logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    怪盗探偵山猫

    読み終えました。

    神永学『怪盗探偵山猫』
    怪盗探偵山猫 (角川文庫)怪盗探偵山猫 (角川文庫)
    (2010/02/25)
    神永 学

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    闇を切り裂く黒い影、その名は、山猫―出版社社長が殺された。容疑者は“山猫”と呼ばれる謎の窃盗犯。世間をにぎわすこの怪盗の信条は“人を殺めないこと”のはずが、一体なぜ!?ライターの勝村は事件を追い始めるが…!?平成のねずみ小僧か、はたまた単なる盗人か!?鮮やかに金を盗み、ついでに悪事を暴いて颯爽と消え去る山猫の活躍を描く、痛快ピカレスク・アクション・ミステリー。怪盗界に新たなヒーローが誕生。
    (引用終わり)

    山猫~。
    メタルギアのオセロットを思い出しますね。「またあおう!」(笑

    神永学という人もなかなかのセンスある作家と思います。
    キャラ作りだけでなく、ストーリーが面白い。
    情報もある、でも詰め込みすぎず、何より読みやすさは無くさない。

    「怪盗探偵」というタイトルはどうかな…。
    ダサいけど、惹かれるところはあるかも。

    心霊探偵八雲シリーズよりも笑いがあって軽やかなシリーズですので、ぜひぜひ。

    他人に薦めたくなる本がまた1冊増えたかもしれません。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad