logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    塗仏の宴 宴の支度(下)(分冊文庫版)

    「いいですか、この世には不思議でないものなどないのです」

    読み終えました。

    京極夏彦『塗仏の宴 宴の支度(下)(分冊文庫版)』
    分冊文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (下) (講談社文庫)分冊文庫版 塗仏の宴 宴の支度 (下) (講談社文庫)
    (2006/04/14)
    京極 夏彦

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    「俺個人がねえだと?」。胡乱な健康法を伝授する「長寿延命講」のからくりを暴き、嘯く“心霊少年”藍童子の言に刑事・木場の心は乱れた。折から富豪・羽田隆三の依頼に応じて伊豆下田に赴いた織作茜の前に再びあの男が現れていう。「しりたいですか」。それは新しい道ならぬ黄泉路へと茜をさしまねく声だった。
    (引用終わり)

    木場の態度は見ていて面白いです。
    ごちゃごちゃいいながらも、やるとなったらやる気たっぷり。

    もやもやした気分になる話ではありますね。
    それが続きになるわけですが。

    織作茜の話はなんだろう。
    すっかり絡新婦を忘れていて、「誰だっけ?」という状態なので…。
    次は絡新婦を読み返そうかな。

    徐福伝説は人気ですね。

    支度の完了。
    さて、始末はどうつけられるんだったかな。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad