logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    びっくり館の殺人(文庫版)

    読み終えました。

    綾辻行人『びっくり館の殺人(文庫版)』
    びっくり館の殺人 (講談社文庫)びっくり館の殺人 (講談社文庫)
    (2010/08/12)
    綾辻 行人

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    あやしい噂が囁かれるお屋敷町の洋館、その名もびっくり館。館に住む少年と友だちになった三知也たちは、少年の祖父が演じる異様な腹話術劇におののくが…クリスマスの夜、ついに勃発する密室の惨劇!悪夢の果てに待ち受ける戦慄の真相とは!?ミステリーランド発、「館」シリーズ第八弾、待望の文庫化。
    (引用終わり)

    ミステリーランドという、少年少女向けのシリーズで読んだ本でしたが、
    文庫化にあたってやや改訂されたと聞いて買ってきました。

    いざ再読してみると、面白いですね。

    軽めですが、『館』シリーズの雰囲気もあります。

    そういえば、前に読んだときはオカルトというか、幻想的なシーンを読めていなかったのですが、なるほど。

    これは深く読もうと思えば、読める作品なんじゃないでしょうか。

    館シリーズ9作目、『奇面館の殺人』を執筆中ということで、綾辻さんの次の作品が楽しみです。

    では($・・)/~~~

    <追記>

    ついに内定式の連絡がきました。

    社会人への階段、第2歩目くらいな気分です。

    不安と期待と緊張と。

    では($・・)/~~~
    関連記事


    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad