logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    司書とハサミと短い鉛筆(4)

    「おはようとちぎ」という名前のついた列車があるらしいです。
    今朝、電光案内表示板(?)を見てびっくりしました。

    読み終えました。

    ゆうきりん『司書とハサミと短い鉛筆(4)』
    司書とハサミと短い鉛筆〈4〉 (電撃文庫)司書とハサミと短い鉛筆〈4〉 (電撃文庫)
    (2009/08/10)
    ゆうき りん

    商品詳細を見る


    あらすじ(引用)
     なりゆきで同人誌をつくることになった文人。フィフも崎田姉妹もノリノリで、大の本嫌いである彼は、毎日を憂鬱に過ごしていた。
     そんな同人誌の創作過程で、なぜかフィフがネコミミコスプレをする羽目に。恥ずかしがり屋の雲木も、フィフに負けじと即売会ではコスプレを着る決意したりして……。
     突如現れた“飛び出す絵本”のクレオパトラ風少女が企む作戦もはらみつつ、決戦は、年末の有明にて開催する大規模即売会に舞台をうつす……!いったいどうなる!?
     ちょっとHな学園“文学”コメディ!
    (引用終わり)

    そうか、このシリーズはコメディだったのか(笑

    毎度思いますが、表紙はアウトですわな。

    作品の内容も段々と路線が残念な方に…。

    しかもこのシリーズはコミックスのような形式をとってまして。
    1巻で完結してないんです。
    ずーっと続いてるんです。

    ちょっと先が気になる。。

    もう少し“文学”であればなぁ。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad