logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最近読んだ本#19

    はくじょうの美少女。

    白状?薄情?白杖?

    タンメンを食べるとほっとしますな。

    今週は苛苛する本。

    二階堂黎人『智天使の不思議』
    智天使の不思議 (光文社文庫)智天使の不思議 (光文社文庫)
    (2012/03/13)
    二階堂 黎人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    昭和二十八年、一人の金貸しが殺された。警察は没落華族の若い女とその家の元使用人を犯人と断定。だが、二人には難攻不落のアリバイがあり、事件は迷宮入りしてしまう。女は後に、一躍、人気マンガ家となるが、三十四年後、今度は彼女の元夫が不審死を遂げる―。二つの事件を追う名探偵・水乃サトルは、悪魔的な完全犯罪計画を見破れるのか?究極の本格推理。
    (引用終わり)

    久しぶりの二階堂。
    ほどほどに面白い。
    がちがちの本格…風のミステリー。
    ちょっと読んでて疲れます。

    綾辻行人『深泥丘奇談・続』
    深泥丘奇談・続 (文庫ダ・ヴィンチ)深泥丘奇談・続 (文庫ダ・ヴィンチ)
    (2013/02/22)
    綾辻行人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    突如襲われる眩暈。それは異界の扉が開く瞬間なのか?作家の日常に散在する“アンバランスゾーン”への入口。廃神社の鈴の音、閏年に咲く狂い桜、深泥丘三地蔵、ラジオ塔、そして深泥丘病院…。この京都、面妖につき取り扱いにはご注意を。―どこから読んでも、いよいよ深まる謎。綾辻版『ウルトラQ』ともいうべき、読みきり連作短篇、待望の第二集。
    (引用終わり)

    あやつじさーん!

    本屋をぶらぶらしていたら、ふと目に付いたので即購入。
    広告を全然見かけなかったので続編出てるの知りませんでした。

    ぼーっと生きてると、
    こんな世界にいつの間にか…。

    ホラー風ですが、
    ちょっと違うテイスト。

    あとがきにて、自画自賛もいいところの「傑作」とか言ってます(笑
    親しみがわきますね←

    お気に入りは「コネコメガニ」「心の闇」。

    みゅっみゅみゅ。

    大石圭『女が蝶に変わるとき』
    女が蝶に変わるとき (幻冬舎アウトロー文庫)女が蝶に変わるとき (幻冬舎アウトロー文庫)
    (2013/02/07)
    大石 圭

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「ねえ、私を覗いているのは誰なの?」。奇妙な洋館で女は自分を見つめるビデオカメラに気がついた。寝室でも浴室でも執拗に自分を追うカメラの向こうに誰がいるのか?そして館の恐ろしくも美しい秘密とは?すべての真実を知った時、女はこれまでの人生には戻れないと悟る…。鬼才・大石圭の傑作を改題し、書き下ろし短編を加えた完全版。
    (引用終わり)

    ん?監視される?
    ふわっとした題材で、
    最近の大石作品の「不条理」感がないなぁと思って読んでいると、
    すっと落とされる。

    冷たいのは嫌だなぁ。

    湊かなえ『夜行観覧車』
    夜行観覧車 (双葉文庫)夜行観覧車 (双葉文庫)
    (2013/01/04)
    湊 かなえ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    高級住宅地に住むエリート一家で起きたセンセーショナルな事件。遺されたこどもたちは、どのように生きていくのか。その家族と向かいに住む家族の視点から、事件の動機と真相が明らかになる。『告白』の著者が描く、衝撃の「家族」小説。
    (引用終わり)

    おいおいおいおい。

    登場人物の9割があほですがな。
    世の中ばかばっかり。

    どいつもこいつも。
    赤信号無視しやがって←

    自分は頑張ってる。
    何でこんな目に遭う。

    知るか。

    真梨幸子『みんな邪魔』
    みんな邪魔 (幻冬舎文庫)みんな邪魔 (幻冬舎文庫)
    (2011/12/06)
    真梨 幸子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    少女漫画『青い瞳のジャンヌ』をこよなく愛する“青い六人会”。噂話と妄想を楽しむ中年女性たちだったが、あるメンバーの失踪を機に正体を露にし始める。飛び交う嘘、姑息な罠、そして起こった惨殺事件―。辛い現実から目を背け、ヒロインを夢見る彼女たち。その熱狂が加速する時、新たな犠牲者が…。殺人鬼より怖い平凡な女たちの暴走ミステリ。
    (引用終わり)

    前日に引き続きこの本を読んだのは大間違いでしたね。

    世の中ばかばっ(略

    最後にちょっとしたミステリー風な部分がありましたが、
    普通に読んでたら途中で気付くので、
    それほど驚くことでもないかと。

    「すべての更年期少女に捧ぐ」という言葉が最高ですね。

    ぐうたらしてるだけの女性はあきませんね。
    優雅?マダム?

    みんな邪魔。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    最近読んだ本#18

    a flood of circleが47都道府県制覇ツアーをやるらしい。
    楽しみですなぁ。まだチケット申込も始まってへんと思うけど。

    今週読んだ本。

    三津田信三『凶鳥の如き忌むもの』
    凶鳥の如き忌むもの (講談社文庫)凶鳥の如き忌むもの (講談社文庫)
    (2012/10/16)
    三津田 信三

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    瀬戸内海の兜離の浦沖に浮かぶ鳥坏島。鵺敷神社の祭壇“大鳥様の間”で巫女、朱音は神事“鳥人の儀”を執り行う。怪異譚蒐集の為、この地を訪ねた刀城言耶の目前で、謎の人間消失は起きた。大鳥様の奇跡か?鳥女と呼ばれる化け物の仕業か?『厭魅の如き憑くもの』に続く“刀城言耶”シリーズ第二長編待望の刊行。
    (引用終わり)

    この分厚さで今週はほぼおしまい。
    ですが、十分に楽しめました。

    かつての(新)本格ミステリーと、ホラー、土着の宗教、
    面白いネタが満載です。

    乾くるみ『セカンド・ラブ』
    セカンド・ラブ (文春文庫)セカンド・ラブ (文春文庫)
    (2012/05/10)
    乾 くるみ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    1983年元旦、僕は、会社の先輩から誘われたスキー旅行で、春香と出会った。やがて付き合い始めた僕たちはとても幸せだった。春香とそっくりな女、美奈子が現れるまでは…。清楚な春香と大胆な美奈子、対照的な二人の間で揺れる心。『イニシエーション・ラブ』に続く二度読み必至、驚愕の「恋愛ミステリー」。
    (引用終わり)

    きたきた!
    こういうミステリー大好きです。

    おうおう、そういうラストか……ん?
    ぱらぱら(読み返す)……そういうことか!

    ぼけーっと読んでると引っ掛かる。
    二度読み必至。

    面白いなぁ乾くるみ。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    最近読んだ本#17

    はーちみーつみーたいーな あーじがすーるなんて
    嘘ついてー嘘ついてーくれた
                          -クリープハイプ『蜂蜜と風呂場』より-

    今週読んだ本。

    冲方丁『天地明察(上)』
    天地明察(上) (角川文庫)天地明察(上) (角川文庫)
    (2012/05/18)
    冲方 丁

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    徳川四代将軍家綱の治世、ある「プロジェクト」が立ちあがる。即ち、日本独自の暦を作り上げること。当時使われていた暦・宣明暦は正確さを失い、ずれが生じ始めていた。改暦の実行者として選ばれたのは渋川春海。碁打ちの名門に生まれた春海は己の境遇に飽き、算術に生き甲斐を見出していた。彼と「天」との壮絶な勝負が今、幕開く―。日本文化を変えた大計画をみずみずしくも重厚に描いた傑作時代小説。第7回本屋大賞受賞作。
    (引用終わり)

    冲方丁『天地明察(下)』
    天地明察(下) (角川文庫)天地明察(下) (角川文庫)
    (2012/05/18)
    冲方 丁

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「この国の老いた暦を斬ってくれぬか」会津藩藩主にして将軍家綱の後見人、保科正之から春海に告げられた重き言葉。武家と公家、士と農、そして天と地を強靱な絆で結ぶこの改暦事業は、文治国家として日本が変革を遂げる象徴でもあった。改暦の「総大将」に任じられた春海だが、ここから想像を絶する苦闘の道が始まることになる―。碁打ちにして暦法家・渋川春海の20年に亘る奮闘・挫折・喜び、そして恋。
    (引用終わり)

    そろそろブームも去ったかな、という頃に敢えて読みました(笑
    うーむ。
    結構面白い。
    歴史はやっぱりロマンが詰まってますね。

    参勤交代の解釈にも幾つかあるようで。

    結局、知恵や知識や技術があったとしても、
    どこかに政治的な駆け引きも入ってくるという。

    文章がところどころ面倒くさい。
    現代からの視点が入ってくるので…メタなパートが…。

    そういえば、僕は碁のルールがさっぱり解りません。
    一度やってみようかな。

    歌野晶午『密室殺人ゲーム2.0』
    密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)密室殺人ゲーム2.0 (講談社文庫)
    (2012/07/13)
    歌野 晶午

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    あの殺人ゲームが帰ってきた。ネット上で繰り広げられる奇妙な推理合戦。その凝りに凝った殺人トリックは全て、五人のゲーマーによって実際に行われたものだった。トリック重視の殺人、被害者なんて誰でもいい。名探偵でありながら殺人鬼でもある五人を襲う、驚愕の結末とは。第10回(2010年)本格ミステリ大賞受賞作、2010本格ミステリ★ベストテン第1位。
    (引用終わり)

    「密室殺人ゲーム王手飛車取り」の続編。

    ひとつひとつの作品はくだらなく、面白い。

    ミステリーを楽しむってこういうことかなぁ。

    真面目に読んだらこわいもんです。

    「ゲーマーにとって自分の死は快感」というのも興味深い話です。

    松岡圭祐『万能鑑定士Qの短編集Ⅱ』
    万能鑑定士Qの短編集II (角川文庫)万能鑑定士Qの短編集II (角川文庫)
    (2012/12/25)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    美人鑑定家が奔放な知識で「人の死なない」コージー・ミステリに挑む、エンタメ・ノヴェルの先駆的ブランド「Qシリーズ」。総額8億円もの切手コレクションから1枚300万円の変わり種銀貨、満開のソメイヨシノまで、あらゆるアイテムにまつわる不可思議と、胸のすくような謎解き、驚くべき結末の数々。ついには凛田莉子の最大のライバル、雨森華蓮が出所し…。面白くて知恵がつく至福の読書、Qの短編集、大反響の第2巻。
    (引用終わり)

    安定の面白さ!

    人生、まだまだ勉強できる、という気分にさせてくれます。

    知識の使い方、それが大事ですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    LUNKHEAD ONE MAN LIVE 2013「影と煙草と僕とAX」

    高校生くらいから申し上げておりますが、
    僕の好きなデザートはコーヒーゼリーです。

    さて、本日もライブに行ってきました。

    LUNKHEAD『LUNKHEAD ONE MAN LIVE 2013「影と煙草と僕とAX」』
    ということで、
    SHIBUYA-AX!
    ロックの日!
    本日はシャンディガフ!
    ライブ前にご飯を食べたので些かお腹がげふっ…。

    渋谷は中学生高校生くらいの人がいっぱいですね。
    ライブ会場はそうでもないですが←

    AXは良いですねー。
    広い。広場がある。物販もスムーズ。
    ドリンクもスムーズ。ロッカーもスムーズ。
    帰りもスムーズ。

    開始から3曲目、
    闇を暴け。右手は握り締めないのか。
    もうそこでわーっと盛り上がり。

    そんで少ししてから、潮騒。
    キャッチーなギターフレーズと、
    楽しさのあるベース。

    光線もけっこうやんちゃでした。

    途中のMCで「学校とか職場で…LUNKHEAD?知らんわ。みたいなことがあるやろうけど、ここにはこんなにもLUNKHEAD好きの奴ばっかり集まっとるんやで」みたいなことを言ってて。
    なるほどあるある!(笑

    去年行ったライブから、たくさん曲を聴いてました。
    なので、知ってる曲がいっぱい!
    で す が、
    曲名はイマイチ解らない。もっと聴き込まないと。

