logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    イスカリオテ

    僕は内々定を頂いたようです。実感がありません。

    読み終えました。

    三田誠『イスカリオテ』
    イスカリオテ (電撃文庫)イスカリオテ (電撃文庫)
    (2008/11/10)
    三田 誠

    商品詳細を見る


    あらすじ(引用)
     一年間だけ、死んだ兄のふりをしてほしい――。
     そう乞われ、久瀬イザヤが降り立った御陵市は、七つの大罪を具現する「獣」と戦うための都市であった。
     地脈の特異点より現れ、人を喰らい、街を蹂躙する「獣」。それに対抗しえるのは、神の奇蹟を模倣するという断罪衣と、少女の姿をした第九祭器・ノウェムだけ。
    「この街は、あなたを愛するでしょう」そう告げたノウェムとともに、イザヤは兄のニセモノとして、この都市で「獣」と戦うことになるが……。
     三田誠が放つ、罪と罰の織りなすアイロニック・アクション、開幕!
    (引用終わり)

    宗教バトル小説?
    面白いなぁと思いました。キャラがきっちりしてるのと、小道具の作りこみがしっかりしている。

    「イスカリオテ」の概念を理解するのに時間が要りましたが。

    教会と科学技術は対立するように認識していましたが、どういった位置づけなんでしょうね。

    続きが読んでみたいような気がします。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad