logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    裂壊 警視庁失踪課・高城賢吾

    大学ではこの時期、中間発表とか、集中輪講とかいろいろな名前で呼ばれますが、プレゼンテーションをする機会があったりして。
    内容はともかく、プレゼンの上手い人は尊敬できます。ま、そうそういないのが実状ですが。

    堂場瞬一『裂壊 警視庁失踪課・高城賢吾』
    裂壊―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)裂壊―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)
    (2010/06)
    堂場 瞬一

    商品詳細を見る

    裏表紙のあらすじ(引用)
    半年に一度の失踪課課長査察を間近に控え、室長の阿比留が忽然と姿を消した!自宅に急行した高城たちだが、私生活を隠す阿比留の失踪の原因は掴めず、その行方は杳としてしれない。同時期、一人の女子大生の捜索願が出された。ストーカーによる拉致も疑われたが、二つの事件を追ううちに意外な接点が判明する。
    (引用終わり)

    いかにも失踪課っぽい。
    いや、非常事態だから通常の捜査体制じゃないので、若干誤っているのですが。

    ここでも「家族」が話題に。
    この作者のテーマなんでしょう。

    仕事とプライベートの分離。

    面白いんだけど、どこか物足りない気分が残る本でした。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad