logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    戦嬢の交響曲(6)

    あん?いつの間にか1ヶ月経っているだと……?

    読み終えました。

    築地俊彦『戦嬢の交響曲(6)』
    戦嬢の交響曲6 (ファミ通文庫)戦嬢の交響曲6 (ファミ通文庫)
    (2008/12/26)
    築地 俊彦

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    霊機の大群を何とか退けたものの、三瀧高校の生徒達は疲弊していた。傷ついた五十鈴の穴埋めに副監督生代理に選ばれた佑鹿だが、霊機を指揮していたのが榛名であったことを教師陣に問い詰められ、学校全体が今後の作戦に頭を悩ませる。学校のため、佑鹿のため、自分のことも顧みず動き回る五十鈴と、佑鹿に守られ一向に立ち直る気配のない雪風。対照的な二人を見かねた野分は、ついに自分の感情を雪風にぶつけるが――! 恋心爆発、満身創痍の第6巻!
    (引用終わり)

    ↑最後の一文に注目。
    恋心?(笑
    このシリーズの面白いところが見えてきましたね。

    なかなか楽しくなってきた巻ではあります。
    敵が見えてきましたし、ストーリーが構築されてきたな、と。

    ありきたりな展開も多いかなとは思いますが。

    そろそろ終わりが見えてきたので良いです。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad