logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    千里眼 キネシクス・アイ(上)(下)

    読み終えました。

    松岡圭祐『千里眼 キネシクス・アイ(上)』
    千里眼 キネシクス・アイ 上 (角川文庫)千里眼 キネシクス・アイ 上 (角川文庫)
    (2009/10/24)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    暴風とゲリラ豪雨に襲われる能登半島。河川が氾濫し、橋を流され孤立状態に陥る人びと。折しも、小6の頃に旅客機事故で死亡した同級生親子の慰霊に来ていた岬美由紀は、救助活動に参加し、多くの被災者を救う。しかし、その上空に黒い影が…。災害はノン=クオリアの無人ステルス機が放った降雨弾が原因だった!!ひとり立ち向かう美由紀だが、なぜか“機械”にすべての行動を読まれてしまう…。美由紀、絶体絶命の危機―。
    (引用終わり)

    松岡圭祐『千里眼 キネシクス・アイ(下)』
    千里眼 キネシクス・アイ 下 (角川文庫)千里眼 キネシクス・アイ 下 (角川文庫)
    (2009/10/24)
    松岡 圭祐

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    美由紀の「千里眼」まで読みとる機械。それは「キネシクス・アイ」と呼ばれるノン=クオリア最新の技術だった!ターゲットのどんな思考や感情も見逃さない“眼”が美由紀を追い詰めていく。能登半島の豪雨は手始めに過ぎなかった。最強の降雨弾の標的は首都・東京!東京を海中に沈め、100万人以上の犠牲者を出す惨事を、陰謀に気づいた美由紀は止めることが出来るのか!過熱するノン=クオリアとの戦い。新シリーズ第10弾。
    (引用終わり)

    千里眼シリーズは結構久しぶりな気がします。
    岬はやはりすごい。
    しかし、今回は以前より弱くなったような…?
    自衛隊のあたりの描写がやや不自然だったせいですかね。

    岬の小学校時代のエピソードがありますが、面白いと感じると同時に、怖いですね。
    知識の使い方。それが大事。

    機械が感情を読み取ることは可能なんでしょうか。

    万能鑑定士シリーズが読みたくなってきました。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad