logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    まぶらほ ~ストレンジ・フェノメノン~/~さらにメイドの巻~

    珍しく電車内で寝てしまいました。

    読み終えました。

    築地俊彦『まぶらほ ~ストレンジ・フェノメノン~』
    まぶらほ―ストレンジ・フェノメノン (富士見ファンタジア文庫)まぶらほ―ストレンジ・フェノメノン (富士見ファンタジア文庫)
    (2006/10)
    築地 俊彦

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「夕菜を止めます」そう、それで夕菜を救えるのなら。守ると誓った少女から生まれ出てしまった悪魔。その姿を前に、式森和樹はついに銃をとる―。灼熱の炎に包まれる東京ビッグサイト。その劫火の照らす夜空のなかへ、和樹と夕菜を乗せたヘリは消えた。“賢人会議”の手に落ちた二人を追って、玖里子たちはアメリカへと飛ぶ。その一方、狩人と化した伊庭かおりも、夕菜捕獲のために行動を開始。だが、すべては“彼”によって仕組まれていたことだった。夕菜を守るための、和樹の孤独な戦いさえも―。超人気作の外伝的長編、いよいよ完結の第4巻ここに登場。
    (引用終わり)

    築地俊彦『まぶらほ ~さらにメイドの巻~』
    まぶらほ―さらにメイドの巻 (富士見ファンタジア文庫)まぶらほ―さらにメイドの巻 (富士見ファンタジア文庫)
    (2007/06)
    築地 俊彦

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ブランデンブルク部隊から和樹を守るべく、奇跡的な和解を成し遂げた夕菜とリーラ。しかし敵を退けると、両者はあっさり決裂。リーラは和樹をドイツへと連れ去ってしまう。怒りに震える夕菜は、リーラの好敵手シンシア大尉と接触。その支援を得て、和樹奪還のための部隊を整える。それは、呪われた元メイドたちからなる、恐るべき戦闘団だった…。たったひとりの少年を巡る、リーラと夕菜の血塗られたメイド・サーガが、いまふたたび幕を開ける!大人気仮装戦記小説、番外編2本も収録した奇跡のシリーズ第4弾。
    (引用終わり)

    長編がついに完結。
    ふぅん(笑
    最後の巻だけあって、そこそこ面白かったような。
    ラストはたまに見る感じですね。
    それほどキャラに思い入れがないので、特に興味も湧かない結果になりました。

    メイドの巻は、番外編の方がページ数が多く、それが意外と楽しめました。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad