logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    読んだ本(7/21~7/27)

    急に発熱して、咳もごほごほ出て、2日ほど休んだので休日出勤。。

    都会生活研究プロジェクト『埼玉ルール』
    埼玉ルール埼玉ルール
    (2013/12/25)
    都会生活研究プロジェクト[埼玉チーム]

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    埼玉県のご当地ルールを49個収録。「タテアクセスは強いが、ヨコアクセスは弱い」「北辰テストが"全国区"だと思ってた」「We are REDS! 」など。「交通編」「買い物編」などジャンルごとに紹介する。
    (引用終わり)

    埼玉に住んでるので埼玉のことをもっと知ろう!という試み。
    うん、そうそう。と肯けるものから、そうだったんだ、まで様々。
    なんだかんだ地元愛があるんでしょうね。

    北野勇作『かめ探偵K』
    かめ探偵K (メディアワークス文庫)かめ探偵K (メディアワークス文庫)
    (2011/05/25)
    北野 勇作

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    街はずれに、寂れた博物館が建っていました。なんの変哲もない建物ですが、その屋根裏部屋には、亀が住んでいるのです。部屋の扉には、クレヨンでこう書かれています。「かめ探偵K」。かめ探偵Kの仕事は3つ。1つめは「甲羅干し」。2つめは「かめ体操」。そして3つめが「謎解き」。依頼人が持ち込んでくる奇想天外な謎を、かめ探偵Kは甲羅の中で推理していきます。どこか懐かしい、でも近未来の小さな小さなおはなし。
    (引用終わり)

    設定がいまいち。旧世界とか必要?
    日常の謎、というよりは日常そのもの。

    近江泉美『オーダーは探偵に 謎解き満ちるティーパーティー』
    オーダーは探偵に 謎解き満ちるティーパーティー (メディアワークス文庫)オーダーは探偵に 謎解き満ちるティーパーティー (メディアワークス文庫)
    (2014/06/25)
    近江泉美

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    どんな謎も解き明かすドSな王子様探偵・上倉悠貴から、突然の呼び出しを受けた小野寺美久。彼女が駆けつけた場所は、悠貴が通う高校の正門前だった。羞恥心を覚えながらも、文化祭の準備で忙しい学園に高校生として侵入する美久。悠貴からの命令は、美久が『エメラルドの探偵』として校内の事件を解くことで…!生徒会に送られてきた匿名の脅迫状、目的不明の器物破損、そして文化祭の一般客を巻き込む大事件…危険な謎解きに、高校生探偵・美久が挑む!
    (引用終わり)

    キャラ重視の作品ですが、予想外の展開という意味ではミステリー。
    どたばたするのも楽しいものです。

    口は悪いけれども別に“ドS”ではないだろう…とつまらない感想も添えておきます。

    あさのあつこ『NO.6 #9』
    NO.6〔ナンバーシックス〕♯9 (講談社文庫)NO.6〔ナンバーシックス〕♯9 (講談社文庫)
    (2014/07/15)
    あさの あつこ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    炎に包まれた矯正施設から、命がけの脱出を成功させた紫苑とネズミ。イヌカシらに力を借り、意識を失ったネズミを病院に運んだ紫苑は、かつて地下世界の住人・老から託されたチップを医師のパソコンに差し込んだ。すると―理想都市NO.6を支配していたのは、誰なのか。崩壊と再生の物語、怒涛の最終章!
    (引用終わり)

    あー、終わったー。
    という感じ(笑)

    惰性で読むようになっちゃあシリーズものはだめですね。

    霧舎巧『新本格もどき』
    新本格もどき (光文社文庫)新本格もどき (光文社文庫)
    (2010/02/09)
    霧舎 巧

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    記憶喪失の吉田さんは、ミステリマニアの店主が作るマッシュルームカレーを食べるたびに、あの探偵、この探偵になりきってしまう。しかし、その推理の冴えは―。綾辻行人から有栖川有栖まで、オリジナル作者も公認の「推理&もどき」の華麗なる世界。トリック、ロジック、テクニック!新本格の最終兵器・霧舎巧の魅力が炸裂する極上絶品の美味をご賞味あれ。
    (引用終わり)

    実は一度読んでいる本。
    前回読んだとき
    また違った方向に受け取ることができて面白かったです。

    霧舎、つっぱってるなぁ。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    ACIDMAN LIVE TOUR "ANTHOLOGY"

    他にも2件書けてないライブがあるのですが、まずは思い立ったときにひとつ(笑)

    ACIDMAN『ACIDMAN LIVE TOUR "ANTHOLOGY"』

    2014/06/12
    Zepp Tokyo

    ちょっと埼玉からは遠いのですが、ここは良いですなぁ。
    木曜日ですので午後半休で。
    晩御飯にロッテリア食べたのですが、お腹減りますね。

    物販並んでタオルだけ買って、のんびり中入って。

    いやー、1曲目(最後の国)から楽しい。
    ファン投票曲でのライブなので、
    普段のワンマンライブ以上にマニアックなファンしか集まっていない(笑)
    昔の曲まで聞き込んできてる。

    どの曲も一体感ありの盛り上がりで最高でした。

    僕の投票した曲(風、冴ゆる)も演奏されて嬉しかったです。
    ちなみに2位だったらしい。
    and worldが1位とか、やはりACIDMANのファンてちょっと深い。
    揺れる球体とか、僕も好きです。

    ACIDMANのライブはまだまだ参加し続けたいです。

    では($・・)/~~~
    【“ACIDMAN LIVE TOUR "ANTHOLOGY"”の続きを読む】
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    読んだ本(7/7~7/17)

    先週はブログ書き忘れました。
    ACIDMANの新シングル「Stay in my hand」がこれまた良い曲です。ドラムがかっこいい。

    長月達平『Re:ゼロから始める異世界生活4』
    Re:ゼロから始める異世界生活4 (MF文庫J)Re:ゼロから始める異世界生活4 (MF文庫J)
    (2014/06/24)
    長月 達平

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    屋敷での『死のループ』に打ち勝ち、やっと平穏な日々を取り戻したスバル。束の間の安息を過ごすスバルだったが、王選の使者の来訪により、エミリアと同行して再び始まりの地である王都へと舞い戻ることに。王都で別れた人々との旧交を温めながら王選へのやる気を燃やすスバル。だがエミリアは頑なにそんなスバルの協力を拒む。すれ違いの感情は摩擦を生み、王都で新たに出会った人々をも巻き込んで、エミリアへの想いを胸に、奔走するスバルだったが―!?「エミリアの隣に騎士がいるなら、俺がそれをやる。俺がエミリアを王にする!」大人気WEB小説、新章開始!届かぬ想いと足りない言葉、そしてスバルは―。
    (引用終わり)

    雰囲気ががらっと変わりましたよ。
    「Re:ゼロ」らしい設定はどこかに隠れたようで、
    新たな展開が。

    池井戸潤『ようこそ、わが家へ』
    ようこそ、わが家へ (小学館文庫)ようこそ、わが家へ (小学館文庫)
    (2013/07/05)
    池井戸 潤

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    真面目なだけが取り柄の会社員・倉田太一は、ある夏の日、駅のホームで割り込み男を注意した。すると、その日から倉田家に対する嫌がらせが相次ぐようになる。花壇は踏み荒らされ、郵便ポストには瀕死のネコが投げ込まれた。さらに、車は傷つけられ、部屋からは盗聴器まで見つかった。執拗に続く攻撃から穏やかな日常を取り戻すべく、一家はストーカーとの対決を決意する。一方、出向先のナカノ電子部品でも、倉田は営業部長に不正の疑惑を抱いたことから窮地へと追い込まれていく。直木賞作家が“身近に潜む恐怖”を描く文庫オリジナル長編。
    (引用終わり)

    駅のホームでのトラブルから、家への嫌がらせ…。
    気をつけないといけませんね!←

    朽葉屋周太郎『奇祭狂想曲』
    奇祭狂想曲 (メディアワークス文庫)奇祭狂想曲 (メディアワークス文庫)
    (2012/03/24)
    朽葉屋 周太郎

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    おちゃらけな大学生、名雪小次郎。彼は驚愕していた。すなわち―金がない。そこで小次郎は夏祭り「鳴鼓宮祭」で、濡れ手に粟の金儲けをしようと企む。だが、頼りの相棒・魔王が逮捕され、ピンチに陥る。しかも、かつて敵対していた女子高生・朝霞愛理を人質に、街中を逃げ回るはめになってしまい…。第17回電撃小説大賞“メディアワークス文庫賞”受賞作『おちゃらけ王』の名雪小次郎が、またまた大奮闘!?疾走感あふれる愉快痛快な逃亡劇に、酔いしれろ。
    (引用終わり)

    内容の薄い小説でした。
    魔王もおとなしいし、おちゃらけろよ。

    京極夏彦『冥談』
    冥談 (角川文庫)冥談 (角川文庫)
    (2013/12/25)
    京極 夏彦

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    庭に咲く艶々とした椿の花とは対照に、暗い座敷に座る小山内君は痩せ細り、土気色の顔をしている。僕は小山内君に頼まれて留守居をすることになった。襖を隔てた隣室に横たわっている、妹の佐弥子さんの死体とともに。しかしいま、僕の目の前に立つ佐弥子さんは、儚いほどに白く、昔と同じ声で語りかけてくる。彼女は本当に死んでいるのだろうか。「庭のある家」をはじめ、計8篇を収録。生と死のあわいをゆく、ほの瞑い旅路。
    (引用終わり)

    面白い。短編集だからこそのぐっとくる怖さ。

    三津田信三『山魔の如き嗤うもの』
    山魔の如き嗤うもの (講談社文庫)山魔の如き嗤うもの (講談社文庫)
    (2011/05/13)
    三津田 信三

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    忌み山で続発する無気味な謎の現象、正体不明の山魔、奇っ怪な一軒家からの人間消失。刀城言耶に送られてきた原稿には、山村の風習初戸の“成人参り”で、恐るべき禁忌の地に迷い込んだ人物の怪異と恐怖の体験が綴られていた。「本格ミステリ・ベスト10」二〇〇九年版第一位に輝く「刀城言耶」シリーズ第四長編。
    (引用終わり)

    読むのに4日かかりましたが、その時間も忘れるような世界。
    三津田信三にハマろうとしています。

    ホラーとミステリーの融合、最高です。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    読んだ本(6/30~7/5)

    あー、今週も吐き気を抑えながら頑張りましたよっと。

    浦賀和宏『時の鳥籠(上)』
    時の鳥籠(上) (講談社文庫)時の鳥籠(上) (講談社文庫)
    (2014/05/15)
    浦賀 和宏

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「この子は近い将来、自殺する」。初対面の少女の運命をなぜか私は知っていた。少女に出会った瞬間意識を失った私は、心肺停止から奇跡的に蘇生するが、見るのも聞くのも全て昔のものだ。もしかしたら私は未来から来た人間なのか。私は少女を自殺から救うべきなのか。時空の螺旋が絡み合う安藤シリーズ第二弾。
    (引用終わり)

    浦賀和宏『時の鳥籠(下)』
    時の鳥籠(下) (講談社文庫)時の鳥籠(下) (講談社文庫)
    (2014/05/15)
    浦賀 和宏

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    その少女は、私―浅倉幸恵が高校時代に一度だけセックスをした直樹にうり二つだった。少女はすでに妊娠中で、子供の名前を直樹とつけると決めたという。過去の出来事と未来の出来事の奇妙で不可解な一致。二人の直樹は同一人物なのか?『記憶の果て』と対をなす、「私」という謎の迷宮を彷徨うミステリ。
    (引用終わり)

    浦賀ミステリー面白い!
    はまったなぁ。

    ある意味「よくわからない」で終わりそうな部分はあるので心配ですが…。

    『記憶の果て』と繋がりながらも、次はここの真相が明かされるのか!と楽しみにも。
    このSF要素は狡いです。

    夢野久作『押絵の奇蹟』
    押絵の奇蹟 (角川文庫)押絵の奇蹟 (角川文庫)
    (2013/10/25)
    夢野 久作

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    明治35年、東京、丸の内演芸館。美貌のピアニスト・井ノ口トシ子が演奏中、喀血して倒れた。自身の命が長くないことを悟ったトシ子は、同い年の歌舞伎役者・中村半次郎に宛て、身の上話を綴った長い手紙を送る。彼女の出生に隠された秘密とは?「押絵の奇蹟」江戸川乱歩をして「グッと惹きつけられてしまった…私は読みながら度々ため息をついた」と言わしめた表題作の他、「氷の涯」「あやかしの鼓」を収録。
    (引用終わり)

    うーん。。気分と合わず。。

    ただ、惹きつけられるというのは解るなぁ。

    浅葉なつ『空をサカナが泳ぐ頃』
    空をサカナが泳ぐ頃 (メディアワークス文庫)空をサカナが泳ぐ頃 (メディアワークス文庫)
    (2011/02/25)
    浅葉 なつ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    出版社で多忙な毎日を送る中津藍。そんな彼が、煙草を吸いながら空を見上げると、一匹の魚が泳いでいた。目をこすっても魚は消えることなく優雅にヒレを揺らして通り過ぎていく。オフィスを街を家の中を悠々と泳ぐ魚たち。この鬱陶しい現象はなに?藍は魚を消す方法を探し始めるが、魚は増える一方で、しかも視界を埋め尽くすときに訪れる運命を聞かされ…。さまざまな想いを交差させ、ちょっと変な仲間たちが繰り広げる、未来を賭けた大騒動。第17回電撃小説大賞・メディアワークス文庫賞受賞作。
    (引用終わり)

    途中まではいまいちだったのですが、
    最後には感動の作品に。

    予想外に深いので他作品も読んでみよう。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad