logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    紫骸城事件

    浮かれているわけでも、沈んでいるわけでもないのですが、ちょっと不安定な時期だったよう。
    特効薬のようなものを頂きました。意外と効いています(笑

    読み終えました。

    上遠野浩平『紫骸城事件』
    紫骸城事件 (講談社ノベルス)紫骸城事件 (講談社ノベルス)
    (2001/06/06)
    上遠野 浩平

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    上遠野浩平×金子一馬! 待望の続編登場!呪詛うずまく最果ての荒野に聳え立つ「紫骸城」。業比べのために腕ききの魔術師が集うなか、鏖殺の罠はうたれた! ファンタジー世界での「館」ものへの挑戦作!
    (引用終わり)

    だいぶ前に、興味を持っていた作品。プレゼント的な感じでもらいました。
    そういうのって嬉しいですよね。

    さて、非常にラノベ臭の漂う表紙で、それが惜しいような。
    ファンタジー世界ではあるんです。とてつもなく。
    でも、殺人を扱ったり、密室にしてみたりとミステリーの味がたくさん詰まってます。

    何より、ある意味完全な自由に見えるファンタジーの中に、制約をつけて謎解きをして。
    これはなかなか感心しました(歓心を得た?

    講談社ノベルスからの出版のおかげか、無駄なルビもなく、良い印象。
    まぁ科学的な記述に誤りというか認識違いが散見されたような気もしますが。

    きっと物語は独立しているのでしょうが、シリーズ第1作の方の『殺竜事件』もぜひ読んでみたくなりました。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad