logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最近読んだ本#14

    だんだん暑くなりますね。
    朝の景色が変わっていきますなぁ。

    西尾維新『刀語 第二話』
    刀語  第二話  斬刀・鈍 (講談社BOX)刀語 第二話 斬刀・鈍 (講談社BOX)
    (2007/02/02)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    無刀の剣士・鑢七花と野心を秘めた謎の奇策士・とがめは、一路、西へ!伝説の刀鍛冶・四季崎記紀が完成させた“刀”は十二本―残る十一本は誰が?何処に?愛と復讐の旅路に迫る危機また危機!刀語、第二話の対戦相手は、因幡砂漠に聳え立つ下酷城・孤高の城主、宇練銀閣。
    (引用終わり)

    二話!
    途中まで面白かった?のですが、
    段々そうでもなくなりましたね。。

    特に作戦というか、戦闘がしょぼい。

    図書館で借りる方法に変えようかな。

    ジョン・ディクスン・カー『皇帝のかぎ煙草入れ』
    皇帝のかぎ煙草入れ【新訳版】 (創元推理文庫)皇帝のかぎ煙草入れ【新訳版】 (創元推理文庫)
    (2012/05/18)
    ジョン・ディクスン・カー

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    フランスの避暑地に暮らす若い女性イヴは、婚約者トビイの父サー・モーリス殺害の容疑をかけられる。犯行時には現場に面した自宅の寝室にいた彼女だが、そこに前夫が忍びこんでいたせいで無実を主張できない。完璧な状況証拠も加わって、イヴは絶体絶命の窮地に追いこまれる―「このトリックには、さすがのわたしも脱帽する」と女王クリスティを驚嘆させた不朽の傑作長編。
    (引用終わり)

    ぐいぐい引き込まれます。
    カー、すごいです。

    あらすじに書いてあるクリスティもえらいこと言いますね。
    「さすがの」って…(笑
    素直に褒めたらええのに。

    あさのあつこ『NO.6 #3』
    NO.6 [ナンバーシックス] ♯3 (講談社文庫)NO.6 [ナンバーシックス] ♯3 (講談社文庫)
    (2007/08/11)
    あさの あつこ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    これだから、人間はやっかいだ。深く関わりあえばあうほど、枷は重くなる。自分のためだけに生きるのが困難になる。火藍から沙布が治安局に連行されたことを告げるメモを受け取ったネズミはそれをひた隠すが、事実を知った紫苑は救出に向かう決心をする。成功率は限りなく0に近い―物語は疾走する。
    (引用終わり)

    面白い面白い。
    ちょっとクサくなってきたかな?

    松岡圭祐『万能鑑定士Qの短編集Ⅰ』
    万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)万能鑑定士Qの短編集I (角川文庫)
    (2012/10/25)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「面白くて知恵がつく 人の死なないミステリ」決定版!1冊でひとつのエピソードでは物足りない皆様へ、そしてシリーズ初読の貴方へ。最高に楽しめる珠玉の傑作エピソード群登場!―代官山の質屋に出向してきた鑑定家は、弱冠23歳の凛田莉子。店長による調査では、高校まで万年最下位、就職活動でも周囲をあ然とさせた天然美女。だが莉子はいまや、依頼品にまつわる謎という謎を解明しうる“万能鑑定士”となっていた。
    (引用終わり)

    ついに莉子に進展が…。

    短編集ということでネタは結構シンプルですが、
    読んで楽しいミステリー。

    高田崇史『カンナ 戸隠の殺皆』
    カンナ 戸隠の殺皆 (講談社文庫)カンナ 戸隠の殺皆 (講談社文庫)
    (2013/05/15)
    高田 崇史

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    忍者の末裔三人組、鴨志田甲斐(伊賀服部流)、中村貴湖(伊勢服部流)、柏木竜之介(甲賀)プラス忍者犬のほうろくは、奪われた秘密の社伝を追って、長野・戸隠へ。敵対する波多野村雲流に襲われながらも、甲斐は戸隠に伝わる「鬼女・紅葉」と「天岩戸」ふたつの伝説の、これまで語られることのなかった真相に迫る。シリーズ第5弾。
    (引用終わり)

    そもそも戸隠がどこか知りませんでした(笑

    「鬼女・紅葉」と「天岩戸」の伝説…
    良く知らなかったのですが、
    興味深いですね。

    今年はやはり再度伊勢神宮に参詣したいですね。

    荒俣宏『帝都物語 第壱番』
    帝都物語〈第壱番〉 (角川文庫)帝都物語〈第壱番〉 (角川文庫)
    (1995/05)
    荒俣 宏

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    関東最大の怨霊・平将門を喚び覚まし帝都を破滅させる怖るべき秘術とは。日本初の風水小説にして、あらゆる叡知が結晶した大崩壊小説(カタストロフィ・ノベル)。
    (引用終わり)

    久しぶりの挫折本。

    明治時代が題材ってのは好きなのですが、
    どうも…。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    最近読んだ本#13

    GW明けは寝起きが悪くて困ります。

    読んだ本。

    佐藤多佳子『スローモーション』
    スローモーション (ポプラ文庫ピュアフル)スローモーション (ポプラ文庫ピュアフル)
    (2010/03)
    佐藤 多佳子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    柿本千佐、女子高の1年生。22歳のニイちゃんは元不良で無職、父さんは小学校教師でクソ真面目人間、母さんはお見合いでバツイチ堅物男と結婚した専業主婦。父さんはあたしに、修道女みたいなタイプを望んでいる。最近、いつも動作がスローな同級生・及川周子が気になってしかたがない―。『一瞬の風になれ』などで話題の著者による、ちょっと痛くて切ない少女たちの物語。
    (引用終わり)

    ピュアフル文庫……。
    良いですね。

    さらっと読めるけどじっくり読んだ気分です。

    真梨幸子『ふたり狂い』
    ふたり狂い (ハヤカワ文庫JA)ふたり狂い (ハヤカワ文庫JA)
    (2011/11/10)
    真梨 幸子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    女性誌「フレンジー」の人気連載小説「あなたの愛へ」。その同姓同名の主人公が自分だと思い込んだ川上孝一は、思い余って著者の榛名ミサキを刺してしまう。それに端を発して起こる、デパ地下惣菜売り場での異物混入事件、ネットでの企業中傷事件、そして郊外マンションでの連続殺人―だが、その背後には謎の女マイコの存在があった…。現態人のささやかな狂気と、連鎖する因縁の果てに明かされる驚愕すべき真実とは?『殺人鬼フジコの衝動』の著者が仕掛ける、もうひとつの罠。
    (引用終わり)

    『殺人鬼フジコ』より面白いとか話題の短編集。

    結構面白かったです。

    勘違いや思い込み、狂うと言ってもいろいろありますからね。

    佐藤多佳子『サマータイム』
    サマータイム (新潮文庫)サマータイム (新潮文庫)
    (2003/08/28)
    佐藤 多佳子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    佳奈が十二で、ぼくが十一だった夏。どしゃ降りの雨のプール、じたばたもがくような、不思議な泳ぎをする彼に、ぼくは出会った。左腕と父親を失った代わりに、大人びた雰囲気を身につけた彼。そして、ぼくと佳奈。たがいに感電する、不思議な図形。友情じゃなく、もっと特別ななにか。ひりひりして、でも眩しい、あの夏。他者という世界を、素手で発見する一瞬のきらめき。鮮烈なデビュー作。
    (引用終わり)

    デビュー作。
    評判は高いのですが、
    僕はそれほどでも…?

    他の佐藤多佳子作品を読んでみます。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    読んだ本:1400冊目まで

    ブログを始めてから読んだ本のリストです。
    1301~1400冊目まで。

    1400.不完全神性機関イリス3
    1399.牽制 警視庁失踪課・高城賢吾
    1398.伏 贋作・里見八犬伝
    1397.不可能犯罪捜査課
    1396.新本格魔法少女りすか
    1395.呪怨 黒い少女
    1394.呪怨 白い老女
    1393.失楽の街 建築探偵桜井京介
    1392.機巧少女は傷つかない10
    1391.不気味で素朴な囲われたきみとぼくの壊れた世界
    1390.動機、そして沈黙
    1389.完全・犯罪
    1388.きみとぼくが壊した世界
    1387.万能鑑定士Qの推理劇Ⅱ
    1386.不気味で素朴な囲われた世界
    1385.浜村渚の計算ノート 3と1/2さつめ
    1384.浜村渚の計算ノート 3さつめ
    1383.も女会の不適切な日常2
    1382.悪の教典(下)
    1381.悪の教典(上)
    1380.きみと僕の壊れた世界
    1379.謎解きはディナーのあとで
    1378.アルケミスト
    1377.呪怨2
    1376.妖怪変化 京極堂トリビュート
    1375.RDG2
    1374.RDG
    1373.も女会の不適切な日常1
    1372.不完全神性機関イリス2
    1371.機巧少女は傷つかない9
    1370.廃墟建築士
    1369.ベン・トー
    1368.あやかしの鼓
    1367.ナラタージュ
    1366.あの夜にあったこと
    1365.浜村渚の計算ノート 2さつめ
    1364.窓際のウィンドウズ
    1363.匣の中
    1362.競泳戦隊ミズギーズ
    1361.鬼神伝 【龍の巻】
    1360.QED 出雲神伝説
    1359.呪怨
    1358.
    1357.浜村渚の事件ノート
    1356.忌館
    1355.金色の野辺に唄う
    1354.スリープ
    1353.少年になり、本を買うのだ
    1352.人造救世主
    1351.贖罪
    1350.夜は短し歩けよ乙女
    1349.ファミリーポートレイト
    1348.西巷説百物語
    1347.水の女
    1346.クローバー
    1345.犯意
    1344.ビター・ブラッド
    1343.残酷号事件
    1342.ハムレット
    1342.カラスの親指
    1341.ルームシェア 私立探偵・桐山真紀子
    1340.特等添乗員αの難事件Ⅱ
    1339.特等添乗員αの難事件Ⅰ
    1338.鉄の骨
    1337.大きな森の小さな密室
    1336.ビブリア古書堂の事件手帳3
    1335.氷結鏡界のエデン10
    1334.遠まわりする雛
    1333.秋期限定栗きんとん事件(下)
    1332.秋期限定栗きんとん事件(上)
    1331.機巧少女は傷つかない8
    1330.機巧少女は傷つかない7
    1329.機巧少女は傷つかない6
    1328.機巧少女は傷つかない5
    1327.氷結鏡界のエデン9
    1326.鍵のかかった部屋
    1325.ヒトリシズカ
    1324.ブルースカイ
    1323.ルー=ガルー2
    1322.無理(下)
    1321.生徒会の十代
    1320.ライトノベルの楽しい書き方10
    1319.ライトノベルの楽しい書き方9
    1318.ライトノベルの楽しい書き方8
    1317.ライトノベルの楽しい書き方7
    1316.ライトノベルの楽しい書き方6
    1315.無理(上)
    1314.機巧少女は傷つかない4
    1313.機巧少女は傷つかない3
    1312.心霊探偵八雲8
    1311.督促OL 修行日記
    1310.ランナー
    1309.キノの旅ⅩⅣ
    1308.カラット探偵事務所の事件簿1
    1307.カンナ 奥州の覇者
    1306.私の男
    1305.キノの旅ⅩⅢ
    1304.プリンセス・トヨトミ
    1303.まほろ駅前多田便利軒
    1302.孤島の鬼
    1301.Missing13

    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    最近読んだ本#12

    GWは秋田・仙台を旅行しました。
    桜祭りなんぞをやってましたよ。秋田はまぁ真面目でした。
    聞きしに勝る美人さん、という感じでしたが特に何も無く。
    仙台は牛タンばっかりでしたね…普通に都市部ですし。

    GWはマンガばっかりでしたので、今週読んだ本。

    三津田信三『首無の如き祟るもの』
    首無の如き祟るもの (講談社文庫)首無の如き祟るもの (講談社文庫)
    (2010/05/14)
    三津田 信三

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    奥多摩の山村、媛首村。淡首様や首無の化物など、古くから怪異の伝承が色濃き地である。三つに分かれた旧家、秘守一族、その一守家の双児の十三夜参りの日から惨劇は始まった。戦中戦後に跨る首無し殺人の謎。驚愕のどんでん返し。本格ミステリとホラーの魅力が鮮やかに迫る。「刀城言耶」シリーズ傑作長編。
    (引用終わり)

    めちゃくちゃ面白い。
    旅行中の新幹線で読んでいましたが、ちっとも読み終わらない。
    そのボリュームがたまらない。

    本シリーズの5作目(?)が何かを受賞したらしい。
    ひとまずハマったのであと2冊買いました。
    大変重厚です。

    岡崎琢磨『珈琲店タレーランの事件簿』
    珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
    (2012/08/04)
    岡崎 琢磨

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然に導かれて入ったこの店で、運命の出会いを果たす。長年追い求めた理想の珈琲と、魅惑的な女性バリスタ・切間美星だ。美星の聡明な頭脳は、店に持ち込まれる日常の謎を、鮮やかに解き明かしていく。だが美星には、秘められた過去があり―。軽妙な会話とキャラが炸裂する鮮烈なデビュー作。
    (引用終わり)

    話題になっているとは言え、どうせ宝島だから…。
    という感想を書くものと思って買ってみた本。

    本当に隠し玉でしたね!

    面白い。これは2巻が楽しみです。

    あさのあつこ『NO.6 #2』
    NO.6  〔ナンバーシックス〕  ♯2 (講談社文庫)NO.6 〔ナンバーシックス〕 ♯2 (講談社文庫)
    (2007/02/10)
    あさの あつこ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    2017年。聖都市「NO.6」を追われた16歳の紫苑がはじめて目にする外の世界、そして現実。ぼくは今までいったい何を知っていたんだろう?何を見ていたんだろう?ネズミと暮らし始め、懸命に生きようとするが、「おれとNO.6、どちらを選ぶ?」と問われた紫苑は…。加速する運命が二人を襲う。
    (引用終わり)

    不思議と、すっとこの世界に入っていける。

    これがうまい小説なのでしょうか。

    大石圭『赦されたい』
    赦されたい (幻冬舎アウトロー文庫)赦されたい (幻冬舎アウトロー文庫)
    (2012/12/06)
    大石 圭

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    頼むから、出て行ってくれ―そう夫に切り出されてから約10年、女ひとりで必死に生きてきた。金のためには春も売った。サディスティックな年下男に美しい体を凌辱されても耐えた。ところが39歳の私を襲ったのは末期癌の宣告。絶望、怒り、恐怖、あらゆる激情が去ったあと私はある人に赦されたいと強く願った…。女の性の悲哀を描く傑作長編。
    (引用終わり)

    世間受けは全然しないであろう方向へどんどん行きますね大石圭は。
    あ、初めからアレな路線でしたか。

    人生は簡単に評価できるもんじゃないですね。

    「せざるを得なかった」ことでも「してしまっている」ことに変わりも無く。

    しんどい思いをしているからといってそれが報われる必然は無く。

    理不尽な世の中、だからどうした。

    僕の好きな言葉は 信賞必罰 です。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad