logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    カスタム・チャイルド

    内々定を幾つか頂きました。びっくりです。

    読み終えました。

    壁井ユカコ『カスタム・チャイルド』
    カスタム・チャイルド (電撃文庫)カスタム・チャイルド (電撃文庫)
    (2005/04)
    壁井 ユカコ

    商品詳細を見る


    あらすじ(引用)
    「あー……そっか、もしかして俺しばらく音信不通だった?」『一周間。さすがに死んだかと思うだろ』そんなにたってたっけ。どうりで六月も終わるはずだ。
     ――三嶋は友人の電話に起こされ、寝ぼけたままバスルームへと向かった。ふと、戸口に人の気配がし振り返ろうとした時、首筋にあてられた刃物の感触に全身が凍りついた。
    「動かないで。動いたら切れるよ」
     三嶋の前に突然現れた少女マドカ。三嶋の夏はこうして始まった――。
     第9回電撃ゲーム小説大賞“大賞”受賞作『キーリ』シリーズの著者、書き下ろし長編。
    (引用終わり)

    あらすじではさっぱり意味不明ですね!

    こういう作品は好きです。
    結構良くきくデザイナーチルドレン(?)的なのが話の中心。
    遺伝子工学や生化学は専門ではないですが、やはり普通の工学よりは抵抗があるのが現代社会。
    ありきたりな話にもなりかねないよなぁと思っていましたが…すっきりとまとまっていました。
    いや、まとまってるってのは語弊があるかもですが。

    予想も期待も裏切らない感じ。

    それにしても『キーリ』と似たように世界は灰色なイメージですが、きっちり書き分けられてて良いです。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad