logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    読んだ本(2/16~2/20)

    疲れているはずなのに寝つきが悪いととてもがっかりします。

    栃木の法則研究委員会『栃木の法則』
    栃木の法則 (リンダパブリッシャーズの本)栃木の法則 (リンダパブリッシャーズの本)
    (2015/01/22)
    栃木の法則研究委員会

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    栃木県民がうなずくあるあるネタ&うんちく300を一挙掲載!これで、あなたはもっと栃木を好きになる!
    (引用終わり)

    友人の結婚式が宇都宮であったので空き時間に読むために買いました。

    なるほど面白いですね栃木。
    宇都宮は都会やし、那須塩原は遊べるし。

    宮部みゆき『ソロモンの偽証(一)』
    ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 上巻 (新潮文庫)
    (2014/08/28)
    宮部 みゆき

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    クリスマス未明、一人の中学生が転落死した。柏木卓也、14歳。彼はなぜ死んだのか。殺人か。自殺か。謎の死への疑念が広がる中、“同級生の犯行”を告発する手紙が関係者に届く。さらに、過剰報道によって学校、保護者の混乱は極まり、犯人捜しが公然と始まった―。一つの死をきっかけに膨れ上がる人々の悪意。それに抗し、死の真相を求める生徒達を描く、現代ミステリーの最高峰。
    (引用終わり)

    宮部みゆき『ソロモンの偽証(二)』
    ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)ソロモンの偽証: 第I部 事件 下巻 (新潮文庫)
    (2014/08/28)
    宮部 みゆき

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    もう一度、事件を調べてください。柏木君を突き落としたのは―。告発状を報じたHBSの報道番組は、厄災の箱を開いた。止まぬ疑心暗鬼。連鎖する悪意。そして、同級生がまた一人、命を落とす。拡大する事件を前に、為す術なく屈していく大人達に対し、捜査一課の刑事を父に持つ藤野涼子は、真実を知るため、ある決断を下す。それは「学校内裁判」という伝説の始まりだった。
    (引用終わり)

    流行りのものも読もうかと。

    このウザさ、感動しますね。

    ミステリーと呼ぶには疑問が入りますが、
    非常に面白い作品です。

    長編なので中間は果たして。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    読んだ本(2/7~2/13)

    友人の結婚式に出席しましたが、やはりきちっとした場は良いですね。

    水沢あきと『不思議系上司の攻略法③』
    不思議系上司の攻略法〈3〉 (メディアワークス文庫)不思議系上司の攻略法〈3〉 (メディアワークス文庫)
    (2011/12/22)
    水沢 あきと

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    クリスマスも近づき始めた初冬。メイド喫茶メイプル・ホームに、くだけた物腰の男が現れた。真夜の実兄で、石峰家と袂を分かった男、裕。彼は自身が興したネット販売専門のベンチャー「ラムシーク」のサイトリニューアルを、ケーイージーの真夜たちのチームに依頼しているのだという。しかし肉親との仕事にも拘わらず、真夜の表情は固い。彼女は過去、裕から共に家を出ようと持ちかけられた時、断ってしまったという負い目があったのだ。ぎこちない兄妹を心配する健二は―。
    (引用終わり)

    作品は面白いが、作者体験の切り売りのようなもの。

    島田荘司『ロシア幽霊軍艦事件』
    ロシア幽霊軍艦事件: 名探偵 御手洗潔 (新潮文庫nex)ロシア幽霊軍艦事件: 名探偵 御手洗潔 (新潮文庫nex)
    (2015/01/28)
    島田 荘司

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    箱根、富士屋ホテルに飾られていた一枚の写真。そこには1919年夏に突如芦ノ湖に現れた帝政ロシアの軍艦が写っていた。四方を山に囲まれた軍艦はしかし、一夜にして姿を消す。巨大軍艦はいかにして“密室”から脱したのか。その消失の裏にはロマノフ王朝最後の皇女・アナスタシアと日本を巡る壮大な謎が隠されていた―。御手洗潔が解き明かす、時空を超えた世紀のミステリー。
    (引用終わり)

    「占星術」「斜め屋敷」のようないかにもな新本格ミステリーの印象が強かったのですが、
    写楽といい、今作と良い、非常に面白いです。

    じわりじわりと島田荘司ファンになりつつあるようです。

    岡崎琢磨『珈琲店タレーランの事件簿4』
    珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)珈琲店タレーランの事件簿 4 ブレイクは五種類のフレーバーで (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)
    (2015/02/05)
    岡崎 琢磨

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    五年前に失意の美星を救ったのは、いまは亡き大叔母が仕掛けた小さな“謎”だった―。京都にひっそりとたたずむ珈琲店“タレーラン”の庭に植えられたレモンの樹の秘密を描いた「純喫茶タレーランの庭で」をはじめ、五つの事件と書き下ろしショート・ショートを特別収録したミステリー短編集。
    (引用終わり)

    ほがらかミステリー。
    意外な仕掛けもあり、ちょっと嬉しい。

    珈琲のうんちくにはそれほど心躍りませんけど。

    田中啓文『オニマル 異界犯罪捜査班 鬼刑事VS殺人鬼』
    オニマル 異界犯罪捜査班 鬼刑事VS殺人鬼 (角川ホラー文庫)オニマル 異界犯罪捜査班 鬼刑事VS殺人鬼 (角川ホラー文庫)
    (2014/06/20)
    田中 啓文

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    忌戸部署管内で、頭部を無惨に潰された異様な死体が発見された。時を同じくして、奇妙な生物や怪奇現象の目撃が相次ぐ。次々と発見される惨殺死体を前に、自らも鬼である刑事・鬼丸は、その犯行を同族の仕業と確信するが、捜査の過程で逆に疑惑の目を向けられてしまう。そんな中、ついに姿を現す真犯人。陰陽師の力を持つ、美貌の警部・ベニーとともに、鬼丸は“殺人鬼”と対峙するが…。事件の真相、そして敵の正体とは!?
    (引用終わり)

    まずまずですね。
    事件の関連、と言うものの、これは関連していると言っていいのか釈然としないなぁ。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    読んだ本(2/2~2/5)

    新車ってわくわくと同時に緊張しますね。

    天童荒太『悼む人(下)』
    悼む人〈下〉 (文春文庫)悼む人〈下〉 (文春文庫)
    (2011/05/10)
    天童 荒太

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「この方は生前、誰を愛し、誰に愛されたでしょうか?どんなことで感謝されたことがあったでしょうか?」。静人の問いかけは彼を巡る人々を変えていく。家族との確執、死別の葛藤、自らを縛りつける“亡霊”との対決、思いがけぬ愛。そして死の枕辺で、新たな命が…。静かな感動が心に満ちるラスト。
    (引用終わり)

    母が死ぬ、という点について感動があったものの。

    全体的には何も。

    二宮敦人『最悪彼氏』
    最悪彼氏 (アルファポリス文庫)最悪彼氏 (アルファポリス文庫)
    (2013/04/17)
    二宮 敦人

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    失恋したばかりの『あずさ』は、会社の先輩、藤宮から突然プロポーズされる。彼は、社内でもダントツのイケメンで仕事もできて優しい。まさに彼氏として完璧…と思いきや、実は恋人にするには最悪の男だった!それでも、強引な彼に押されて「お試し」として付き合い始めることになったのが…。真面目な女の子と最悪イケメンの新感覚ラブコメディ。
    (引用終わり)

    ハッピーエンドに良作なし。

    最悪彼氏にずたぼろにされるのが面白いと思うのですがね。

    篠田真由美『胡蝶の鏡』
    胡蝶の鏡 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)胡蝶の鏡 建築探偵桜井京介の事件簿 (講談社文庫)
    (2012/08/10)
    篠田 真由美

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    4年前、父親の反対を押し切ってヴェトナムに嫁いだ四条彰子が、京介と深春に助けを求めてきた。一家の長老、レ老人との軋轢がその理由だ。なぜか日本人を嫌うレ老人。その原因は90年前の事件にあるらしい。そして、ハノイに飛んだ京介たちの目前で再び事件が起きた。建築探偵桜井京介事件簿、第3部開幕。
    (引用終わり)

    ベトナムの文化なぞ知らなかったものですが、
    なるほど興味深いですね。
    日本を好きでいるためには、やはり外からの視点を入れたほうが良いのかなぁ。

    水沢あきと『りんぐ&りんく!』
    りんぐ&りんく! (電撃文庫)りんぐ&りんく! (電撃文庫)
    (2009/10/10)
    水沢 あきと

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    何故か急にアパートの給湯器が壊れてしまったため、隣町の銭湯に行った俺がバッタリ会ったのは隣のクラスの美少女市瀬さん。何故か帰り道も俺にぴったり付いてきた彼女が言うことには、給湯器を壊した犯人は市瀬さんで、何故壊したかと言うと俺を銭湯に誘き出すため、らしい。さらには今日以降ずーっと俺の家に泊まるなんて言い出した。理由は俺が「あたしの所有物だから」、と。…えっと、俺、一人暮らしだから、結構マズイと思うんだが…?結局、ばらまかれたら破滅必至のケータイ写真を突きつけられ脅されて言うなりの俺・常磐祐樹の運命は。
    (引用終わり)

    新人が間違って世の中にでたという駄作。
    この後成長していくということでこの本は無かったことに(笑)

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad