logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    イスカリオテⅤ

    最近は夏休み、特にお盆でしたし、あちこちで家族でお出かけしている風景をよく見ました。
    そんなとき、たまに中学生~高校生くらいの子供が、イヤフォンをしながら家族といるのを見ました。
    なんだこいつら、とまぁ思っていたわけですが……
    本日、それを上回る方を発見しまして。

    まさかの 親がイヤフォン

    初めは、補聴器とかそういうのかなぁと思ってましたが、違います。
    シャカシャカ音楽が音漏れして、周囲にも迷惑が。
    そんなに音楽大事か。子供はそりゃ飽きるだろ。
    よく会話するよまったく。

    読み終えました。

    三田誠『イスカリオテⅤ』
    イスカリオテ〈5〉 (電撃文庫)イスカリオテ〈5〉 (電撃文庫)
    (2010/05/10)
    三田 誠

    商品詳細を見る


    あらすじ(引用)
    12月、聖誕祭を控えて御陵学院は大きな盛り上がりを見せる。玻璃率いる中等部生徒会はじめ、喫茶店をやることになったノウェム、さらにはラーフラまでもがサンタの格好をして準備に奔走。イザヤもその熱気の渦に巻き込まれていく。しかしまさに聖誕祭当日、街に異変が起こる。突如出現した大量の“獣”の群れ、新たな異端審問官の登場、そして壬生蒼馬の復活により事態は大きく動く。その中でイザヤが抱く決意とは!?罪と罰のアイロニック・アクション、緊迫の第5弾。
    (引用終わり)

    おークリスマス。でも、あんまクリスマスの雰囲気なかったですね。
    やっぱそこは宗教の色が出ているから?

    この巻はいろいろと動き出した感じですね~。
    終わりもきちんとあるようで、安心(笑

    イザヤの変化、ノウェムの変化。
    物語としても、人物としても折り返し地点か。

    7つの大罪。あれ?もう5つも出てきたの?
    3つくらいしか思い出せない…

    『レンタルマギカ』って面白いんだろうか。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad