logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    ボトルネック

    りらっくす。

    読み終えました。

    米澤穂信『ボトルネック』
    ボトルネック (新潮文庫)ボトルネック (新潮文庫)
    (2009/09/29)
    米澤 穂信

    商品詳細を見る

    裏表紙のあらすじ(引用)
    亡くなった恋人を追悼するため東尋坊を訪れていたぼくは、何かに誘われるように断崖から墜落した…はずだった。ところが気がつくと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻ったぼくを迎えたのは、見知らぬ「姉」。もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔。
    (引用終わり)

    途中までは、自分の代わりに「姉」のいる世界に迷い込んで…というような類のものか、と思っていました。
    不思議体験をすることがメイン。

    想像以上に深い小説でした。

    自分の存在価値を考える。

    その後、どこへ行くのか…

    読者の思考が投影されるような小説な気がします(大袈裟



    金沢行ってみたいな。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad