logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    付喪堂骨董店(4)

    雨がどっさり降ってますね。

    読み終えました。

    御堂彰彦『付喪堂骨董店(4)』
    付喪堂骨董店〈4〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)付喪堂骨董店〈4〉―“不思議”取り扱います (電撃文庫)
    (2008/07/10)
    御堂 彰彦

    商品詳細を見る


    あらすじ(引用)
    不思議な力が宿った器物―アンティーク。今日も贋物を掴まされた美人が嘆いています。つまり付喪堂の店頭に新たなガラクタが増えたわけです。アンティークは人を選ぶのか、切にその存在を願っている者は期せずして手に入れることがあるようです。ある少年の話をしましょう。幼馴染みの恋多き少女のキューピッド役をする少年がいました。彼は運命の赤い糸を自由にできる指輪を手に入れたのです。人の運命を握ってしまった少年はどうなるのでしょう?それは本来の出会いを捻じ曲げてしまうわけで…。あなたならそれでも使いますか。
    (引用終わり)

    咲ちゃんきたぁー!いや、何の話だ(笑
    今までの表紙で一番良い印象を受けました。
    あれ?こういう服装が好きなのか僕は……まぁいっか。

    内容もなかなか楽しい巻となっています。
    あらすじの話での咲ちゃんの立ち回りとかとか。

    ちょっぴりミステリーちっくな最初の話とか。

    しかし、なんとまぁ読んでいて笑みが漏れる作品であろうか。

    続きをまとめて買いたくなってきましたー。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad