logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    使命と魂のリミット

    クーラーの利きすぎは意味がないことだと、いい加減気づいて欲しいものです。

    読み終えました。

    東野圭吾『使命と魂のリミット』
    使命と魂のリミット (角川文庫)使命と魂のリミット (角川文庫)
    (2010/02/25)
    東野 圭吾

    商品詳細を見る


    裏表紙のあらすじ(引用)
    「医療ミスを公表しなければ病院を破壊する」突然の脅迫状に揺れる帝都大学病院。「隠された医療ミスなどない」と断言する心臓血管外科の権威・西園教授。しかし、研修医・氷室夕紀は、その言葉を鵜呑みにできなかった。西園が執刀した手術で帰らぬ人となった彼女の父は、意図的に死に至らしめられたのではという疑念を抱いていたからだ…。あの日、手術室で何があったのか?今日、何が起こるのか?大病院を前代未聞の危機が襲う。
    (引用終わり)

    すげー。
    最近あんまり読んでなかったため、東野さんなめてました。
    期待せずに読んだだけに、やや感動しました。

    いろいろな点が面白かったですね。
    特に、東野さんの過去の職場に近い、自動車業界を扱った点。
    また、電気系のことがやや詳しく書いてあったのも嬉しかったかも。
    センサ!

    いまや東野さんの小説はミステリーという括りではないと思うので
    「医療ミステリー」とは思わずに読みました。
    人それぞれでしょうが、僕はそれで満足できたので良しかなと。

    そういえば、一時医療機器メーカーを就職先に希望しましたが、どこの選考も少しも進みませんでした。
    たぶん、熱意というか、想いが違うんでしょうね。
    医療に関わる人々の何かを感じられるような小説だった気がします。

    そして、自動車もそうです。
    「ものづくり」の結果、人が不幸になる結果は招くようじゃいかんなと思いました。
    僕はどんな技術者になれるかわかりませんが。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad