logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最近読んだ本#8

    記念日からなかなか脱出できないのです。
    決して記憶から消したい訳じゃあないですが、
    感傷に浸ってばかりなのもどうかと思いつつどうしようもない。
    そんな3月の過ごし方。

    と、言いつつ4月には誕生日が来るのですが。

    貴志祐介『悪の教典(下)』
    悪の教典 下 (文春文庫)悪の教典 下 (文春文庫)
    (2012/08/03)
    貴志 祐介

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    圧倒的人気を誇る教師、ハスミンこと蓮実聖司は問題解決のために裏で巧妙な細工と犯罪を重ねていた。三人の生徒が蓮実の真の貌に気づくが時すでに遅く、学園祭の準備に集まったクラスを襲う、血塗られた恐怖の一夜。蓮実による狂気の殺戮が始まった!ミステリー界の話題を攫った超弩級エンターテインメント。
    (引用終わり)

    だいぶキてますね。
    僕はこういう展開も大好きです。危険ですね。
    おぞましいっていうのはこういうものですよ。

    まぁもはやミステリーではありませんけど。

    海冬レイジ『も女会の不適切な日常2』
    も女会の不適切な日常2 (ファミ通文庫)も女会の不適切な日常2 (ファミ通文庫)
    (2012/05/30)
    海冬 レイジ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    も女会の日常が戻ってきた。少しの違和感と大きくズレた青春の日々。でもそれも束の間のこと。ある日、吹雪で学校に泊まることになった僕たちは肝試しを始めた。いつもの無軌道な活動の一環。だけど突然、ユーリの悲鳴が上がって―それは、惨劇の始まりに過ぎなかった!陸の孤島と化した校舎で正体不明の殺人鬼とニアミス中…いったい誰が?動機は?いや、そもそもなぜ“愛”がここにいるんだ?―。
    (引用終わり)

    作者のマスターベーション感がどわっと出ましたね。
    1巻からそんな気はしていましたが。

    前半ののほほんとした空気をざっくりと反転させてしまう構造は面白い。
    感情移入がもっと出来るようなしっかりしたものなら、
    この虚しさに感動できたでしょう。

    青柳碧人『浜村渚の計算ノート 3さつめ』
    浜村渚の計算ノート 3さつめ 水色コンパスと恋する幾何学 (講談社文庫)浜村渚の計算ノート 3さつめ 水色コンパスと恋する幾何学 (講談社文庫)
    (2012/06/15)
    青柳 碧人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    函館の数学エリート養成所「斐三郎進学会」の卒業生たちが「黒い三角定規」の一員となりテロを画策しているとの情報が入った。数学好き中学生・浜村渚は武藤刑事と共に函館に向かう。五稜郭の数学的美しさに感動する渚だが、そこに最強の敵キューティー・オイラーが現れ…。絶好調数学ミステリー第三弾。
    (引用終わり)

    青柳碧人『浜村渚の計算ノート 3と1/2さつめ』
    浜村渚の計算ノート 3と1/2さつめ ふえるま島の最終定理 (講談社文庫)浜村渚の計算ノート 3と1/2さつめ ふえるま島の最終定理 (講談社文庫)
    (2012/07/13)
    青柳 碧人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    数学好きの人間だけが集まる奇妙なリゾートホテル“ホテル・ド・フェルマー”。一ヵ月前に起きた密室殺人事件に挑むことになった浜村渚は武藤刑事らはホテルに隠されたもう一つの謎に出会う。それは前オーナーの莫大な遺産のかかった不可思議な「なぞなぞ」だった。シリーズ初の長編。文庫書下ろし。
    (引用終わり)

    山田真哉の小説で会計学に興味を持ったときほどの驚きはありませんが、
    数学も面白い学問だったのだなぁと思います。

    数学苦手な工学系として大学時代を過ごしてしまったので、羨ましい気分です。
    電気関係にもどっぷり漬かることはなかったしなぁ。

    どのパラメータも平均的な人間よりも、
    凸凹な人間の方が魅力的に見える…。

    こういうミステリー小説は気楽に読めて楽しいです。

    西尾維新『不気味で素朴な囲われた世界』
    不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス)不気味で素朴な囲われた世界 (講談社ノベルス)
    (2007/10/10)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    時計塔が修理されない上総園学園の二学期の音楽室。そこから始まった病院坂迷路と串中弔士の関係。歪な均衡を保つ学園の奇人三人衆、串中小串、童野黒理、崖村牢弥。そして起こってしまった殺人事件。迷路と弔士による探偵ごっこの犯人捜しが始まり、崩れたバランスがさらに崩れていく…。これぞ世界に囲われた「きみとぼく」のための本格ミステリ。
    (引用終わり)

    ノベルス版は通勤電車で読むには辛いので、
    毎晩寝る前に読んでおります。
    西尾維新はノベルス版だとか講談社BOXの出版が多いので
    しばらく寝る前の本には困らなさそうです(笑

    いつもいつも名言集が作れそうなくらいに言葉を散りばめてくれますね。

    後味の悪いエンディングは恐らく軽い表面なのでしょうね。

    いやらしい小説です。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    a flood of circle「FUCK FOEVER」RELEASE ONEMAN TOUR 2013”俺はお前のかませ犬じゃないツアー”

    昨夜は職場の飲み会でしてね。
    偉い人がいないので趣味と下世話な話で盛り上がりました。
    パンク好きとメタル好きとオルタナティブ好きが相容れないで語り散らかす中、
    なぜかthe band apartの評価だけは一致。
    面白いもんです。

    今日はライブに行ってきました。
    え、もうあれから一ヶ月?!という感覚です。。

    『a flood of circle「FUCK FOEVER」RELEASE ONEMAN TOUR 2013”俺はお前のかませ犬じゃないツアー”』

    タイトル長っ。
    @新宿ロフト。
    当日まで黄色い看板が有名な雑貨屋さんだと本気で思ってました…。

    新宿は好きになれない街ですね。
    池袋も大概汚いもんですが、
    どうも新宿は大人のえぐい、ろくでもない部分が見えてしまうので。
    歌舞伎町の帰り道なんかひどいもんでした。

    ところで、音響のいまいちな会場でした。
    お客さんの雰囲気としては小さいところの方が良いのですが。
    体調がよくなかったのか頭痛で視界がゆらゆら揺れてましたし。
    寧ろその所為で耳もダメだったのか?

    しかしなんだかんだ言って好きなバンドのライブは楽しいものです。
    特に今回は
    フェルディナン・グリフォン・サーカス
    ノック
    象のブルース
    の3曲が聴けたのは大きいです。
    「ぴえろぴえろ」喚いているのが印象的な曲で、なぜかカラオケに設定されていたサーカス。
    仕事をしながら生きている理由って何だろうと考えていたときによく聴いてました。
    自分はどんな道化を演じるんでしょう。
    ロックンロールとブルースを信条にしているバンドですが、
    ブルースと題した幾つもの曲の中で、はじめにピンと来た曲が象のブルースでした。
    ノックは単純に前向きな歌詞と曲・歌が綺麗なので(笑

    新曲も良い感じでしたし、
    服装は相変わらずかっこいいし(ルードギャラリー?)。
    MCでポロっと漏らしていた、
    大きな会場じゃないと見えない景色ってのもあるんだろうなと。
    おっきなとこでも観てみたいですね。

    …どうやら最終(カーテンコール後?)に佐々木亮介弾き語りのBLUES MANをやっていたらしい。
    バーのあるライブハウスだからもしやとは思いましたが帰ってましたので仕方ない。

    次はランクヘッドだー。

    では($・・)/~~~
    【“a flood of circle「FUCK FOEVER」RELEASE ONEMAN TOUR 2013”俺はお前のかませ犬じゃないツアー””の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    最近読んだ本#7

    一目惚れがどうしたというんです。

    今週は苛々しっぱなしでした。
    土日になっても気分は優れない。。
    精神が肉体に影響を与えたのか
    大変な腹痛に見舞われましたし。

    なんだろうなぁ。不安感なのかなぁ。
    自分の意志の弱さにがっかりです。

    パウロ・コエーリョ『アルケミスト』
    アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)アルケミスト―夢を旅した少年 (角川文庫―角川文庫ソフィア)
    (1997/02)
    パウロ コエーリョ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    羊飼いの少年サンチャゴは、アンダルシアの平原からエジプトのピラミッドに向けて旅に出た。そこに、彼を待つ宝物が隠されているという夢を信じて。長い時間を共に過ごした羊たちを売り、アフリカの砂漠を越えて少年はピラミッドを目指す。「何かを強く望めば宇宙のすべてが協力して実現するように助けてくれる」「前兆に従うこと」少年は、錬金術師の導きと旅のさまざまな出会いと別れのなかで、人生の知恵を学んで行く。欧米をはじめ世界中でベストセラーとなった夢と勇気の物語。
    (引用終わり)

    ACIDMANの新アルバムの初回盤とセット購入した本。
    楽曲『アルケミスト』の着想を得た本なのでしょう。

    「大いなる魂」などなど、なるほど生きるのに重要なことがありそうです。

    前半と後半で随分毛色の違う物語ですが、
    どちらも面白いです。

    まぁ、深みを求めて読んだ所為もあると思いますが。

    ロックと本が絡んでいることも多いのでしょうか。
    そういえばa flood of circleに『見るまえに跳べ』がありました。
    覚えてたら今度買おう。


    東川篤哉『謎解きはディナーのあとで』
    謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)謎解きはディナーのあとで (小学館文庫)
    (2012/10/05)
    東川 篤哉

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    国立署の新米刑事、宝生麗子は世界的に有名な『宝生グループ』のお嬢様。『風祭モータース』の御曹司である風祭警部の下で、数々の事件に奮闘中だ。大豪邸に帰ると、地味なパンツスーツからドレスに着替えてディナーを楽しむ麗子だが、難解な事件にぶちあたるたびに、その一部始終を相談する相手は“執事兼運転手”の影山。「お嬢様の目は節穴でございますか?」―暴言すれすれの毒舌で麗子の推理力のなさを指摘しつつも、影山は鮮やかに事件の謎を解き明かしていく。二〇一一年ベストセラー一位のミステリ、待望の文庫化。書き下ろしショートショート『宝生家の異常な愛情』収録。
    (引用終わり)

    ドラマは観ていませんが、父が好きな作家ですので、読んでみました。
    まぁなかなかに娯楽小説でしたね。
    ミステリー分野に置くのはどうでしょう。

    執事のキャラクターに一存、というところでしょうか。

    西尾維新『きみとぼくの壊れた世界』
    きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)きみとぼくの壊れた世界 (講談社ノベルス)
    (2003/11/08)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    禁じられた一線を現在進行形で踏み越えつつある兄妹、櫃内様刻と櫃内夜月。その友人、迎槻箱彦と琴原りりす。彼らの世界は学園内で起こった密室殺人事件によって決定的にひびわれていく…。様刻は保健室のひきこもり、病院坂黒猫とともに事件の解決に乗り出すが―?『メフィスト』に一挙掲載され絶賛を浴びた「体験版」に解決編を加えた「完全版」。これぞ世界にとり残された「きみとぼく」のための本格ミステリー。
    (引用終わり)

    維新節ですな。
    少々ウザいくらいのこの独り語り。
    それでも、納得して共感してしまうような台詞があちこちに。
    (小説家を志す者の心なんか特に)

    ミステリーとしての出来は問えないでしょうね。
    ネット書評も読後に見ましたが、僕としては、
    一時間目が終わった休み時間に箱彦が約束を持ちかけるってところで、答えはあるのかなと。

    ラストの飾り方が良いですね。

    文章の初めと終わりをどうするか、というのは
    やはり注目点ですよね。

    まとめ買いしたシリーズですが、どうやら大丈夫そうです(笑

    貴志祐介『悪の教典(上)』
    悪の教典 上 (文春文庫)悪の教典 上 (文春文庫)
    (2012/08/03)
    貴志 祐介

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    晨光学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇いなく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。学校という性善説に基づくシステムに、サイコパスが紛れこんだとき―。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー傑作。
    (引用終わり)

    あらすじはちょっと気に入らないのです。

    上巻だけではどうこう言えないと思いますが、
    かなり面白いです。

    小説ではもちろん極端ではあるものの、
    こういった黒い暗い感情は僕の中にもあるでしょうし。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    最近読んだ本#6

    ここ最近ないくらい元気になっています。
    不思議なもんです。

    今週は多忙のためラノベばかりです(笑

    海冬レイジ『機巧少女は傷つかない9』
    機巧少女は傷つかない9 Facing 機巧少女は傷つかない9 Facing "Star Gazer" (MF文庫J)
    (2012/09/22)
    海冬 レイジ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    機巧魔術―それは魔術回路を内蔵する自動人形と、人形使いにより用いられる魔術。“我欲の聖塔”内での戦いも、いよいよクライマックスを迎えていた。最上階で相対するシャルとオルガ―すなわち、シグムント対トール。ぶつかり合う魔剣と魔剣。だが、その結末はあまりに無慈悲なものだった。トールの放った閃光により、心臓を破壊されてしまうシグムント。「ずっと一緒にいてくれて、ありがと…っ」「さらばだ、シャル」そして、シグムントは最期にひとつの卵を遺して消えた。一方で雷真は、夜会の帰りにぼろぼろの男性を保護する。“結社”に追われる彼は、シャルとアンリの父親、エドガー元伯爵で…!?シンフォニック学園バトルアクション第9弾。
    (引用終わり)

    シグムント死す!
    ……都合良いなぁ。ご都合主義とはこのことか。

    アニメが始まるようですが、さてどうしたものか。

    学園内の作り込みは頑張っているのに、学園の外のお話はおざなり。
    終結に向けて、そこを繋ぎたいのでしょうけれど。。
    ぐだぐだにならなければいいですが。

    細音啓『不完全神性機関イリス2』
    不完全神性機関イリス2  100億の時めぐる聖女 (富士見ファンタジア文庫)不完全神性機関イリス2 100億の時めぐる聖女 (富士見ファンタジア文庫)
    (2012/06/20)
    細音 啓

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    『イリスを私に預けなさい。結局、あなたが不完全神性機関を支えることはできない。できるのは世界で私しかいないのよ』宝条軍学校の傭兵科に通う貧乏生徒の俺・凪は、機械工学科への転科に悩む機械マニアだ。夏休み前の定期テストをどうにか乗り切った俺は、クラスの連中に誘われて強制的に海に行くことになってしまう(もちろんダメ家政婦のイリスも一緒だ)。海を満喫していた俺たちは、サラと名乗る一人の少女と出会う。みんなに可愛がられるサラだったが、俺と二人きりになった途端、「黙りなさい、愚民」と本性を現して―。イリスを手に入れようとする少女の正体、そして真の目的とは!?
    (引用終わり)

    スクール水着をこき下ろすとは珍しい。
    あ、問題はそこではないですね。

    『氷結鏡界』とのリンクもだいぶ見えてきました。
    あちらのシリーズよりはふざけ度合いが多く、
    ちっとも美しい音色は聴こえてきません。

    まぁこれはこれで。

    海冬レイジ『も女会の不適切な日常1』
    も女会の不適切な日常1 (ファミ通文庫)も女会の不適切な日常1 (ファミ通文庫)
    (2012/03/30)
    海冬 レイジ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    部活名:「もっと学園生活を豊かにする善男善女の会 部」 
    目的:青春を謳歌すること! 
    メンバー:(1)ちだね先輩。僕の愛しの青春☆ヴァカ。
         (2)繭。化学実験厨。ちだね先輩の寵愛を独占。僕嫉妬。
         (3)ユーリ。僕の従妹で義妹。暴力女。
         (4)雛子。エア参加。ガチ百合。
         (5)僕、花輪廻。女子扱いされるけどお願いヤメテ。
    そんな「も女会」の活動はヘンテコでドタバタだけど、それなりに平穏だった。
    あの頃は、そう思っていた。
    あの少女【アイ・ド・ラ】に出会うまで、僕らの日常が本当は”不適切”だったなんて、知らなかったから――。
    (引用終わり)

    完全に作者買い。あらすじは読んでいません。
    ファミ通文庫はぶっ飛んでるのをよく扱ってくれますね。

    ある意味どんでん返しが何度もあり、楽しめる本ではありました。

    むちゃくちゃや、と思うところはあるものの、方向性は好きです。

    荻原規子『RDG』
    RDGレッドデータガール  はじめてのお使い (角川文庫)RDGレッドデータガール はじめてのお使い (角川文庫)
    (2011/06/23)
    荻原 規子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    世界遺産に認定された熊野古道、玉倉山にある玉倉神社。そこに住む泉水子は中学三年まで、麓の中学と家の往復だけの生活を送ってきた。しかし、高校進学は、幼なじみの深行とともに東京の鳳城学園へ入学するよう周囲に決められてしまう。互いに反発する二人だったが、修学旅行先の東京で、姫神と呼ばれる謎の存在が現れ、さらに恐ろしい事件が襲いかかる。一族には大きな秘密が―。現代ファンタジーの最高傑作、ついに文庫化。
    (引用終わり)

    荻原規子『RDG2』
    RDG2 レッドデータガール  はじめてのお化粧 (角川文庫)RDG2 レッドデータガール はじめてのお化粧 (角川文庫)
    (2011/12/22)
    荻原 規子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    生まれ育った紀伊山地を出て、東京の鳳城学園に入学した鈴原泉水子。学園では、山伏修行中の相楽深行と再会するも、二人の間には縮まらない距離があった。弱気になる泉水子だったが、寮で同室の宗田真響と、その弟の真夏と親しくなり、なんとか新生活を送り始める。しかし、泉水子が、クラスメイトの正体を見抜いたことから、事態は急転する。生徒たちは特殊な理由から学園に集められていた…。大人気RDGシリーズ第2巻。
    (引用終わり)

    1巻は前に読んでいるのですが、読んだ本リストになかったので一応掲載。

    良いです、こういうの!

    神道、修験、式神…!

    日本神話等が得意な作者だけに、期待が持てます。

    アニメ化するようですが、大切に扱ってもらいたい。

    西尾維新 あさのあつこ他『妖怪変化 京極堂トリビュート』
    妖怪変化 京極堂トリビュート妖怪変化 京極堂トリビュート
    (2007/12/14)
    西尾 維新、あさの あつこ 他

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    あの作家が百鬼夜行シリーズに挑戦! 「姑獲鳥の夏」ではじまる京極夏彦の人気シリーズの世界にあさのあつこ、西尾維新、柳家喬太郎、諸星大二郎、原田真人監督らが挑む、豪華トリビュート!
    (引用終わり)

    あさのあつこ、西尾維新、牧野修の3者が小説、
    あとは漫画だったりちょっとした噺だったり。

    すごいですね。

    京極堂の世界をしっかり出している。
    これが作家の力ですか。
    他人の文体と自分の文体をうまいこと使い分けて。

    大石圭『呪怨2』
    呪怨〈2〉 (角川ホラー文庫)呪怨〈2〉 (角川ホラー文庫)
    (2003/07)
    大石 圭

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    その家に関わった者は、行方不明になるか悲惨な死を遂げると言われる「呪われた家」。ホラークィーンの異名をとる女優の原瀬京子は、その家を取材するテレビの特番に出演した日の夜、交通事故に遭う。運転していた婚約者は意識不明の重体となり、自分もまた重傷を負い流産してしまう。しかし、それは彼女が体験する未曾有の恐怖の、ほんの始まりに過ぎなかった…。前作を遙かに凌ぐ、究極の悪夢!映画完全ノベライズ版。
    (引用終わり)

    あかん。
    ちっとも面白くない。

    1以上にくだらなさが前面に出ています。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad