logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    ソウルケイジ

    月曜日に説明会に行った会社にまた今日も…そしてまた同じ人に同じバスで会った(笑

    読み終えました。

    誉田哲也『ソウルケイジ』
    ソウルケイジ (光文社文庫)ソウルケイジ (光文社文庫)
    (2009/10/08)
    誉田 哲也

    商品詳細を見る


    『ストロベリーナイト』の続編。
    犯罪者っぽい考え方をする女刑事だとか。
    予断を一切許さない刑事だとか。
    へらへらへらへらしてる刑事だとか。
    嫉妬でもやもやしてる刑事だとかが出てくる作品です。

    事件とかトリックとかラストとかそんなもんはどうでもいいです(良くはないけど

    なんか面白い。

    以上。
    …ほんとは、感想がわかないんです。

    では($・・)/~~~

    <追記>
    結婚が二色の粘土の玉を合わせて1つにするってのは面白い考え方だなぁと。
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad