logBlog

    主にミステリーやホラー小説の読書日記、及び日常の出来事や心の内を書いてます♪

    涼宮ハルヒの退屈/消失

    今日は友人の定期演奏会(合唱)に誘われたのでいってきました。大学で音楽系部活に打ち込むとこれほどのクオリティを出せるのか。会場の運営でも、満足以上でもう驚きです。コンサートは良いですね。

    読み終えました。

    谷川流『涼宮ハルヒの退屈』
    涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの退屈 (角川スニーカー文庫)
    (2003/12)
    谷川 流

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    ハルヒと出会ってから俺はすっかり忘れた言葉だが、あいつの辞書にはいまだに“退屈”という文字が光り輝いているようだ。その証拠に俺たちSOS団はハルヒの号令のもと、草野球チームを結成し、七夕祭りに一喜一憂、失踪者の捜索に熱中したかと思えば、わざわざ孤島に出向いて殺人事件に巻き込まれてみたりして。まったく、どれだけ暴れればあいつの気が済むのか想像したくもないね…。非日常系学園ストーリー、天下御免の第3巻。
    (引用終わり)

    谷川流『涼宮ハルヒの消失』
    涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの消失 (角川スニーカー文庫)
    (2004/07)
    谷川 流

    商品詳細を見る

    あらすじ(引用)
    「涼宮ハルヒ?それ誰?」って、国木田よ、そう思いたくなる気持ちは解らんでもないが、そんなに真顔で言うことはないだろう。だが他のやつらもハルヒなんか最初からいなかったような口ぶりだ。混乱する俺に追い打ちをかけるようにニコニコ笑顔で教室に現れた女は、俺を殺そうとし、消失したはずの委員長・朝倉涼子だった!どうやら俺はちっとも笑えない状況におかれてしまったらしいな。大人気シリーズ第4巻、驚愕のスタート。
    (引用終わり)

    めっちゃ久しぶりのハルヒ(笑
    ハルヒという文字列に対してゲシュタルト崩壊を起こしている僕ですが。

    さて。
    『退屈』の方は僕としても退屈でした。
    内容をアニメで見て知っていたのが大きいかなと。
    まぁ、ハルヒってこういう愉快なやつだったよなとリハビリになりました。

    『消失』はありがちなネタに対して、ハルヒシリーズらしさを加えた良い感じの料理に。
    時間旅行モノは好まないのですが、まぁ良く考えてあるようなのでいいでしょう。

    元祖(?)ツンデレだと誰か友人が言っていました。ハルヒ。
    たぶん時間的な元祖でなくて、元祖の要素を持つって意味なんでしょう。
    たしかに、よく読めばそうか。
    最近よく見るツンデレが大袈裟に照れている気がしてきますね。
    微妙な仕草で表現できていないとか。
    あと、なんだか時間的にデレるかどうかが違うとかなんとか。

    しかし、やはりハルヒって所詮…。
    今日、本を仕入れてきたので、ラノベはまた少し封印。

    では($・・)/~~~
    関連記事



    本を買うならブックオフ!状態の良い古本がネットで買えます

    ↓よかったらお帰り前に以下もどうぞ_(._.)_


    コメント

    コメントの投稿


    管理者にだけ表示を許可する

    FC2Ad