    あと、「きらりいろ」みたいな曲で会場が一体感を持って盛り上がれるのが素晴らしいと思います。
    ファンの顔が輝いてましたよ。

    以前ブログでも引用した「明日」も聴けて感動です。
    明るいー日と名付けたー……

    汗だくになったライブでした。

    アルバムが出るらしい。買おう。
    ツアーラストはリキッドルームらしい。行こう。

    では($・・)/~~~
    【“LUNKHEAD ONE MAN LIVE 2013「影と煙草と僕とAX」”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    最近読んだ本#16

    先日、久しぶりにゆりかもめに乗りました。あの路線好きなんですよね。
    しかしまぁあの辺は何年経っても工事してますね。
    すごく綺麗な街なんですが、緑地とか見てると偽善的というか、作り物めいたというか。
    ゲーム『絶体絶命都市』を彷彿させるというか。

    さて、今週読んだ本。

    三上延『ビブリア古書堂の事件手帳4』
    ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)
    (2013/02/22)
    三上 延

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    珍しい古書に関係する、特別な相談―謎めいた依頼に、ビブリア古書堂の二人は鎌倉の雪ノ下へ向かう。その家には驚くべきものが待っていた。稀代の探偵、推理小説作家江戸川乱歩の膨大なコレクション。それを譲る代わりに、ある人物が残した精巧な金庫を開けてほしいと持ち主は言う。金庫の謎には乱歩作品を取り巻く人々の数奇な人生が絡んでいた。そして、深まる謎はあの人物までも引き寄せる。美しき女店主とその母、謎解きは二人の知恵比べの様相を呈してくるのだが―。
    (引用終わり)

    ドラマやってる間は読むの遠慮してました(笑

    江戸川乱歩ずくしの巻でした。
    未だ読んだことない「二銭銅貨」のネタばらしが途中あって、
    気をつけて読みました。

    うーん、乱歩をもっと読みたい。

    江戸川乱歩『蜘蛛男 江戸川乱歩ベストセレクション⑧』
    蜘蛛男  江戸川乱歩ベストセレクション(8) (角川ホラー文庫)蜘蛛男 江戸川乱歩ベストセレクション(8) (角川ホラー文庫)
    (2009/09/25)
    江戸川 乱歩

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    妹が失踪したと、絹枝という女が犯罪学の権威・畔柳博士を訪ねてきた。折しも博士は、とある会社の怪しい従業員募集の新聞広告に犯罪の匂いを感じていた。絹枝の話では、妹・芳枝はそこに応募したとしか考えられない。博士の悪い予感は当たり、芳枝はすでに惨殺されていた―。好みの女性ばかりを狙う、卑劣な殺人鬼・蜘蛛男とは何者か?そして彼の正体を暴き立ち向かう、明智小五郎の作戦とは!?―。
    (引用終わり)

    と、いうことで乱歩読みました(笑

    すごい。蜘蛛男すごい。
    残虐と言えばこういうのですか。
    もしかしたら今の時代ではこういう作品は出しにくいんではなかろうか。
    僕は大好きですが。

    本作の“好みの女性”というのがなかなかに面白いです。

    黒崎視音『警視庁心理捜査官 公安捜査官 柳原明日香』
    ~警視庁心理捜査官~ 公安捜査官 柳原明日香 (徳間文庫)~警視庁心理捜査官~ 公安捜査官 柳原明日香 (徳間文庫)
    (2013/02/01)
    黒崎 視音

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    視察、秘撮、秘聴…とりわけ追尾能力に異能を発揮する公安部第一課の柳原明日香は、その冷徹な仕事ぶりから“公一の女狐”と畏れられていた。しかし、居並ぶ幹部の前で一本の秘聴テープを聴かされ愕然とする。自身の情事のあられもない喘ぎ声だった。ハニートラップ!?一体だれが何のために?降格され汚辱と屈辱にまみれた明日香は、自分を貶めた者たちへの復讐を沈着冷徹に遂行する。
    (引用終わり)

    ハニートラップ…これはこれでおぞましいですね。

    短めの長編。
    それを中篇という←

    いかにもな「公安小説」でした。
    それほどの驚きもないかな。

    乾くるみ『クラリネット症候群』
    クラリネット症候群 (徳間文庫)クラリネット症候群 (徳間文庫)
    (2008/04/04)
    乾 くるみ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ドレミ…の音が聞こえない?巨乳で童顔、憧れの先輩であるエリちゃんの前でクラリネットが壊れた直後から、僕の耳はおかしくなった。しかも怪事件に巻き込まれ…。僕とエリちゃんの恋、そして事件の行方は?『イニシエーション・ラブ』『リピート』で大ブレイクの著者が贈る、待望の書下し作が登場。
    (引用終わり)

    ようこんな小説が成り立ちますなぁ。女の子の描写、無茶でしょう。
    巨乳で童顔、えーっと、他に情報ないんかい!
    序盤のエピソードも胸の話だけ…。

    まぁちょっとふざけたミステリーということで面白かったです。

    「マリオネット症候群」も良かったです。

    西尾維新『零崎双識の人間試験』
    零崎双識の人間試験 (講談社文庫)零崎双識の人間試験 (講談社文庫)
    (2011/12/15)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    敗北から学び廃屋を教え、快楽から習い骸骨を数え、抵抗から修め貞操を救え。振り向いて、立ち止まり、踵を返して、立ち行かん。始まりを終わりまで続け。零の横に零を掛けて三つ、零の底に零を並べて二つ。逢わせて一つ、這わせて零へ。優しい僕から、賢しい貴女に、疚しい試験と、寂しい試練を。西尾維新文庫「人間シリーズ」第一弾。
    (引用終わり)

    零崎シリーズ!
    どんどん読みたくなりますね。
    物語シリーズも買ってきました。

    どっからこの言葉が出てくるんでしょうねぇ。
    ときどき間違ってそうな日本語もあるのですが、
    これもこの世界なのか?と惑わされる。

    さぁ、零崎を始めよう。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ACIDMAN LIVE TOUR "新世界" Zepp Tokyo

    ここ最近仕事の密度が上がってかなり心理状態が悪かったnaologですこんばんは。
    しっかしラーメン花月嵐は合わなかったですね…だだがらい。関東好みの味付け?

    さて、そんなことよりライブ行ってきました。
    ゼップ~。

    まずはメガウェブでうろうろ。
    アクアのペダルSWを観察しようとするも不審なので遠慮。
    86も良いですが、やはりCT200hの方が気になる。
    400万円超…買えそうで買えないですな。

    物販は混んでたので遠目に確認。
    ん?
    花火が置いてないか?
    武道館ではタオル買うかな。会社で使うので←

    2000番台なので入場遅いかと思いきや、中のロッカー普通に使えましたね。
    ドリンクはカシス、ウォッカ、ソーダ?氷おっきい。持つ手が冷えた!

    最近のライブはアナウンスが入るのですね。
    「もうすぐ始まるからロビーにいないで入りたまえー」的な。
    ONE OK ROCKでもそうだったらしい。
    いつ始まるかのドキドキ感が減少。

    序盤はswayedでぐっと盛り上がって始まったなぁと。
    CDで聴いていると割りとなんてことない(寧ろつまらない)曲だと思うのですが、
    毎度ライブでは驚かされます。
    新アルバムの曲達も良い感じ。綺麗な音と迫力ある音。

    全体的にやっぱACIDMAN良いなぁという感じで楽しんでました。
    あんまり激し過ぎても僕はついていけませんし…(苦笑
    音が好き。普通にギターサイドにいましたが、ベースもしっかり聴こえるし。
    エフェクト掛けてても、コードが解るし。まぁだからどうしたってとこですか。
    そういや今回は光の演出が、ビーム系(?)が多かったような。

    風追い人みたいな曲を通しで演奏して、
    なおかつ前編と後編の間に観客の邪魔も入らない、
    こんなACIDMANとファンのあのライブ会場の空気感が心地よいです。

    あと、やっぱ一人で見るより友人がいたほうがいいですね(笑

    取り敢えずカタストロフ最高です(笑
    イントロだけでわーってなります。

    後半、特にアンコールはバタバタっと終わった感じでしたが、
    何か事情があったのでしょうか。ある証明の後半はボーカルとちってたようにも。。
    イチゴが物販の店員をやるからではないと思いますが…。
    かなり近くで見られました浦山イチゴ。意外と背が高かった。

    帰りに少しだけきょーこさんと話しました。
    ダイバーがいなかったからってがっかりせずにまたライブ会場でお会いしましょう(笑

    では($・・)/~~~
    【“ACIDMAN LIVE TOUR "新世界" Zepp Tokyo”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    最近読んだ本#15

    もうすぐ梅雨…雨の季節は結構好きです。
    いろんなものを洗い流してくれるようだから。

    そしてライブの予定が1,2,3,4,…デスクワークばかりしていて大丈夫だろうか。
    正直長時間立ってるだけで厳しい気がする(笑

    さて読んだ本。

    細音啓『氷結鏡界のエデン11』
    氷結鏡界のエデン11  最終双剣‐ユミエル・ノイズ‐ (富士見ファンタジア文庫)氷結鏡界のエデン11 最終双剣‐ユミエル・ノイズ‐ (富士見ファンタジア文庫)
    (2013/03/19)
    細音 啓

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    天結宮に突如として出現した幽幻種の群れ。護士が、巫女が、千年獅が、そして皇姫自らが戦線に立つという総力戦のさなか、奇妙な情報が走る―巫女ユミィが“ふたり”いる!?戦場にありがちな、ただの情報の錯綜なのか、それとも…。真偽を確かめるべく、塔を駆け上がるシェルティス。だが、時を同じくして、浮遊大陸全土に“何か”が重くきしむ音が響き渡り、不気味な振動が塔をゆらす。塔の最上階、シェルティスの前に立つ異篇卿イグニドは驚くべき事実を告げる。「氷結鏡界を維持する鍵、今それは私の手の中にあります」あるべき世界を選択する、重層世界ファンタジー。
    (引用終わり)

    もうぼちぼち最終巻ですね。
    ちょっとわざとらしい…感動させよう感が多いかなぁ。

    「エデン」と「イリス」のリンクがうまくいくのを期待してます。

    あさのあつこ『ガールズ・ブルーⅡ』
    ガールズ・ブルー〈2〉 (文春文庫)ガールズ・ブルー〈2〉 (文春文庫)
    (2009/09/04)
    あさの あつこ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    落ちこぼれ高校に通う理穂、美咲、如月も三年生になった。高校最後の夏、周りは着々と進路を決めていくのに、三人は行く末をまだ決められない。恋、友情、進学…タイムリミットが迫る中、私たちの答えはどうしたら見つかるのだろう。未来へ一歩を踏み出す姿を清々しく描いた大人気女子高生シリーズ第二弾。
    (引用終わり)

    1巻の方が面白かったです。

    自分が高校生の時だったら理解できなかったかもしれません。。

    やりたいことって何でしょう?

    岡崎琢磨『珈琲店タレーランの事件簿2』
    珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)
    (2013/04/25)
    岡崎 琢磨

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    京都の街にひっそりと佇む珈琲店“タレーラン”に、頭脳明晰な女性バリスタ・切間美星の妹、美空が夏季休暇を利用してやってきた。外見も性格も正反対の美星と美空は、常連客のアオヤマとともに、タレーランに持ち込まれる“日常の謎”を解決していく。人に会いに来たと言っていた美空だったが、様子がおかしい、と美星が言い出して…。姉妹の幼い頃の秘密が、大事件を引き起こす。
    (引用終わり)

    2巻(*^_^*)
    ちょっとこれはテンション上がります。
    日常の謎、ぼーっとしてたら見逃しそうですね。
    男女のやり取りも色々ですね。

    珈琲飲みたくなります←

    京都行きたくなります←

    お姉さん遊びましょう!

    ん?

    あさのあつこ『NO.6 #4』
    NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)NO.6[ナンバーシックス]#4 (講談社文庫)
    (2008/08/12)
    あさの あつこ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    どうやったら矯正施設の内部に入れるのか。中はどうなっているのか。どんな手を使っても探りだし、侵入しなくてはならない。それが沙布を救う唯一の方法なのだから。紫苑のまっすぐな熱情にネズミ、イヌカシ、力河が動かされる。そして軍が無抵抗な人間を攻撃し始めた。「人狩り」だ。いったい何のために…。
    (引用終わり)

    まだまだ続きの巻。

    さっさと続き読みたいですー。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad