logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    女王様と私

    頼みますから。

    読み終えました。

    歌野晶午『女王様と私』
    女王様と私 (角川文庫)女王様と私 (角川文庫)
    (2009/09/25)
    歌野 晶午

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    真藤数馬は冴えないオタクだ。無職でもちろん独身。でも「ひきこもり」ってやつじゃない。週1でビデオ屋にも行くし、秋葉原にも月1で出かけてる。今日も可愛い妹と楽しいデートのはずだった。あの「女王様」に出逢うまでは…。数馬にとって、彼女との出逢いがめくるめく悪夢への第一歩だったのだ。――全く先が読めない展開。個性的で謎めいた登場人物。数慄的リーダビリティが脳を刺激する、未曾有の衝撃サスペンス!!
    (引用終わり)

    何だこれは。
    衝撃の作品。
    面白いとかそんな話ではないですね。

    『世界の終わり、あるいは始まり』を読んだときと同様の感覚。

    こんな小説ばかりではとても評価できませんが、これは一つのスタイル。

    全く先が読めない展開。

    途中で少しがっかりしても、それはそれ。

    空想は偉大です。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad