logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    読んだ本(2017年3月)

    すっきりしたい。

    3月の読書メーター
    読んだ本の数:13
    読んだページ数:4532
    ナイス数:205

    どんどん橋、落ちた〈新装改訂版〉 (講談社文庫)どんどん橋、落ちた〈新装改訂版〉 (講談社文庫)感想
    前回通常版を読んだのは高校生2006年…。あの頃と好みが変わっていないというのは、やはり多感な時期に触れたものでその後の趣味嗜好が決まるということでしょうか。それとも成長していないだけでしょうか。綾辻氏が表現したいことが何となく解ります。
    読了日:03月30日 著者:綾辻 行人
    雨の降る日は学校に行かない (集英社文庫)雨の降る日は学校に行かない (集英社文庫)感想
    懐かしい自分がいましたね。この悔しさを様々な方向に乗り越えた結果、いまの自分がいると思います。
    読了日:03月28日 著者:相沢 沙呼
    五覚堂の殺人 ~Burning Ship~ (講談社文庫)五覚堂の殺人 ~Burning Ship~ (講談社文庫)感想
    そうそう、館ミステリーってこうですよね。ありそうであり得ない、でも実現可能そう。そしてトリック重視で、まともな人が読むと、だから何?で終わってしまう(笑)数学要素が抑えめになったことで読みやすくなったでしょう(笑)苦手意識がある人はもったいない。
    読了日:03月27日 著者:周木 律
    神の時空 鎌倉の地龍 (講談社文庫)神の時空 鎌倉の地龍 (講談社文庫)感想
    待望の文庫。鎌倉に最後にいったのは2009年頃だったでしょうか。。改めて行こうと思ってすでに3年経過。せっかくなので鶴岡八幡宮だけでなく、本書で書かれている寺社をめざそう。そして歴史を感じて考えよう。
    読了日:03月22日 著者:高田 崇史
    INNOCENT DESPERADO (メディアワークス文庫)INNOCENT DESPERADO (メディアワークス文庫)感想
    表紙のギター関係ないやん(笑)ライブハウスのくだりから、音楽青春ものかと思ったのに全然違う彼方へ。付き合うってなんだろうと思っている賢いけれども馬鹿な少年達へ。
    読了日:03月20日 著者:綾崎 隼
    出版禁止 (新潮文庫)出版禁止 (新潮文庫)感想
    普段ミステリーを読んでいない人、触れていない人には衝撃なんだろうなぁ。TVで人気ってことはそういうこと、でした。まずまず面白いものの、そこまで大絶賛はできないですね。。
    読了日:03月18日 著者:長江 俊和
    ロートケプシェン、こっちにおいで (創元推理文庫)ロートケプシェン、こっちにおいで (創元推理文庫)感想
    マジックが素晴らしい。そして、あーそういえば学生の人間関係ってこんなだったなぁなんて思い出してしまって。自分も強くなったものだ。「生きていくって、取り返しのつかないことの連続なんだ」
    読了日:03月16日 著者:相沢 沙呼
    羊羹合戦 (小学館文庫)羊羹合戦 (小学館文庫)感想
    面白い。戦物語はないけれども、戦国時代の各人の生き方が見えてくるようで。
    読了日:03月14日 著者:火坂 雅志
    ノーブルチルドレンの告別 (メディアワークス文庫 あ 3-6)ノーブルチルドレンの告別 (メディアワークス文庫 あ 3-6)感想
    ポップなミステリーなのか、現代のロミオとジュリエットか。愛の物語ではなく、友と青春の物語でしょうね。みんな無気力な振りして自分の生き方があるって貴重なことです。
    読了日:03月10日 著者:綾崎 隼
    女王のポーカー: ダイヤのエースはそこにあるのか (新潮文庫nex)女王のポーカー: ダイヤのエースはそこにあるのか (新潮文庫nex)感想
    『やってみせ、言って聞かせて、させてみて、誉めてやらねば人は動かじ』
    著者渾身のトリックがサブタイトルの「ダイヤのエースはそこにあるのか」に集約されていると考えると何とも。。
    読了日:03月08日 著者:維羽 裕介
    天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピスト (新潮文庫nex)天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピスト (新潮文庫nex)感想
    一日で一気読み。面白くてためになる?ミステリー。医療に絶対はないのですねぇ。
    読了日:03月06日 著者:知念 実希人
    ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)ノーブルチルドレンの残酷 (メディアワークス文庫)感想
    舞原が何をモチーフにしているか気になるところ。日常系ミステリーの中に、ちょっと変わった生き方と、ふざけた笑いがあって面白い。
    読了日:03月03日 著者:綾崎 隼
    研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)研究公正局・二神冴希の査問 幻の論文と消えた研究者 (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)感想
    タイトル&表紙の彼女が出てきてからは面白い。それまではかなり退屈。。自分も理系の世界に身を置く者として、捏造を始めアウトプットには誠実でありたいものです。
    読了日:03月02日 著者:喜多 喜久

    読書メーター

    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    FC2Ad