logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    少女不十分

    テンションだだ下がり。。

    読み終えました。

    西尾維新『少女不十分』
    少女不十分 (講談社ノベルス)少女不十分 (講談社ノベルス)
    (2011/09/07)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    悪いがこの本に粗筋なんてない。これは小説ではないからだ。だから起承転結やサプライズ、気の利いた落ちを求められても、きっとその期待には応えられない。これは昔の話であり、過去の話であり、終わった話だ。記憶もあやふやな10年前の話であり、どんな未来にも繋がっていない。いずれにしても娯楽としてはお勧めできないわけだが、ただしそれでも、ひとつだけ言えることがある。僕はこの本を書くのに、10年かかった。
    「少女」と「僕」の不十分な無関係。
    (引用終わり)

    また西尾維新は面白い本を書いたもんです。
    小説でないと書いてあるので、小説ではないんでしょう。
    いや、まぁ、その判断はきっと読者が。

    あらすじというか、裏表紙にある通り、娯楽には向いていないでしょうね。
    僕自身も、かなり力を入れて読んだように思います。
    これは恐らくわざとなのでしょうが、表現も面倒くさいし、
    少女に関する描写に異常なまでに気を遣って…。

    ラストシーンをどう取るかも、なかなか興味深いところです。
    深読みのしすぎかもしれませんが。
    僕としては、とてもミステリー的で好印象でした。
    綺麗だなと。

    歌野晶午にしても、一風変わった本というのは、何故か多くの人に読まれるようで。
    ただ、すぐに古本屋行きになっているように見えるのは、不思議です。

    最近はミステリーでない本でも、感じていることですが、
    先入観や予備知識というのは、読書時に邪魔になることも多いわけで。
    話題作には注意が必要ですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    死想図書館のリヴル・ブランシェ

    一週間が早いと感じるようになりました。これは気を抜くと、やるべきことがやれないサインです。

    読み終えました。

    折口良乃『死想図書館のリヴル・ブランシェ』
    死想図書館のリヴル・ブランシェ (電撃文庫)死想図書館のリヴル・ブランシェ (電撃文庫)
    (2010/04/10)
    折口 良乃

    商品詳細を見る

    あらすじはなしで。

    良乃(よしの)とかいうペンネームのくせにどうも男性らしい。(ただのいちゃもんです
    まだまだ新人らしい、そんな作者の本ですが…
    表紙と“図書館”のワードに惹かれて買ったのが間違いでした。

    まず、やはりと言っては何ですが、ところどころ日本語や表現がおかしい。
    途中からメモすることすら止めましたが、相当量あります。
    30頁 「図書館の蔵書のデータベース化するためのテストだそうよ。」自分の書いた文を一度も読み返さない作者なのでしょうか(笑
    68頁 この頁は突っ込みどころ満載です。アクションシーンを効果的に演出するためか、文章が途中で切れていて読み難いです。
    その上、“陶器の肌”“動かぬビスクドールのような腕”など、違和感のある表現が。
    120頁 “コンピューター”の概念がどうもおかしいと思われます。プリンタ内部にもコンピュータは入っているでしょう。
    また、理解に苦しんだのが、「白い小さな箱のように見えるが、箱の側面に穴が開いている。」という文。
    箱のように見えるのに、箱だとすぐさま断定するのか。せめて“ただの”などの言葉を頭に付けて欲しいものですね。作者は何を示したかったのだろう。

    とまぁ上記のように、作品世界に入りながら、こういった余計なことを考えているくらいなので、、
    ちっとも面白くなかったです。作者のオリジナリティが見えない。
    これまで触れてきた漫画・映画・ゲーム・小説、そういったもののつぎはぎに見える。
    どこかありきたり感があります。固有名詞ばっかり丁寧に作って。

    イラストレーターもダメですね…
    メイドにばっちり表情ついてるじゃないか。
    原作と合わない挿絵。。

    なんか眠いせいか悪評ばかり連ねてしまいましたが、このままにしておきます。
    「ラノベだから」という空気感が嫌いになってきました。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    キノの旅Ⅹ/鳥籠荘の今日も眠たい住人たち(3)

    久しぶりの記事になりました。主な原因は工場での勤務が忙しかったことと、ブログのパスワードを忘れてログインできなかったことです(笑

    読み終えました。

    時雨沢恵一『キノの旅Ⅹ』
    キノの旅〈10〉the Beautiful World (電撃文庫)キノの旅〈10〉the Beautiful World (電撃文庫)
    (2006/10)
    時雨沢 恵一

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ―「いい歌だった。歌もいいけど、歌手の声と歌い方がとても素敵だった。気に入った」「おや、キノがそこまで満足げに言うとは珍しい」歌が終わった直後から、まるでそれがスイッチだったかのように、広場には人の動きが生まれていた。歩いて城壁へ向かう人や、店のシャッターを開く人、馬車を用意する人、または自動車のエンジンをかける人。そんな中の一人、エプロン姿の中年の女性が、キノを目に止めて話しかけてきた。「旅人さん。さっき入国したのよね?今の歌聴いたかしら?いい歌だったでしょう?素敵な歌声だったでしょう?」(『歌姫のいる国』)―他全11話収録。
    (引用終わり)

    壁井ユカコ『鳥籠荘の今日も眠たい住人たち(3)』
    鳥籠荘の今日も眠たい住人たち〈3〉 (電撃文庫)鳥籠荘の今日も眠たい住人たち〈3〉 (電撃文庫)
    (2007/08)
    壁井 ユカコ

    商品詳細を見る

    あらすじはなしで。

    ラノベばっかりで残念な日々ですが。

    キノの旅もたまに読むと良いもんです。
    やっぱり日本人の性格っていうか、人の特徴を途轍もなく強調するとこんな風に見えるんだって。
    だから、「どういう人間か」っていうのは矢張り様々なモノが混ざり合って外に出ているんだと僕は思います。

    壁井さんはすごいですね。
    登場人物が変人ばかりと始めに宣言するのはずるいと思ってましたが、
    その人間模様は普通…というか普通って何でしょう。ありきたりですね。
    想いをカタチにすることが大切です。きっと。
    もしくは言わないと伝わらない。

    来週は本を読む余力があればいいのですが。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad