logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    読んだ本(5/26~5/31)

    暑くなりましたなぁ。
    去年何してたかなと思いましたが、やっぱりぼーっとしてました。

    望月諒子『腐葉土』
    腐葉土 (集英社文庫)腐葉土 (集英社文庫)
    (2013/04/19)
    望月 諒子

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    笹本弥生という資産家の老女が、高級老人ホームで殺害されているのが見つかった。いつもお金をせびっている孫の犯行なのか?そこに生き別れたもう一人の孫という男が名乗りでる。詐欺事件や弁護士の謎の事故死が、複雑に絡まりはじめ―。関東大震災、東京大空襲を生き延び、焦土の中、女ひとりでヤミ市でのし上がり、冷徹な金貸しとなった弥生の人生の結末とは。骨太ミステリーの傑作長編。
    (引用終わり)

    弥生の人生は非常に濃くて、ひき込まれました。

    でも、現実の事件がしょぼい。。
    そういうの求めてない感がありました。

    ボリュームの割には満足感が得られず残念。

    高田崇史『QED ~ventus~ 鎌倉の闇』:再々読
    QED~ventus~〈鎌倉の闇〉 (講談社文庫)QED~ventus~〈鎌倉の闇〉 (講談社文庫)
    (2007/09/14)
    高田 崇史

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「神は三種類に分類される。まず第一が、大自然。次は祖霊。最後は、時の朝廷に対して戦い、恨みを呑んで亡くなっていった人々」。銭洗弁天、鶴岡八幡宮、御霊神社…鎌倉をそぞろ歩く奈々、沙織の棚旗姉妹に、桑原崇が説く、源三代にまつわる謎の答えが、そのとき密室で起こった社長失踪事件をも解き明かす。
    (引用終わり)

    一回目
    二回目
    三回目の読書。

    やっぱ面白いなぁ。

    松岡圭祐『万能鑑定士Qの謎解き』
    万能鑑定士Qの謎解き (角川文庫)万能鑑定士Qの謎解き (角川文庫)
    (2014/05/24)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    卓越した鑑定眼と論理的思考の持ち主、凛田莉子23歳。幾多の“人の死なないミステリ”に挑んできた彼女が、『週刊角川』記者の小笠原悠斗とともに、最大の謎に直面する。大陸から怒涛のごとく押し寄せる複製品の山。しかしその製造元も、工場の所在も、首謀者もあきらかではなかった。仏像、陶器、絵画にまつわる新たな不可解を、莉子は解明できるか。Qシリーズ第20巻、Q&αシリーズ第25巻記念、最高傑作登場。
    (引用終わり)

    相変わらずあらすじが大袈裟(笑)

    日中関係といった情勢をうまく織り込んだ小説。
    こんな決着だといいですね。

    竹岡葉月『蒼井葉留の正しい日本語』
    蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)蒼井葉留の正しい日本語 (ファンタジア文庫)
    (2014/05/20)
    竹岡 葉月

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ラノベ作家になるという夢を叶えるべく、高校進学と同時にひとり暮らしを決めた久坂縁。彼が新居である「鳩居寮」で出会った少女・蒼井葉留は、パッと見は可憐、中身は「辞書」と「正しい日本語」を愛しすぎる変人だった。「あのあの、久坂君。ここの、奥義“土龍天翔爆裂拳”とはどういう意味でしょうか」書き上げたばかりの原稿を真っ赤に校正され、中二ワードの意味を真っ正面から質問され、縁のライフは削られっぱなし!ラノベ作家(志望)と日本語少女のディクショナル・ラブコメディ、開幕です!!
    (引用終わり)

    ところどころに挟まれる日本語談話は非常に興味深いです。

    が、ラノベはラノベ…。
    この本自体の会話文が、感覚的な言語で書かれていて、解りにくい。
    「つか、」
    「なんかゆった!?」
    などなど。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    読んだ本(5/19~5/23)

    気づいたら一週間。
    早い…!

    高田崇史『カンナ 天満の葬列』
    カンナ 天満の葬列 (講談社文庫)カンナ 天満の葬列 (講談社文庫)
    (2014/05/15)
    高田 崇史

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    出賀茂神社の社伝「蘇我大臣馬子傳暦」を巡る忍び同士の争いは、更に熾烈に。貴湖の祖父である丹波が何者かに襲われたのを皮切りに、貴湖や忍者犬のほうろくも入院、甲斐自身も繰り返し危険に晒される。そんな中、覚醒しつつある甲斐は、「菅原道真が大怨霊になった理由」と社伝のただならぬ関係を解き明かす!物語が大きく動き出す、シリーズ第7弾!
    (引用終わり)

    待望の高田崇史!
    菅原道真が大怨霊になった理由についての考察。

    今までのシリーズ中では結構軽い。
    結局、怨霊ではないけども、怨霊になった。みたいな。

    大石圭『堕天使は瞑らない』
    堕天使は瞑らない (光文社文庫)堕天使は瞑らない (光文社文庫)
    (2014/05/13)
    大石 圭

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    バリ島に向かうため、木田健太は成田空港にいた。隣に目を瞠るほど美しい婚約者を伴って。茉莉花―健太が、生まれてから目にした誰よりも綺麗な女。誰よりも女らしい女。そして、信じられないような快楽を与えてくれる女。ただ、彼女が生物学的には女性でないだけだ。誰にも祝福されない二人だけの挙式への旅立ち。そこで彼らを待つ、切なくも壮絶な運命とは?文庫書下ろし。
    (引用終わり)

    こういうのもBLなのでしょうか。
    読んだことないので解りません。

    性同一障害がテーマなんだろうなー。

    最後の最後、この救われないところが最高に良かった。

    天沢夏月『サマー・ランサー』
    サマー・ランサー (メディアワークス文庫)サマー・ランサー (メディアワークス文庫)
    (2013/04/25)
    天沢 夏月

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    剣道界で神童と呼ばれながら、師である祖父の死をきっかけに竹刀を握れなくなった天智。彼の運命を変えたのは、一人の少女との出会いだった。高校に入学したある日、天智は体育館の前で不思議な音を耳にする。それは、木製の槍で突き合う競技、槍道の音だった。強引でマイペース、だけど向日葵のような同級生・里佳に巻きこまれ、天智は槍道部への入部を決める。剣を失った少年は今、夏の風を感じ、槍を手にする―。第19回電撃小説大賞“選考委員奨励賞”受賞作。
    (引用終わり)

    著者デビュー作。
    表紙が目に付いたので買うという一時期のラノベ戦略で入手。

    文章はかなりしっかりしていて、勢いもあって面白い。
    「槍道」のアイデアは基本的に剣道なんでしょうが、
    凝っていてわくわく。

    ちょっと青春を通り越して暑苦しくクサいところが気になるのと、
    ヒロインの態度が好きになれなかったのが残念ポイント。

    あと、ストーリーが薄っぺらいです(致命的)(笑)

    西尾維新『終物語(下)』
    終物語 (下) (講談社BOX)終物語 (下) (講談社BOX)
    (2014/04/02)
    西尾 維新、VOFAN 他

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    “それがきみの―青春の終わりだ”大学受験当日の朝、北白蛇神社へ向かった阿良々木暦。彼を待ち受けていたのは、予期せぬ笑顔と最終決戦の号砲だった―。すべての“物語”はいまここに収束する…。
    (引用終わり)

    忍野扇…なるほど、よくもまぁここまで言葉遊びというか
    トリックを仕掛けられますね。

    これで終わりにしては壮大さはありませんが、
    締めの感じは納得。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    家入レオ 3rd ワンマン Tour ~a boy~

    だいぶ前になってしまいますが、
    ゴールデンウィーク初日に行ったライブ。

    家入レオ『家入レオ 3rd ワンマン Tour ~a boy~』
    2014/04/26 渋谷 NHKホール

    開場済みの時間帯にのんびり入場。
    まさかの2階席一番後ろ。
    ライブと言いつつも全席指定のホールなので、
    老若男女…本当に、お爺さんと孫娘(小学生くらい)とかざらでした。
    これがTVに出ているポップスの力か…!

    開演しても、1階のお客さんは立っていたようですが、
    2階は危険なところもあるのか(警備員に止められてる人いた)
    全員着席!

    ライブなのにまったり。これはコンサートというのでしょうか。
    定義がわかりませんが。
    途中トチってたりもしたので、生音源でしょうし、
    バックのバンドもなかなか良かったです。

    しかし、ほぼ全曲観客が手拍子…気持ち悪い。

    あと、MCが「いや~、あれですね、」という感じでばかりだったので
    もうちょっと考えておこうよ!という印象でした。

    どこかのフェスで見られるといいなと思います。

    では($・・)/~~~
    【“家入レオ 3rd ワンマン Tour ~a boy~”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    読んだ本(5/12~16)

    今週は比較的落ち着いていました。

    きのこ帝国とかレンタルしたけどいまいちだったな…
    シシド・カフカもCDだと魅力半減。

    中山七里『さよならドビュッシー』
    さよならドビュッシー (宝島社文庫)さよならドビュッシー (宝島社文庫)
    (2011/01/12)
    中山 七里

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「最後にどんでん返しがあってね、面白かったです。思わず買っちゃいましたからね、クラシックのCDを。」<「ダ・ヴィンチ」9月号>と妻夫木聡さんも絶賛した音楽ミステリー。
    祖父と従姉妹とともに火事に遭い、全身大火傷の大怪我を負いながらも、ピアニストになることを誓う遥。コンクール優勝を目指して猛レッスンに励むが、不吉な出来事が次々と起こり、ついに殺人事件まで発生する……。ドビュッシーの調べも美しい、第8回『このミス』大賞大賞受賞作。
    (引用終わり)

    以前読んだ『カエル男』よりは断然よく、仲直りができたかなー。
    ピアノについてはほとんど知識ありませんが、音楽の話題もgood。
    ミステリーというよりは、一人の少女の音楽物語。

    しかしさすが宝島。誤植か誤字か適当なのか…
    38頁
    お爺ちゃんの申し出にあたしたちは二つ返事でオーケー3した。
    …オーケー3したって何でしょう(笑)

    40頁
    「親の金で生活してして定職に就かんような奴は穀潰しやぁっ、てアレ」
    …してして(笑)ちなみに先に出ていた台詞はミスなし。

    284頁
    独壇場
    …まぁこれは間違いでもないようになっていますが。

    294頁
    耳触り
    …これはやはりおかしいかなぁ。“障り”なのですから。

    石崎とも『嘘つきは探偵の始まり』
    嘘つきは探偵の始まり ~おかしな兄妹と奇妙な事件~ (メディアワークス文庫)嘘つきは探偵の始まり ~おかしな兄妹と奇妙な事件~ (メディアワークス文庫)
    (2014/04/25)
    石崎とも

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    名探偵・神條拓真宅に忍び込んだ泥棒青年。彼が出会ったのは、棚を物色している見知らぬ一人の泥棒少女だった。「私はあなたの妹ですよ。お兄さん。可愛い妹の顔を忘れてしまったのですか?」「実の妹の顔を忘れるなんて兄失格だな」―お互い「誰だ?」と探り合いながらも初対面でこんな嘘をつき合う二人が、なぜかコンビの探偵として奇妙な事件を解くことに…!?「嘘は嫌いだ」という泥棒青年・神條久人と先客の泥棒少女・柳野花。歪んだ二人がこの家で出会ったことには、何か理由があるようで…。
    (引用終わり)

    デビュー作?レベル低い。。
    下の本に比べてまだ登場人物に魅力があるので良かったですが。

    あとがきが誤植なのかこれまた意味不明。
    火と油って言ったり水と油って言ったり。

    八重野統摩『犯罪者書館アレクサンドリア』
    犯罪者書館アレクサンドリア ~殺人鬼はパピルスの森にいる~ (メディアワークス文庫)犯罪者書館アレクサンドリア ~殺人鬼はパピルスの森にいる~ (メディアワークス文庫)
    (2014/04/25)
    八重野統摩

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    父親が多額の借金を残して亡くなった。神田六彦はその肩代わりとして殺されかけるが、突如として現れた夏目と名乗る女によって、彼女の経営する店で働くことを条件に命を救われる。しかし、そうして足を踏み入れたアレクサンドリアは、殺し屋を始めとする反社会的な人間だけが利用する言わば犯罪者書館。常識も法律も通用しないその点では、シャーロック・ホームズを名乗る殺人鬼によって、次々と常連達が消され始めていた。
    (引用終わり)

    2頁目にして読むのやめようかと。“絶対絶命”って何です。
    わざとだったのだろうか…。
    ところどころ送り仮名がおかしいところを踏まえると、
    恐らく作者と編集者がぼーっとしているのでしょうが。

    書店員をしながらの執筆で、あとがきからも本好きな印象が伺える。
    その割りに、という感じですねぇ。

    ミステリーとしては三流でしょう。
    キャラもそれほど面白くないし。

    サブタイトルがあるだけでもうダサくて…。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    読んだ本(~5/9)

    まさかのゴールデンウィークにPC起動しなくなり、
    システムリカバリによりまっさらになりました。

    高野和明『ジェノサイド(上)』
    ジェノサイド 上 (角川文庫)ジェノサイド 上 (角川文庫)
    (2013/12/25)
    高野 和明

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    イラクで戦うアメリカ人傭兵と、日本で薬学を専攻する大学院生。まったく無関係だった二人の運命が交錯する時、全世界を舞台にした大冒険の幕が開く。アメリカの情報機関が察知した人類絶滅の危機とは何か。そして合衆国大統領が発動させた機密作戦の行方は―人類の未来を賭けた戦いを、緻密なリアリティと圧倒的なスケールで描き切り、その衝撃的なストーリーで出版界を震撼させた超弩級エンタテインメント、堂々の文庫化!
    (引用終わり)

    高野和明『ジェノサイド(下)』
    ジェノサイド 下 (角川文庫)ジェノサイド 下 (角川文庫)
    (2013/12/25)
    高野 和明

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    研人に託された研究には、想像を絶する遠大な狙いが秘められていた。一方、戦地からの脱出に転じたイエーガーを待ち受けていたのは、人間という生き物が作り出した、この世の地獄だった。人類の命運を賭けた二人の戦いは、度重なる絶対絶命の危機を乗り越えて、いよいよクライマックスへ―日本推理作家協会賞、山田風太郎賞、そして各種ランキングの首位に輝いた、現代エンタテインメント小説の最高峰。
    (引用終わり)

    おー、たしかにエンターテインメント。
    ハードカバー発売当時、まさかのヒットをしていた作品。

    よくぞここまで…というくらい緻密なストーリーの組み方で
    非常に面白いです。

    ただ、どうしても後半に進むにつれて
    悲劇が忘れ去られて
    どこか偽善的に思えてしまうのが残念です。

    もっとめちゃくちゃにしてもらいたい。

    我孫子武丸『眠り姫とバンパイア』
    眠り姫とバンパイア (講談社文庫)眠り姫とバンパイア (講談社文庫)
    (2014/03/14)
    我孫子 武丸

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    母親とふたり暮らしの小学5年生の相原優希。彼女の家庭教師を引き継いだばかりの荻野歩実は、パパが3年ぶりに会いに来てくれたと打ち明けられる。父親が一緒に暮らしていない理由を知らない歩実が前任の柚木美沙に尋ねると、そこには家族を襲った悲劇が…。パパはバンパイアだという優希の思いとは?
    (引用終わり)

    「かつで子どもだったあなたと少年少女のための」ミステリーシリーズ。

    トリックはそれほど難解ではありませんが、
    意外にも(?)楽しめます。やはり新本格ミステリー。

    青柳碧人『雨乞い部っ!1』
    雨乞い部っ!1 (講談社ラノベ文庫)雨乞い部っ!1 (講談社ラノベ文庫)
    (2012/03/30)
    青柳 碧人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    晴れ男の照島陽太は、雨を降らせて憧れの柚香先輩の下着を透かせたいという邪まな気持ちと、クラスメイトの虹町にたきつけられた勢いで、雨乞い部に入部してしまう。部員は柚香先輩を含めた上級生3人と、陽太と虹町を含めた新入部員3人というマイナーっぷり。だが雨乞いは政治や経済をも左右する神聖な競技であり、スポーツとなっていた。厳しい練習、難しい舞、陽太の青春は辛いだけだった。雨乞いを成功させられないまま、陽太は強豪校が揃う関東大会個人戦にエントリーされることになった。だが、その大会中にとんでもない事故が発生。雨乞いが結ぶ、友情と恋の行方は…!?汗と涙と雨に濡れる、異色の青春スポーツラブコメディ。
    (引用終わり)

    はいはい。
    ラノベですね。

    何ですか雨乞いして女の子のTシャツを濡らして透かすって。

    引くわー。

    松岡圭祐『人造人間キカイダー The Novel』
    人造人間キカイダー The Novel (角川文庫)人造人間キカイダー The Novel (角川文庫)
    (2013/07/25)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    2014年映画化。石ノ森章太郎の伝説的名作が本格SF冒険小説となり蘇る。震災後の日本、二足歩行ロボット開発に革命的進化をもたらした研究者が姿を消した。時を同じくして、彼の娘である女子大生の周辺にあやしい男たちの影がちらつきだす。赤と青半身ずつという異形のアンドロイドはなぜ誕生したのか。『催眠』『万能鑑定士Qの事件簿』『ミッキーマウスの憂鬱』の松岡圭祐により生まれ変わった、驚異的な面白さを誇る長篇登場。
    (引用終わり)

    キカイダーを知りませんでしたが、
    まぁさすが松岡。松岡ワールドになってます。

    科学技術用語も凡そ正しく使われている模様。

    一度映像見てみたいですね。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad