logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    鳥籠荘の今日も眠たい住人たち(1)

    土日に予定が詰まっているのはあまりないことで、少し体力が追いついていません。

    読み終えました。

    壁井ユカコ『鳥籠荘の今日も眠たい住人たち(1)』
    鳥籠荘の今日も眠たい住人たち〈1〉 (電撃文庫)鳥籠荘の今日も眠たい住人たち〈1〉 (電撃文庫)
    (2006/11)
    壁井 ユカコ

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    “ホテル・ウィリアムズチャイルドバード”、通称“鳥籠荘”には、普通の社会になじめない一風変わった人々が棲みついている。妄想癖の美女、ゴスロリ小学生、ネコの着ぐるみ、不気味な双子の老人、そして響き続ける正体不明の金切り声。そんな“鳥籠荘”の住人の一人・衛藤キズナが、5階に住むひきこもり美大生・浅井有生と知りあったのは16歳の冬。そして、誘われたバイトは、絵のヌードモデル。やってみることにしたキズナは、油絵具の匂いがこもる雑然としたアトリエで浅井と一緒に過ごすうち、その時間が自分にとって次第に大切な日常の一部になっていくのを感じて…。“鳥籠荘”のちょっとおかしな住人たちの、ちょっとおかしな、けれどいろいろフツーの日常をつづる物語。
    (引用終わり)

    何と表現していいのやら。ありそうでないような世界にぐっと引き込まれました。
    絵が小説の雰囲気にマッチしていると思います。

    短編なのが読みやすくて、尚且つ登場人物の色がよく出てて良い。

    先が楽しみなラノベかも。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad