logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    コンダクター

    研究室の出席状況を先生が確認しているかをしきりに気にする程度なら、毎日研究室に来たらいいじゃないか。それに、先生がどうこうでなく、自分で時間管理をしたらどうかと思うが…。

    読み終えました。

    神永学『コンダクター』
    コンダクター (角川文庫)コンダクター (角川文庫)
    (2010/06/23)
    神永 学

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    フルート奏者の朽木奈緒美は、これから始まる音大時代の仲間との新しい仕事に心を躍らせていた。そんな中、とある場所で謎の変死体が発見されてから、彼女の周辺で奇妙なことが起こり始める。毎夜の悪夢、首なしの白骨、壊れ始める友情、そして怪事件を狂信的に追う刑事…音楽を奏でる若者たちの日常が、一見つながりのない出来事により崩壊の道へ。これは、単なる偶然か!?今、陰謀に操られる、恐怖の舞台劇が幕を開ける。
    (引用終わり)

    先月の新刊です!
    珍しいでしょう?(笑

    これはシリーズになりそうな予感。でも惱むところではありますねぇ。
    結構気分は悪くなります。
    でも、面白い。
    読者に強い思いを与える(本来の感動?)ことができるという点で、この作者は巧いのだと思います。

    音大生かー。。

    めっちゃドロドロ。

    女の子の扱いが……。

    多くは感想を述べられませんが、
    とても緻密な作品でした。

    まさにタイトルがふさわしい。

    後半に詰め込みすぎたのがちょっとどうかとも思いますけどね。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad