logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    狂乱家族日記 九さつめ

    えぇ。自己矛盾を孕んでいるのです。それは。

    読み終えました。

    日日日『狂乱家族日記 九さつめ』
    狂乱家族日記 九さつめ (ファミ通文庫)狂乱家族日記 九さつめ (ファミ通文庫)
    (2008/03/29)
    日日日

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    『来るべき災厄』で力を使い果たし、赤ん坊となった月香。しかしこの赤ちゃん、お腹が減っては泣いて電撃、おむつが濡れては泣いて電撃、と凶華も凰火も子育てなのに命懸け!父はいても乳はでない狂乱家族、さすがにお手上げ状態!?そんな中、優歌に異変が……。そして、月香の成長と交互に語られる、すべての始まり、千年前の「家族」の真実の物語とは――。待望の「閻禍伝説編」ついに開幕!!まだまだ続く、馬鹿馬鹿しくも温かい愛と絆と狂乱の物語!!
    (引用終わり)

    凶華のさりげな~い母親っぷりが良いです。

    いやしかしこのシリーズはざわとらしい家族愛(?)みたいなものをどしどし出してきますね。

    別章に突入したようで、派手な何かもなかったです。
    いや、狂乱はしているんですよ。

    ところどころ笑えるあたりがこのシリーズを読んでいる理由かもしれません(それだけかよ

    103頁あたりは非常に面白いですよ。

    そういえば160頁で質量保存の法則に従って、容積が増やせないとの記述が。
    そんな法則でしたっけ?
    化学反応の前後で元素が変わらないとかそんなんではなかったかと。
    まぁいっか。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad