logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    完全犯罪研究部

    昨日読み終えました。

    汀こるもの『完全犯罪研究部』
    完全犯罪研究部 (講談社ノベルス)完全犯罪研究部 (講談社ノベルス)
    (2010/03/05)
    汀 こるもの

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    ミステリについて語り合い、校内で発生した事件を推理する醍葉学園“推理小説研究部”。だが顧問教師・由利千早は就任早々知ってしまった。部員・杉野更紗の姉を殺した犯人をはじめ、悪人の始末を目論む「裏の部活動」を。日夜、完全犯罪テクを研究する部員たちはそれを武器に大暴走。由利先生に彼らの正義を止める手立てはあるのか?そして彼女たちを襲う命の危機。
    (引用終わり)

    借りて読んだ本。
    めっちゃ面白そうなあらすじ。
    ミステリー好きとしては期待が持てます。

    途中、『殺戮にいたる病』『ハサミ男』などなどの小説が紹介されていたりして「わかるわかる」と頷きながら読む始末。読書課題が『狂骨の夢』ってどんなだよ。入りたいよそんな部活(笑
    まぁ会話文に流行りの言葉を入れすぎなきらいもありますが。
    鷹さんの話題とか思わず吹いてしまいました。

    推理小説研究部でなく、完全犯罪というのもまた良いですね。
    論理が緻密かと思いきや、ちゃちな行動をしている姿も。

    その他もろもろ、非常に楽しめた小説でした――で終われば良かったなぁ。

    後半、それもラストに近づくにつれて方向性がおかしくなり、
    「なんじゃこりゃあああ」みたいな。

    引用の多さと情報量の多さから、新人らしい印象は拭えませんでした。
    しかしそれを上回るインパクト!

    様々な視点から楽しめるとは思いますので、学園ミステリー好きの方はぜひ?

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad