logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    我が家のお稲荷さま。(3)

    回路設計の〆切前ということで、忙しい。

    しかしざくろちゃんは良いですね。※アニメ

    読み終えました。

    柴村仁『我が家のお稲荷さま。(3)』
    我が家のお稲荷さま。〈3〉 (電撃文庫)我が家のお稲荷さま。〈3〉 (電撃文庫)
    (2004/10)
    柴村 仁

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    秋晴れのある日。高上家にクロネコ便が届いた。その中身は、呪布で全身をぐるぐる巻きに拘束された妖しい女の子だった。秋晴れのある日。透が野球をしていると、黒い外套をまとった妖しい少年が親しげに話しかけてきた。秋晴れのある日。コウと昇が歩いていると、T字ロッドを持ってぶつぶつ呟いている妖しい女性とすれ違った。そして、秋晴れのある日。下校途中の昇が、妖しい二人組に誘拐された―!?…とにかく、みんな妖しすぎ。大ヒット新人コンビの新感覚ストーリー第3弾。
    (引用終わり)

    新設定みたいなのがどかっと出ましたが大丈夫でしょうか。

    文化祭楽しそうですね!
    お祭りをずっと楽しまずにいた人間なのでうらやましい。

    今回はコウちゃんあんま活躍してないですね。っていうか作品薄っ。
    クラスメイトとか思わせぶりな女の子をもうちょっと話膨らませてあげようよ。

    作者が女性だとここにきて知りました。
    そしてなぜか検索で壁井ユカコさんが引っかかり…しかも写真付き(笑
    Twitterの文章は小説家らしくなかったような?

    アニメを観てみたいです。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad