、2009年あまり読まなかったホラーについて増強したいなと思っています。(夏が忙しかったからかな

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    幻想譚グリモアリスⅡ

    体調が少しよくないようだ。

    読み終えました。

    海冬レイジ『幻想譚グリモアリスⅡ 千の獣が吼ゆるとも』
    幻想譚グリモアリスII  千の獣が吼ゆるとも (富士見ファンタジア文庫)幻想譚グリモアリスII 千の獣が吼ゆるとも (富士見ファンタジア文庫)
    (2008/10/20)
    海冬 レイジ

    商品詳細を見る


    表紙の絵がなんとも…別に制服とか要らないですって。

    アコニットが面白いですね。前作以前よりはるかに誓護に近づいて。

    ミステリーとは言えなくなってしまいましたが、戦略的に戦おうとする様が好きです。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    行方不明者

    読み終えました。

    折原一『行方不明者』
    行方不明者 (文春文庫)行方不明者 (文春文庫)
    (2009/09/04)
    折原 一

    商品詳細を見る


    折原一のスタイルにうんざりして遠のいていたのですが、ふと手にとって読み始めてしまいました。
    「○○者」シリーズはまだ面白いですね。

    しかし、折原も年なのか、やっぱスタイルのせいか、つまらなくなってますね。
    なんというか、“そこそこ”みたいな感想がすぐ浮かんでしまう。
    この作品ひとつを真剣に読んだら、もう少し楽しめるのかなとも思いますが、
    結局以前の作品よりも簡単になってますしどこかピンボケしたような印象は拭えません。

    ミステリーではなく、
    裏表紙にあるように、
    もはやサスペンス。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ACIDMAN LIVE TOUR "A beautiful greed"

    ACIDMANのライブツアーファイナルに行ってきました。武道館ですぶどうかん。

    曲目(もう忘れまくり)は追記の方で。

    さて、ライブでの感想を箇条書きで。
    ・寒い。
    ・入場のタイミングが不明
    ・長袖はちょい暑い
    ・つまりTシャツ買え
    ・観るのは2Fの方が良かったかもだが、アリーナのノリが素晴らしい
    ・腕時計邪魔
    ・周りの人、足踏んでごめんなさい
    ・掛け声(コーラス)のある曲は覚えておいた方が楽しい
    ・帰りに意外と待つ

    しかしまぁ、楽しいです。曲とかMCとかだけじゃなくて、雰囲気が。
    ライブ、もっといろいろ行ってみたいですね。
    お金と時間の都合がありますが。

    では($・・)/~~~
    【“ACIDMAN LIVE TOUR "A beautiful greed"”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    戦嬢の交響曲(2)

    ライブにいって、すごいテンションがあがりました。すると、通常のテンションがあたかも低いように感じられるのです。

    読み終えました。

    築地俊彦『戦嬢の交響曲(2)』
    戦嬢の交響曲(せんじょうのシンフォニア) 2巻 (ファミ通文庫)戦嬢の交響曲(せんじょうのシンフォニア) 2巻 (ファミ通文庫)
    (2007/05/30)
    築地 俊彦

    商品詳細を見る


    絵が好きだなぁ。

    さて、2巻です。

    思春期の女の子にしか倒せない敵が出てくるラノベということで、設定にやや疑問が沸いてしまうのですが(笑
    なんかまぁ、それなりにきちんとしてる気になってきます。

    理不尽なようにも、軽薄なようにも思えるラストですが、結構効果的。

    このシリーズは買うことに決定です。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    付喪堂骨董店

    夕方から会社訪問して、技術講演とか聴いてると、眠くなってk…。

    読み終えました。

    御堂彰彦『付喪堂骨董店』
    付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います (電撃文庫)付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います (電撃文庫)
    (2006/10)
    御堂 彰彦

    商品詳細を見る

    “堂”の字がすきなんですかね、作者は。

    さて、ちょっと変わったライトノベル。
    不思議な骨董品(?)がでてきて、ごちゃごちゃやる作品。
    面白かったです。

    つーか設定がずるい。
    身近にある“モノ”を対象に、魅力的な不思議を重ねたらどんどん続きそう。

    まぁもちろん、キャラも魅力を持ってるのですが。

    続けて2巻を読んで、検証したいと思います(偉そう

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ストロベリーナイト

    日中でもかなり寒いですね。

    誉田哲也『ストロベリーナイト』
    ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
    (2008/09/09)
    誉田 哲也

    商品詳細を見る

    これはまた変わった警察小説です。

    かなり残酷。

    後半、ストーリーの進行が早いのに…メインキャラの重心がずれていってる気がしてあれれ。

    衝撃的な事実と言えばそうですが、それより、登場人物の濃さの目立つ作品。

    面白かったんですかね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    天岩屋戸の研究

    先週は渋谷や後楽園にいったり、今日は新橋にいったりと、東京っぽいところに行ってます。
    ビル群ってカッコいいけど、段々疲れてきますね。

    読み終えました。

    田中啓文『天岩屋戸の研究 私立伝奇学園高等学校民俗学研究会』
    天岩屋戸の研究 (講談社文庫)天岩屋戸の研究 (講談社文庫)
    (2009/07/15)
    田中 啓文

    商品詳細を見る


    ついにこのシリーズも完結。
    ふざけたような技で戦闘したり、真面目らしい民俗学の話をしたり、地口で話を終わらせたりしていたこっらの作品。

    今回の怪しいところで怪しい人たちとごちゃごちゃやって…。

    ラスト付近の考察はそこそこちゃんとしてましたね。
    いや、もちろん<独楽>の技はおかしいですが。

    多くの人には受け入れられなさそうな作品ですが、実はこういったギャグ小説(?)は作るのが難しいらしい。
    解説で誰かが、ジャズと落語に通じるとかなんとか書いてたような。

    取りあえず、ミステリーもあるらしいので思い出したときに読むかな。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    クラシックシリーズ6 千里眼 マジシャンの少女 完全版

    読み終えました。

    松岡圭介『クラシックシリーズ6 千里眼 マジシャンの少女 完全版』
    クラシックシリーズ6  千里眼 マジシャンの少女 完全版 (角川文庫)クラシックシリーズ6 千里眼 マジシャンの少女 完全版 (角川文庫)
    (2008/11/22)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る


    お台場に巨大テーマパーク。それも、カジノ。
    そういや公営ギャンブルについてのラノベを読んでいたなぁ…。

    まぁあれです、面白いです。
    岬さんすごいっす。
    本の厚さの割には登場してませんが。

    マジシャンの少女、懐かしいという感じですね。
    サブタイトルになってますが、それほど活躍しているとも思えず。

    漸く7巻も買えたので、ぼちぼち読んで、クラシックシリーズを完結させようかな。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    塔の断章

    せっかくの会社説明会なのに、そういった場が向いてなさそうな人事の方が来ているのは疑問です。

    読み終えました。

    乾くるみ『塔の断章』
    塔の断章 (講談社文庫)塔の断章 (講談社文庫)
    (2003/02)
    乾 くるみ

    商品詳細を見る


    作者はすごいです。
    とは言ったものの、面白くはありませんでした。

    まぁ単純に、途中まで読んだところで、大きなトリックは解ってしまったのです。
    それだけフェアな書き方だったんですけどね。
    細かいネタでちょこちょこ楽しんだからいいかな。

    断章。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    戦嬢の交響曲(1)

    最近、授業中に寝ることがないなぁ。

    築地俊彦『戦嬢の交響曲(1)』
    戦嬢の交響曲1 (ファミ通文庫)戦嬢の交響曲1 (ファミ通文庫)
    (2006/12/25)
    築地 俊彦

    商品詳細を見る

    ついにファミ通文庫を買ってしまいました。
    表紙の女の子、かっこいいですね。

    さて、実はこの作者、別作品で読んだことがあります。左の検索窓で検索したら出てきますが…。
    そんな感じにならなくてよかったです。

    というか、この作品、面白いです。

    戦闘シーンも飽きることなく、設定自体も興味を持てる。

    ただ、王道のにおいがぷんぷんしており、独創性が隠れています。

    つんつんしている女の子が和らいでいく様はきらいじゃないですが。

    取りあえずシリーズ読もう。

    では($・・)/~~~


    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    不発弾

    久しぶりに休みな感じです。土日に出かけてるからでしょうね。

    読み終えました。

    乃南アサ『不発弾』
    不発弾 (講談社文庫)不発弾 (講談社文庫)
    (2002/01)
    乃南 アサ

    商品詳細を見る


    もうすごいです。ストレスの溜まる本です(だめじゃん
    あ、本当は、ストレスに押し潰されそうな人を描いた本です。

    「かくし味」:ホラーテイスト。ラストでは、半ば予想通りではあるものの、恐怖ではなく、なぜか和む。
    「夜明け前の道」:疲れるよなぁ。
    「夕立」:読んでてイライラします。
    「福の神」:涙が出ますわ。飲み屋さんって面白い。
    「不発弾」:表題作。もっと派手に爆発してほしかった。家族内の重大な“秘密”…。仕事をしていて家庭を顧みない。そんな風にしているのは本人のせいだけじゃないのかもしれません。
    「幽霊」:すかっとします。創造。

    乃南アサはすばらしく愉しめる作家です。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    キーリ

    本日、4時間もただ部屋に缶詰にされていまして。
    去年は何をしていたっけなぁ。
    …と思ったら、五十嵐なんて読んでたんですね。忘れてました。

    壁井ユカコ『キーリ』
    キーリ―死者たちは荒野に眠る (電撃文庫)キーリ―死者たちは荒野に眠る (電撃文庫)
    (2003/02)
    壁井 ユカコ

    商品詳細を見る


    借りたものです。

    あぁ、最近どんどん電撃文庫を読んでいる(・_・;)

    ところで、キーリは面白いです。
    どことなく『3×3 EYES』に似ている気がして。
    不死人と旅。
    いいですねぇ(ぇ

    表紙のイラストはそうでもないんですが、挿絵の方はなんか少女マンガチックでした。

    そして、どこぞの大賞受賞作のせいか、とても“単発作品”っぽかったです。
    いや、悪い意味じゃなく、きちんとした終わりだったということで。

    続きが読みたくなってしまいました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    坊っちゃん

    日曜日に、国立西洋美術館いってきました。
    こちらの特別展目当てでね。
    古代ローマ帝国、すごいですよ。

    読み終えました。

    夏目漱石『坊っちゃん』
    坊っちゃん (新潮文庫)坊っちゃん (新潮文庫)
    (1950/01)
    夏目 漱石

    商品詳細を見る


    時代が違うのを感じさせるような言葉遣いでありながら、非常に読みやすい。

    直情的な“坊っちゃん”先生の振舞いが面白い。

    周りの一般大衆としての態度…なるほどなぁ。

    教科書として扱ったら、これはこれで愉しめるだろうなと思いました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    NIGHT HEAD DEEP FOREST

    読み終えました。

    飯田譲治『NIGHT HEAD DEEP FOREST』
    NIGHT HEAD DEEP FOREST (講談社文庫)NIGHT HEAD DEEP FOREST (講談社文庫)
    (2006/10/14)
    飯田 譲治

    商品詳細を見る


    3篇。
    直也と直人の研究所での話。

    なんだか、おまけ感が出すぎててちょっと。

    まぁ、そんなもんか、と。

    1週間、ナイトヘッド漬けでしたが、楽しかったです。

    取りあえず、暫く超能力とかお腹いっぱいなんでいりません(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    NIGHT HEAD(4)(5)

    常に最善を取れるとは限らないんですよね。

    今日も2冊まとめて。

    読み終えました。

    飯田譲治『NIGHT HEAD(4)』『NIGHT HEAD(5)』
    NIGHT HEAD 4 (講談社文庫)NIGHT HEAD 4 (講談社文庫)
    (2006/08/12)
    飯田 譲治

    商品詳細を見る

    NIGHT HEAD 5 (講談社文庫)NIGHT HEAD 5 (講談社文庫)
    (2006/09/16)
    飯田 譲治

    商品詳細を見る


    アーク(ARK)社とかいういかにもな団体が現れて。

    マインドコントロールとの闘い。
    異次元。

    新しい要素は出てきてるのに、少しスピード感が失われているような印象。

    二人は変わってしまった。それが成長か、変化なのか。

    5巻で一応の完結を見せますが、まだ消化不良。

    短編集で補完できるでしょうかね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    NIGHT HEAD(2)(3)

    研究室配属のための面接がありました。意外と緊張しないものです。この調子で就職活動もできたらなぁ。

    2冊まとめての記事です。

    読み終えました。

    飯田譲治『NIGHT HEAD(2)』『NIGHT HEAD(3)』
    NIGHT HEAD 2 (講談社文庫)NIGHT HEAD 2 (講談社文庫)
    (2006/06/15)
    飯田 譲治

    商品詳細を見る

    NIGHT HEAD 3 (講談社文庫)NIGHT HEAD 3 (講談社文庫)
    (2006/07/12)
    飯田 譲治

    商品詳細を見る


    面白いシリーズです。
    2巻はマインドコントロール、3巻は人類滅亡(?)。

    リーディングやら予知能力やらいろんな超能力も表れて。

    それでも常に辛い思いをする兄弟。

    現実だってそうですよね。何か特異な能力があると、奇人扱い。
    賞賛の裏には…。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    NIGHT HEAD(1)

    読み終えました。

    飯野譲治『NIGHT HEAD(1)』
    NIGHT HEAD 1 (講談社文庫)NIGHT HEAD 1 (講談社文庫)
    (2006/06/15)
    飯田 譲治

    商品詳細を見る


    SFというか、なんというか。
    こういうのも面白いですね。

    超能力を持って生まれた兄弟。

    その能力を恨みつつ、“普通”の社会に出て行こうとする。

    良いなぁ。
    超能力を楽しく扱うんでなく、一種のハンディキャップとして。

    5巻まで+おまけ(?)まで続けて読もうと思います。つまり、今後数日はナイトヘッドです(笑

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    テロリストのパラソル

    読み終えました。

    藤原伊織『テロリストのパラソル』
    テロリストのパラソル (講談社文庫)テロリストのパラソル (講談社文庫)
    (1998/07)
    藤原 伊織

    商品詳細を見る


    たしか最近、亡くなられたんですよね。それを機に角川文庫でも同作は出版されました。

    さて、第41回江戸川乱歩賞受賞作。直木賞も同時受賞。
    面白いです。

    これは再版する価値があると思う。

    対象にしている時代が、良い効果を与えてます。
    全共闘だとかっていうものも僕にとっては、紙上の資料ですし…。

    奇妙なヤクザの浅井さんとか、すごく楽しいです。

    そんなに軽い内容でもないし、文章も軽くないけど、読み進むのは意外と早く。

    他のも読んでみたくなりますね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad