logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    幻想譚グリモアリスⅣ

    一次面接=最終面接
    そんな会社もあるのですね。

    読み終えました。

    海冬レイジ『幻想譚グリモアリスⅣ』
    幻想譚グリモアリスIV  罪と祈りとほほえみと (富士見ファンタジア文庫)幻想譚グリモアリスIV 罪と祈りとほほえみと (富士見ファンタジア文庫)
    (2009/07/18)
    海冬 レイジ

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
     キモいシスコン野郎の桃原誓護と冥府の姫君・アコニットは、なんとか麗王六花のひとつ、ロードデンドロンの当主・アザレアを懐柔し、一三星樹の権力を奪回した!しかし――。
    「千秋、僕は……君たちに、従う」
     最愛の妹・祈祝に対する誓護の思いは激しく強い。未だ鈴蘭と千秋刀真らによって、妹が拉致されたままの誓護は、冥府に忍び寄る陰謀を感じながらも再び人界に舞い戻る。そしていのりの身と引き替えに、誓護は彼らの軍門に降ることを誓うが……。
     心を読む異能を持つ鈴蘭に対して、誓護は最愛の妹を救い出すことができるのか?ますます先が読めない猛毒のネオ幻想奇譚!
    (引用終わり)

    毎度毎度のことですが、絵が好きです。
    アコニットかっこいいな。

    設定が見えないままにもう4巻(前シリーズから合わせたら7巻)。
    冥府の設定が……。もう少し説明がほしい。
    権力関係とか不明なまま進めないでほしい。

    心を読む相手に対して有効なのはなんでしょうね?
    実際、うまい策があるとは思えないし、実行できそうにない。

    まぁ読んでるときは楽しいからいいか。

    もうすぐ終わりそうなこのシリーズ。ラストのまとめかたが楽しみです。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad