logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    最近読んだ本#35

    俺は呟く こんなはずじゃなかった 街灯も消えた夜の道で
    霞んだ満月と 静まる街と 俺と 野良犬が一匹だけ
                            -a flood of circle「月に吠える」より-

    リーダーがいない中、代理っぽいことをやり、
    メンバーの仕事の責任感について爆発させていた週でした。
    押し潰されるまでやる必要はないと思いますがね…。

    今週は読んでない本も混じえて。

    三雲岳斗『ダンタリアンの書架6』
    ダンタリアンの書架6ダンタリアンの書架6
    (2010/11/30)
    三雲 岳斗

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ダリアンとヒューイは、保養地として知られるレイサム群島に渡った。恩師マクギガンに呼び寄せられたのだ。マクギガンはダリアンに姪のリーシアを紹介する、友だちになってほしいと。だが犬と子供は嫌いだと言い放つダリアンに、リーシアは胸の黒板に『あなたのほうがチビ』と書いて…。一方、島では伝説の海魔による連続殺人事件が噂されていた。そしてそこには、もう一組の男女の影も―。悪魔の本と少女の冒険、第6弾。
    (引用終わり)

    焚書官がきもい。。

    「人化の書」は今までとは逆の視点ですね。


    東亮太『妄想少女』
    妄想少女  そんなにいっぱい脱げません!? (角川スニーカー文庫)妄想少女 そんなにいっぱい脱げません!? (角川スニーカー文庫)
    (2009/08/01)
    東 亮太

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「私が萌えっ娘を描いてハァハァしてはいけないの?」光宏は耳を疑った。学校一の美少女であり、清楚なお嬢様であるはずの紗衣。その正体が、カリスマ萌えイラストレーター“歌川ミウミ”だなんて。しかも紗衣の描いたイラストは光宏の妄想力に反応して実体化。二次元美少女が次から次に三次元に。世界はキャッキャウフフ一色に。二次元専門を自任する少女と二次専を否定する少年。最高ダメヒロイン伝説、始まりまっす。
    (引用終わり)

    1章読んだか読まないくらいでぽいっ(ぇ

    押し付けがましい萌えとか、全然来ない。

    というか、「可愛いでしょ?」っていう感じが鬱陶しい。

    西澤保彦『殺す』
    殺す (幻冬舎文庫)殺す (幻冬舎文庫)
    (2011/10/12)
    西澤 保彦

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「もしかしたら幸せなのかな、このほうが」殺害された女子高校生の遺体発見現場で刑事が洩らすひと言。性的暴行の痕跡はない。怨恨の線で捜査は開始されたが翌日、またもや同じクラスの女子が全裸で殺害された。そして、すぐさま第三の殺人。残酷な女子高生心理と、容赦なき刑事の異常な行動が交錯する大胆不敵な警察小説。
    (引用終わり)

    西澤保彦『猟死の果て』
    猟死の果て (ハルキ文庫)猟死の果て (ハルキ文庫)
    (2000/12/15)
    西澤 保彦

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    卒業を間近に控えた青鹿女子学園の生徒が、「市民公園」で全裸死体で発見された。性的暴行および強盗目的の痕跡がないことから、動機として怨恨の線が強まるのだが、捜査中に同じ青鹿女子学園の、同じクラスの生徒が全裸死体で発見されてしまう。そしてさらに第三の殺人が…。名門女子高に潜む殺意とは一体何なのか?大胆にして緻密なトリックで読者を魅了しつづける著者が、新たなるミステリーに挑む意欲作。
    (引用終わり)

    上の二つ、同じ作品です。あらすじをこうして並べてみると、
    気付いてもおかしくはないか…。あらすじに惹かれた!で買った結果がこれか。
    ちょっとがっかり。
    実際に僕が読んだのは「殺す」だけです。

    面白かった。
    西澤らしい変テコ展開もなく、普通にミステリーで安心。

    首藤瓜於『脳男』
    脳男 (講談社文庫)脳男 (講談社文庫)
    (2003/09/12)
    首藤 瓜於

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    連続爆弾犯のアジトで見つかった、心を持たない男・鈴木一郎。逮捕後、新たな爆弾の在処を警察に告げた、この男は共犯者なのか。男の精神鑑定を担当する医師・鷲谷真梨子は、彼の本性を探ろうとするが……。そして、男が入院する病院に爆弾が仕掛けられた。全選考委員が絶賛した超絶の江戸川乱歩賞受賞作。2000年週刊文春ミステリーベスト10 第1位。
    (引用終わり)

    「いまいち」との評を父から聞いていましたが、
    取り敢えず話題作を蹴っ飛ばすには読むしかないかと。

    結果:いまいち

    大学時代の文学の授業で聞いた、「やたらと知識を披露したがる小説」という印象。
    人物ももっと魅力的にしないとテーマが活きてこないのでは。

    野崎まど『[映]アムリタ』
    [映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)
    (2009/12/16)
    野崎 まど

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    自主制作映画に参加することになった芸大生の二見遭一。その映画は天才と噂されるつかみどころのない性格の女性、最原最早の監督作品だった。最初はその天才という呼び名に半信半疑だったものの、二見は彼女のコンテを読み始めた直後にその魅力にとりつかれ、なんと二日以上もの間読み続けてしまう。彼女が撮る映画、そして彼女自身への興味が二見を撮影へのめりこませていく。そしてついに映画は完成するのだが―。第16回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作。
    (引用終わり)

    これは良い!
    たまたま表紙買いした(髪型で)作品なので期待していませんでしたが、
    かなり楽しめました。

    セリフのやり取りもちょっとしたところにセンスあるなぁなんて感じてしまう。

    ラノベのような進行の割りに、しっかりした世界と展開と文章。ちなみに挿絵は無し。
    メディアワークス文庫はそういうの多い印象。
    電撃と富士見とのカラーの違いをうまく出しているんでしょうね。さすが角川。

    取り敢えずこの作者の別作品を探します。

    新津きよみ『孤独症の女』
    孤独症の女【徳間文庫】孤独症の女【徳間文庫】
    (2012/04/06)
    新津きよみ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    弟夫婦の子供、翔が生まれたとき「あら、目元が由希によく似ているわね」と言ったのは由希の母親だった。似ていたのは顔だけではなかった。成長していく翔から、絵の才能を垣間見る由希。画家になることが夢だった由希は、翔に絵の始動をするようになる。次第にその思いは過剰なまでに強くなる。しかし大きく育つ翔から、絵を描く時間が他のものに奪われていき、憤りを隠しきれない由希は……。他六編、家族の繋がりを様々に描く珠玉の短篇集。
    (引用終わり)

    新津作品の、嫌~な感じを読みたいと思ったのですが、
    やっぱり読んだら読んだで考えていた以上に嫌~になりますね。

    暗い黒い気持ちが。

    「子供のためを想って」というのは外から見ているとかなり不気味ですね。

    西尾維新『鬼物語』
    鬼物語 (講談社BOX)鬼物語 (講談社BOX)
    (2011/09/29)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    阿良々木暦の影に棲む吸血鬼・忍野忍。彼女の記憶から呼び覚まされた、“怪異を超越する脅威”とは…!?美しき鬼の一人語りは、時空を超えて今を呑みこむ―!!
    (引用終わり)

    世間は忍野忍をそんなに欲していたのか?!
    まよいちゃんもっと出してくださいよ。

    今回の『失礼、噛みました』は最高です。

    鬼物語です。

    あと1冊で区切りらしい。あとがきではラストとか書いてあるけど。

    時系列も滅茶苦茶ですが、これはこれでいいんでしょうね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    最近読んだ本#34

    久しぶりにカラオケにいきました。
    やっぱ良いですな!

    真空ホロウとandropをレンタルしてきました。
    家入レオとLUNKHEADが返ってきました。
    そういや年末はどうしよう。。
    カウントダウンジャパンの日程が選べないままでした。
    これ!という決め手に欠けるなぁ。

    今週は台風で忙しくてラノベ三昧。

    平山夢明『「超」怖い話Θ』
    「超」怖い話Θ (竹書房文庫 (HO-32))「超」怖い話Θ (竹書房文庫 (HO-32))
    (2006/07)
    加藤 一

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    シリーズ第8巻、4年目の夏が来た。われわれ日本人の意識の中で、4ほど怪談に相応しい不気味な数字は他にないだろう。4は「死」に、ひいては「死者」に繋がるからである。またこれは毎度のことであるが、「超」怖い話は全42話と決まっている。「42=死に」にかけたものであることは言うまでもない。今回はあらゆる意味でそんな「死」の呪(シュ)がかかった、もっとも彼岸に近い一冊となった。現(うつつ)こ生きるわれわれが、限界ギリギリまで彼岸に近づいてその淵を覗き込み、身を乗り出して掴んできた怪異の数々……怪談ジャンキーの皆様と4の年に恥じることのない恐ろしさである。秋が来ても寒気が引かないかもしれないが、苦情は受け付けない。
    (引用終わり)

    久しぶりに平山怪談が読みたくなって買ってみました。

    その理不尽さが怖い、と言われればそれまでなのですが、
    何故全く無関係の人間が襲われるのだろう?
    と考えてしまうとちっとも怖くなくなるという…。

    三雲岳斗『ダンタリアンの書架3』
    ダンタリアンの書架3 (角川スニーカー文庫)ダンタリアンの書架3 (角川スニーカー文庫)
    (2009/05/01)
    三雲 岳斗

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ダリアンは荒れていた、怒っていた、罵倒していた。読み終えた王都で人気の流行小説第二巻。その三部作の最終巻が刊行されぬまま作家レニー・レンツは半年前に死んでいたのだ。だが、そのレンツからヒューイへ助力を求める手紙が。「奇怪な書物によって囚われた私たちを助けて欲しい」と―。ダリアンは手紙の住所に向かった、続きを書かせるために。人の欲望に応え、不思議な力を発揮する悪魔の本を巡る、少女の冒険、第3弾。
    (引用終わり)

    三雲岳斗『ダンタリアンの書架4』
    ダンタリアンの書架4 (角川スニーカー文庫)ダンタリアンの書架4 (角川スニーカー文庫)
    (2010/01/01)
    三雲 岳斗

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    郊外の寄宿学校に招かれたダリアンとヒューイ。上流階級の令嬢が集まる女子校で、“幻書”を探す二人は、中等部五年のジェシカと出会う。ジェシカの狙いは、学園に“幻書”を持ち込んだ、連続猟奇殺人犯ディフリングを見つけ出すこと。学園で相次ぐ神隠し事件、その被害者の一人はジェシカの親友だった。神出鬼没のディフリングに対し、ダリアンの仕掛けた罠とは―!?悪魔の力を封じた書物“幻書”を巡る少女の冒険、第4弾。
    (引用終わり)

    三雲岳斗『ダンタリアンの書架5』
    ダンタリアンの書架5 (角川スニーカー文庫)ダンタリアンの書架5 (角川スニーカー文庫)
    (2010/05/01)
    三雲 岳斗

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    明け方に、ダリアンとヒューイの寝室に押し掛けたカミラ。幽霊列車を見にいこう!というのだが…カミラは使用人たちに連れ戻され、結局二人で閑散とした駅に向かうことに。貨物専用のはずの路線に現れたのは豪華な特別客車。飛び乗ったダリアンたちは、列車内で幼い少女と出会う!謎の鍵を握るは一冊の時刻表?禁じられた知識が記された悪魔の本“幻書”をめぐる、“黒の読姫”ダリアンの活躍を描く、人気シリーズ第5弾。
    (引用終わり)

    このシリーズは、ヒューイもそこそこ闘える人間だというのが気に入っています。
    あちこちで“黒の読姫”の名前が伝わっているのはご都合主義的ですが。

    ですがゆえに(笑)

    毎度定型になりそうな展開を孕みつつも、物語の構成が工夫が見られて楽しいです。

    ふと、「キノの旅」をもう一度読みたくなりました。
    極端な世界に触れたい。

    土橋真二郎『演じられたタイムトラベル』
    演じられたタイムトラベル (メディアワークス文庫)演じられたタイムトラベル (メディアワークス文庫)
    (2012/11/22)
    土橋 真二郎

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    大学生の朝倉僚は、目を覚ますと知らない場所に閉じ込められていた。ずきずきと痛む頭、はっきりとしない直前の記憶、首に巻かれた無骨なワイヤー。そして、その場所には“ある共通点”を持つ人間たちが集められていた。かつて制作の頓挫したゲームアプリ“SOD”―その開発者たちが一堂に集められ、ゲームのプレイヤーを“演じる”ことを命じられる。矛盾を起こせば死―記憶だけを頼りに“抜け落ちた時間のイベントを補完する”、決死の舞台が幕を開ける。
    (引用終わり)

    SOD…ソフトオン●マンドかと思いましたよ。

    途中まではソリッドシチュエーションなんたらという感じで面白かったのですが、
    ゲームの攻略方法が明かされてからはうーん。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    最近読んだ本#33

    3連休…いや4連休でした。
    松本そば祭りに行ったりしましたが、まぁなんというか若い人が少ないですね。

    高速道路では、リアフォグランプ点灯しっぱなしの車が何台か。。
    フロントですら渋滞中には要らないと思うのに…嫌がらせなのか気付いてないのか。

    今週読んだ本。

    葵せきな『生徒会の祝日』
    生徒会の祝日    碧陽学園生徒会黙示録8 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の祝日 碧陽学園生徒会黙示録8 (富士見ファンタジア文庫)
    (2013/07/20)
    葵 せきな

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    私立碧陽学園生徒会―そこは美少女メンバー四人が集う楽園だが、ついに「終わり」のときがやってきた。多分、きっと、おそらく、もしかしたら、やっぱり正真正銘、最後の「生徒会の一存」。絡み合う伏線が回収されて、すべての謎が明らかになったり、因縁の敵とのラストバトルさえなく、もちろん世界を救ったりもしない。あまつさえ一人のヒロインだけと結ばれることもなく、ただ楽しい会話を繰り広げていく最終巻。でもそれこそが日常。お別れはさよならではなく、ありがとう。だって…。私立碧陽学園生徒会。そこではきっといつまでも―。
    (引用終わり)

    新・生徒会が始まっているらしいです。

    面白くないので斜め読み、むしろ読み飛ばしました。

    もう生徒会シリーズは終了でokです。

    櫛木理宇『ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下』
    ホーンテッド・キャンパス    桜の宵の満開の下 (角川ホラー文庫)ホーンテッド・キャンパス 桜の宵の満開の下 (角川ホラー文庫)
    (2013/04/25)
    櫛木 理宇

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    幽霊が視えてしまう体質の大学生、八神森司。その能力を生かし(?)、オカルト研究会で、美少女こよみに密かに片想い中。しかしオカ研には、恐怖の依頼が続々と、凍死寸前の男が訴える「雪おんなの崇り」や隙間から覗く眼など、難問奇問を調査する中、恐れていた出来事が!それは、こよみの元同級生だという、爽やか系今どき男子(しかも好青年)小山内の登場で!?ホラーなのに胸キュンと大人気、青春オカルトミステリ第3弾。
    (引用終わり)

    いいねぇこの嫉妬感。
    青春シーンだけでなく、ホラーテイストミステリーも面白いです。
    10月末に新刊出るらしいので楽しみです。

    藤ダリオ『山手線デス・サーキット』
    山手線デス・サーキット (角川ホラー文庫)山手線デス・サーキット (角川ホラー文庫)
    (2011/12/22)
    藤 ダリオ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    修平がふと目を覚ますと、そこは山手線電車の中。左には見知らぬ女性。2人は手錠でつながれており、首にはタイマーつきの時限爆弾が仕掛けられていた。通報すれば人質の親友が殺される。ゲームメーカーのクイズに答えて指令をクリアし東京都内の駅を駆け抜けろ。間違えれば死が待っている―。白昼堂々繰り広げられる、先の読めないサスペンス・ホラー。今度のラストもかなりすごい。注目を集める鬼才の最高傑作。
    (引用終わり)

    解ってみると「あー、なーんだ」という、評価を受け難いタイプのミステリー。

    題材は良く練られていて良い印象でしたが、
    如何せん山田悠介風の作品に仕上げちゃってるのが大きなマイナス。

    三雲岳斗『ダンタリアンの書架2』
    ダンタリアンの書架2 (角川スニーカー文庫)ダンタリアンの書架2 (角川スニーカー文庫)
    (2009/01/01)
    三雲 岳斗

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    世界には知るべきでない知識がある。だが人はあらがいようもなくそれに惹かれ、いつしか境界を越えてしまう。現世の理と因果の律を狂わせる危険な書物“幻書”。迷宮図書館ダンタリアンの書架は、幻書を封印するために在る―。ある屋敷に招かれたヒューイとダリアン。祖父が遺した蔵書の鑑定を求める令嬢エステラ、その陰に見え隠れする血塗られた秘密…全ては1冊の本のせいか、それとも―。悪魔の本と少女の冒険、第2弾。
    (引用終わり)

    ダリアンが髪型をこっそり変えるのがツンデレっぽくて良いですね。

    アニメで見たなー、と思ってしまう話ばかりですが、それだけ印象の強いということで。

    湊かなえ『往復書簡』
    往復書簡 (幻冬舎文庫)往復書簡 (幻冬舎文庫)
    (2012/08/02)
    湊 かなえ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    高校教師の敦史は、小学校時代の恩師の依頼で、彼女のかつての教え子六人に会いに行く。六人と先生は二十年前の不幸な事故で繋がっていた。それぞれの空白を手紙で報告する敦史だったが、六人目となかなか会う事ができない(「二十年後の宿題」)。過去の「事件」の真相が、手紙のやりとりで明かされる。感動と驚きに満ちた、書簡形式の連作ミステリ。
    (引用終わり)

    嘘くさい雰囲気が前面に出過ぎていて、どっぷり世界に漬かることができなかった本。

    あらすじに書かれている「二十年後の宿題」は六人目の正体で驚きがあったものの、
    所詮はそういうラストか、というがっかり。

    読み返すと納得できない。

    京極夏彦『数えずの井戸』
    数えずの井戸 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)数えずの井戸 (C・NOVELS BIBLIOTHEQUE)
    (2013/06/24)
    京極 夏彦

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    欠けている男、満ちあふれた男。足りている女、求め続ける女。数える男、数えられない男。それぞれの生を映す瞑く冷たい井戸の縁で、ただ静かに狂う歯車―それは、はかなくも美しい、もうひとつの「皿屋敷」。江戸時代、人口に膾炙し怪談となった「事件」を、当代きっての戯作者・京極夏彦が独自の解釈で語り直す人気シリーズ、待望の第三作。
    (引用終わり)

    中央公論のノベルス版が出るのを待って買いました。その割になかなか手を付けてませんでしたが…。
    10月アタマから読み始めてやっと読み終わりました。

    番町更屋敷を題材にはしているのですが、、皿を数える幽霊のハナシではありません。

    又市も出てきますが、それほど大活躍する訳でもありません。

    あらすじにあるように、色んな人々の残念な人生を描いているという感じです。

    自分はどんな生き方をしていこうか。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    最近読んだ本#32

    新しい車が我が家にきました。
    超高級な車ではないけれど、正直言ってあちこち設計思想が素晴らしい。

    それと、スポーツクラブ的なところで運動してみました。
    走ったりバイクこいだりするよりも、筋トレ装置のほうが面白い…。

    今週読んだ本。

    西澤保彦『新装版 瞬間移動死体』
    新装版 瞬間移動死体 (講談社文庫)新装版 瞬間移動死体 (講談社文庫)
    (2012/09/14)
    西澤 保彦

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    妻の殺害を企むヒモも同然の婿養子。妻はロスの別荘、夫は東京の自宅。夫がある能力を使えば、完璧なアリバイが成立するはずだった。しかし、計画を実行しようとしたその時、事態は予想外の展開に。やがて別荘で見知らぬ男の死体が発見される。その驚愕の真相とは?緻密な論理が織り成す本格長編パズラー。
    (引用終わり)

    やっと解ってきたのですが、どうも西澤保彦はトンデモミステリーが多いようです。

    しかしその超能力やら不思議条件を用いて、ミステリーをうまいこと構築するんだから嫌いになれない。
    上遠野浩平にも似たようなのがありましたが、この作品もなかなかのものです。

    荻原規子『RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごし方』
    RDG3 レッドデータガール  夏休みの過ごしかた (角川文庫)RDG3 レッドデータガール 夏休みの過ごしかた (角川文庫)
    (2012/07/25)
    荻原 規子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    学園祭のテーマに“戦国学園祭”が決まり、鈴原泉水子、相楽深行たち生徒会執行部は、夏休みに宗田真響の地元、長野県戸隠で合宿をすることになる。初めての経験に胸はずませる泉水子だったが、真響の生徒会への思惑がさまざまな悶着を引き起す。そこへ、真響の弟、真夏の愛馬が危篤だという報せが届く。三つ子の一人である真澄によって真夏は次元の向こうに取りこまれ、大きな災厄が…。最高傑作、RDGシリーズ第3巻。
    (引用終わり)

    作品の方向性が見えない!

    あらすじ通り、最高傑作のシリーズになるのだろうか…。

    正直、キャラもややぶれているし、飽きてきた。。

    葵せきな『生徒会の土産』
    生徒会の土産  碧陽学園生徒会黙示録7 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の土産 碧陽学園生徒会黙示録7 (富士見ファンタジア文庫)
    (2012/07/20)
    葵 せきな

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    私立碧陽学園生徒会―そこは、美少女メンバー四人が集う楽園だが…え?「生徒会の一存って終わったんじゃないの?」って。HAHAHA、YOUは面白いことを言うね。日本には「立つ鳥跡を濁さず」ということわざがあるのを知っているかな?というわけで『みんな集まれ!碧陽学園大合同二次会―ポロリは無いよ!』の開催をここに宣言しよう!ある意味ラスボス的な存在の本妻、飛鳥や杉崎の妹、林檎も参戦。他にもあんなキャラや、こんなキャラなどオールキャスト総出演でお贈りする碧陽学園卒業式延長戦!最後の思い出は「らしく」たくさんの笑顔で―これがみんなの愛すべき日常。
    (引用終わり)

    真面目パートは相変わらずクソつまらんですね。
    取って付けたような、というしかない。

    笑いのパートは最高です。
    通勤電車で読んでいて、別の意味で会社に行きたくなくなりました。

    西尾維新『零崎軋識の人間ノック』
    零崎軋識の人間ノック (講談社文庫)零崎軋識の人間ノック (講談社文庫)
    (2012/05/15)
    西尾 維新

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「零崎一賊」-それは「殺し名」の第3位に列せられる殺人鬼の一族。釘バット「愚神礼賛」ことシームレスバイアスの使い手・零崎軋識。次から次へと現れる「殺し名」の精鋭たち。そしてその死闘の行く末にあるものは一体!?
    (引用終わり)

    シームレスバイアス、マインドレンデル…。
    キャッチーな名前をよく思いつくなぁ。

    子荻ちゃんがいいですね←

    佐藤多佳子『ごきげんな裏階段』
    ごきげんな裏階段 (新潮文庫)ごきげんな裏階段 (新潮文庫)
    (2009/10/28)
    佐藤 多佳子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    アパートの裏階段。太陽も当たらず湿ったその場所には、秘密の生き物たちが隠れ住んでいる。タマネギを食べるネコ、幸せと不幸をつかさどる笛を吹く蜘蛛、身体の形を変えられる煙お化け。好奇心いっぱいの子供たちは、奇妙な生き物たちを見逃さず、どうしても友達になろうとするが…。子供ならではのきらめく感情と素直な会話。児童文学から出発した著者、本領発揮の初期作品集。
    (引用終わり)

    ほんわかしてる。

    すっげーぽかぽかしていて、今の気分じゃない!

    三雲岳斗『ダンタリアンの書架1』
    ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫)ダンタリアンの書架1 (角川スニーカー文庫)
    (2008/11/01)
    三雲 岳斗

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ヒューイは、かつて所領の半分を1冊の稀覯本と引き替えにしたほどの蒐書狂である祖父から、古ぼけた屋敷とその蔵書の全てを引き継いだ。条件は一つ、“書架”を引き継げ―と。遺品整理に屋敷を訪れたヒューイは、本が溢れる地下室で、静かに本を読む少女と出会う。漆黒のドレスに身を包み、胸に大きな錠前をぶら下げた少女ダリアン。彼女こそ、禁断の“幻書”を納める“ダンタリアンの書架”への入り口、悪魔の叡智への扉だった―。
    (引用終わり)

    アニメだけ観ていて、好きだったので原作ラノベ買ってみました。

    うーん、ダリアンがいい。。ゴシックなのはいいですなぁ。
    「~なのです」の語尾が可愛い。。

    幻書によって戦うシーンは、アニメの演出が好きですね。
    ややクサいですが、文章をたんたんと読むののがしびれた覚えがあります。

    BD買ってしまおうか…。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad