logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    まぶらほ ~ゆうれいの巻・うえ~

    そういえばまたチャンスを逃したなぁ

    名古屋に旅行に行ってました。主な観光地は明治村と名古屋城です。
    名古屋は、交通ルールがやや(というか かなり)守られていない印象を受けました(笑

    読み終えました。

    築地俊彦『まぶらほ ~ゆうれいの巻・うえ~』
    まぶらほ―ゆうれいの巻・うえ (富士見ファンタジア文庫)まぶらほ―ゆうれいの巻・うえ (富士見ファンタジア文庫)
    (2002/03)
    築地 俊彦

    商品詳細を見る


    あらすじ(引用)
    「僕…幽霊になったの?」夕菜を死病から救い、和樹は自らの魔力を使い果たして消滅した。彼の行為は無償の愛として永遠に語り継がれる―はずだった。そう、彼が幽霊としてこの世に戻ってこなければ。身体は半透明だし、もちろん触ることもできない。ということは、手をつないだりましてやあんなコトやこんなコトをして遺伝子を奪取するのも無理なわけで、三人の少女たちはボーゼン自失。どうやら、塵となって飛び散った身体を集めれば、人間復帰は可能らしい。そうと知った夕菜たちは、和樹を人間に戻すべく頑張るのだが―。人気マジカル・ラブコメ、待望の短編集第2弾!もちろん書き下ろし短編もついてます。
    (引用終わり)

    魔法とか出てきますけどファンタジーとは言えないですし。
    ギャグ小説?ラブコメ?
    あ、そうか。
    コメディ要素がきっとあるんだ。うん、ラブコメなんだなきっと(笑

    文化祭が楽しそうでいいです。

    主人公が幽霊かー。

    さくっと次読も。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad