logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    まぶらほ ~アージ・オーヴァーキル~

    さきほど、所用があって2、3年ぶり(?)にmixiにログインしました。
    何するもんだっけ?(笑
    やっぱ向いてなさそうです。

    読み終えました。

    築地俊彦『まぶらほ ~アージ・オーヴァーキル~』
    まぶらほ―アージ・オーヴァーキル (富士見ファンタジア文庫)まぶらほ―アージ・オーヴァーキル (富士見ファンタジア文庫)
    (2003/06)
    築地 俊彦

    商品詳細を見る


    あらすじ(引用)
    晴海で起こった忌まわしき事件。その記憶も薄らぎ、和樹の周囲にはいつもの騒がしくも平穏な日常が戻ってきていた。―しかし。夕菜を求めうごめく“彼”の魔手は、和樹たちにふたたび襲いかかる。折しも玖里子の別荘を訪れていた和樹たちは、“賢人会議”が送り込んだ追跡者の襲撃を受け、ばらばらに夜の山中を逃げ惑うことになってしまった。闇、そして凍えるような雨。絶望的な状況の中、和樹は夕菜を探し求め、孤独な戦いを開始する。救わなければ。夕菜を。そう、心のなかで誓った、和樹自身の約束を果たすために―!オチコボレ魔法使い、ついに目覚めるか!?超人気作の外伝的長編第2作、ここに登場。
    (引用終わり)

    この「まぶらほ」シリーズ、
    長編は番外編扱いで、短編集が本編。

    この本は長編第2弾。
    う~ん。

    どうやら長編は面白くないらしい。

    変にシリアス。
    変に真面目。

    それは求めてないって点がぼろぼろ出るんですなぁ。
    さすが番外編。

    しかし、もう購入してしまってあるし、ぼちぼち読みますわ。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad