logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    我が家のお稲荷さま。(2)

    じゃっかん風邪気味。鼻水…のど痛い。

    読み終えました。

    柴村仁『我が家のお稲荷さま。(2)』
    我が家のお稲荷さま。 (2) (電撃文庫 (0958))我が家のお稲荷さま。 (2) (電撃文庫 (0958))
    (2004/07)
    柴村 仁

    商品詳細を見る

    あらすじは引用元が見つからなかったのでなしで。

    まぁ1巻とそう変わらない雰囲気で良かったかなと。

    バトル部分はややちゃっちい。
    というか、僕はバトル小説は基本的に冷めた目で見ることが多いのでねぇ。

    コウちゃんが面白いですね。
    「……虫ヘンに」
    「交わる、と書いて、コウです」

    ここまで来ると、狐が両性的な設定が既に失われている気がしますね。
    初めから女の子にしとけばいいのに。
    さすが(当時)新人。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad