logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    キーリ(Ⅷ)(Ⅸ)

    心が、掻き乱される。

    読み終えました。

    壁井ユカコ『キーリ(Ⅷ)』
    キーリ〈8〉死者たちは荒野に永眠る〈上〉 (電撃文庫)キーリ〈8〉死者たちは荒野に永眠る〈上〉 (電撃文庫)
    (2006/02)
    壁井 ユカコ

    商品詳細を見る


    壁井ユカコ『キーリ(Ⅸ)』
    キーリ〈9〉死者たちは荒野に永眠る〈下〉 (電撃文庫)キーリ〈9〉死者たちは荒野に永眠る〈下〉 (電撃文庫)
    (2006/04)
    壁井 ユカコ

    商品詳細を見る


    最終に繋がる上下間となれば、もちろんまとめて読みますわ!キーリ完結!

    ここ最近の巻のキーリの挿絵が良いですね。完成したって感じです。

    上巻はスタートラインは同じだったはずなのに、その先が違ってしまった奴とかそんな話。
    当然のことではありますが、出会う人、環境で人は違った経験をしていくんです。

    下巻はキーリとハーヴェイの旅って感じですね。
    1巻からの引継ぎ。
    いろいろと涙を誘う巻。感動というのとはまた違う気もしますが。

    「俺は今、感謝しています。」

    “まわりくどい性格の少女と面倒くさい性格の男がくっついたり離れたりする話であり、人生くたびれた男が生きる意味を取り戻す物語”と作者自身がまとめているように、しっかりと変わり者同士がごたごたしていたと思います。

    死なない人(=不死人)を扱った作品はちらほら見掛けますし、大抵ラストの落とし所は決まっているようなもんだと思っていました。
    でも、この作品はその単純さから少し抜け出していて、良かったです。
    戦争の悪魔、としての過去に重きを置きすぎなかったところが良かったのか…?

    ふいうちをくらったキーリ、ナイス!(ぇ

    物語には終結が必要。(どっかの巻の後書きで作者が言ってた)
    ライトノベルでそれをきちんとしている作者は良いですね。
    また他の面白い作品に出会えたらいいな。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad